1999年6月12日
混んでたぁ・・・

 先週に引き続き、またも行って参りました。もう、皆様のためにネタを仕入れるのでめいっぱい頑張ってます。

 本当は金曜の夜から千曲に行こうとしていたんですが、会社帰りに寄った釣具屋さんでついつい話し込んでしまい、家に帰ったのが午前2時過ぎ・・・さすがにこれから千曲までドライブする気にはなれず、しばらくフライを巻いてから「ちょうど夜明けには着くだろう」と札掛に向かいました。札掛に着いたのがAM5時過ぎ。さすがに大混雑ではありませんでしたが、前の晩から泊まり込んでいる人など何人も居て、「あぁ、やっぱり今日も混んでるんだな・・・」と言う感じ。

 とりあえず準備をして、さっさと釣り始めようかと思いましたが、準備をしながらその辺の人とお話ししている間に6時になってしまったので、入漁券を購入。最近の習性なのか、いきなり初心者用プールへ。さすがにこの時間は1番乗り。「やったー」等と思いつつ早速釣り始めますが、まぁ、この時間にフライにいい反応があるわけもなく、しかも一番上のプールに陣取ったが為に日が射し込むのも遅く、ライズのらの字も見えません。それでも先日の教訓を生かして巻いてきたスペントタイプのテレストリアル(なんじゃそりゃ?)を黙々とキャストしますが・・・見えない。思った通り、見えない。既に浮いているのか沈んでいるのかも解らず、「流れに飲まれちゃったかな?」とちょっとロッドをあおると、魚が付いてました。当然そんな甘いフッキングではすぐばれてしまい、ちょっと熱くなってきたところで、やっと待望のライズが始まりました。

 管理釣り場のプールにいる魚とは言え、「地獄の」初心者用プールの魚です。流れの脇に立ったりすればいっぺんで逃げていってしまうので、ちょっとやりにくいことは覚悟の上でプールの一番下からアップクロスで狙います。が・・・2,3投したところで、下の方から2人連れがやってきました。で、見事に私の釣っているプールの対岸の縁をどかどか歩いて・・・逃げまどう魚達・・・あぁぁ・・・せっかくのライズがぁ・・・と、呆然としていると、ライズのあった流れ込みにニンフ(?)をドボン、逆引き・・・あ、あなた達は東山湖に行った方がいいんじゃないでしょうか・・・。

 「最近あちこちで紹介されてるし、まぁ、たまにはこんなこともあるさ」と気を取り直して、タバコ休憩。もう一度ライズが始まってくれるのを待ちます。管理釣り場のいいとこは、魚が人間慣れしている分「しばらく待てば」ってのが通用することでしょうね。

 待ってる間にもう一人対岸をどかどか・・・。川沿い歩きたいのも解るけどさぁ、流れの近くでない場所は歩きにくいのも解るけどさぁ、足下から魚が飛び散るように逃げてるのは見えないのかなぁ・・・などと思いつつ、我慢・我慢。せっかく朝一から来て、こんなことに腹立てても仕方がありません。さらにタバコをもう一服して、釣りにくいプールの流れ込みに移動してしまったライズをどうしたものかと考えます。結論、ロングティペットにしてこの場所に立ったまま攻めるしかない。少し上に行ければ楽なのに、そこはバックが取れず、無理にキャストしようとすれば魚に近づきすぎ・・・なんて良くある話でしょう。

 で、いそいそとティペットを結びかえてキャスト。げ、手前の流れが緩やかに反転してる。だめじゃん、ラインをもっと奥に落とさないと・・・どうしてこううまくいかないんでしょうね、たまには「うぁ、ここは流しやすいよ、ライズも一発で取れた」なんて場所があってもいいのに。

 相変わらずライズはあるものの、おとなしめ。水面直下か、ぶら下がりぐらいのものを食べている感じ(後ほど答え合わせが)。フライをCDC系の小さめのものにかえる。でた!・・・と思ったら、フライの隣だった。いったい何を食べているやら・・・。

 そうこうするうちに、先ほど上に上がって行った人が下りてきた。「まさか・・・」と思い、向こうが流れ込みの近くに立ち止まってこちらを見たときに、「やめてぇ」と目で訴える。一瞬目があって、私のロッドは向こうを真っ直ぐに指している、ちなみにラインも蛍光色だから、あんたの目の前や!そして、もちろん私のフライはその人の目の前に。で、向こうはライズのある流れ込みにザバザバ立ち込む・・・。私のフライの50cmぐらい横を渡って来ました。なんぼ何でも腹が立ったので「もうちょっと考えましょうよ!」と声をかけると、まともな返事も帰ってこない・・・。たぶん、何が悪いのか解ってないんでしょうね。結構いい歳だったのに、常識的な判断もできないのかなぁ・・・。

 と、このままでは暗い話題ばっかりになってしまう!と、暗い話題の元凶が闊歩する初心者用プールを離れ(この時点で、まだ、魚をネットに納めていない)、上流はさっきからあの人達が上がったところだから・・・と、仕方なく下流側へ。堰堤から下りる、人が居る。もう少し下を見る、人が居る、もう少し下を・・・同じ。やっぱり今日はかなり混んでいるようだ。何とか、今釣り上がった人が居るばかりで、下の方は結構な距離が開いているスペースを見つけ潜り込む。今の人は、落ち込みから続く深みにはまってたみたいだが・・・あぁ、いるいる。

 この状況下でドライを使ってるほど悠長ではないので、とっととフライを結び変える。ニンフにしようかとも思ったが、それも今ひとつなのでウエットを使うことにする。結構水量があってフライは流しにくいが、既に魚を見つけていてサイトフィッシングになっているのだから、あとはいつもの・・・。

 それでも最初の1匹まではちょっと苦労する。どうも底の方の流れが上下に反転しているようで、魚の所までフライを持っていけない。が、一回流すレーンが解ってしまえばこっちのもの。ニジマス3匹、イワナ1匹を同じ落ち込みから引き出したところで、急に後ろに人が現れたので、移動する。

 ちなみにここのニジマス。どれも大きさは30cm前後だったが、妙に体高があって引きがものすごかった。狭い落ち込みで「走る・潜る・跳ねる」の3種競技をやった上に、やっとの思いで引き寄せてから、もう一度3種競技をやってました。こいつらがA氏が「手塩にかけて育てた」ってやつなのかな?

 同じ様なパターンで吊り橋までの間に5,6匹釣り上げる。調子が出てきた。ただ、やっぱり人が多すぎてドライで攻めるような気にならない。試しに支流に上がってみるが、ここはどっちにしろドライで攻めやすい場所でもないのでフライはそのまま。おかしな所からばかり魚が出て、今日の混雑ぶりを物語る。何匹か追加したところでおなかが減ったので、一旦道路に上がって丹沢ホームに昼食を取りに行く。

 おじさんと話したところだと、先週はなんと100人近く入ったそうだ。札掛に100人って・・・釣りにならんわなぁ。でも、私の感覚では今日の方が混雑している気がする。そのことを話すと、先週は人数も多かったが殆どが多人数のグループで、今週は50人ぐらいしか入っていない代わりに殆どが個人らしい。どっちにしろ、キャパを越えてしまって居るんでしょうねぇ。

 さて、食事の後、このHPの為にねた帳を開いてあれこれと書き込む。今になって読み返してみると・・・やっぱり愚痴が多い。しばらく時間をつぶしてから、今度はイワナゾーンへ。フライはウエットのまま。最近どうもずぼらでよろしくないですな。

 ここも、まぁ、それなりに。ぽつぽつ釣れるが、どれも変な場所からばかり。面白かったのは、落ち込みで釣ったニジマスのストマックを取ろうとしたら、口の中に餌釣りの針が刺さったままでした。そのニジマスは、私のフライを追いかけるぐらいですから、特に弱ってもいなかったし、やっぱりC&Rは効果があるのかな?そのニジマスは健闘をたたえてストマックは取らずに、代わりに餌釣りの針をいただいて流れに戻しました。

 そんなこんなの内に最上流の堰堤まで多とりつきました。結局この時間は先行者が居なかったようで、堰堤下のプールはしーんとしていました。「このプールはやるだけ無駄なんだよな」と解っていても手を出してしまうのが、釣り人の悲しい性。で、やっぱり手も足も出ず、何か別の手だてを考えつつタバコを一服。後続も誰も来ないため、気が付けば先ほどから私一人。周りを崖と堰堤に囲まれているため、少々薄暗く、ちょっと気味が悪くなってきたときのことです・・・。

 堰堤を真っ正面から見る位置でタバコを吸っていたのですが、その目の前でいきなりシャケが飛び上がって、2m程の高さまで行ってから落ちてきて「どっぼーん!」・・・

 ま、札掛にシャケが居るはずはなく、そのシャケにはイワナの模様が入っていましたが。それにしても凄い。40cm・・・いや、50cmに手が届いてるんではないか?というサイズ。それが深みから勢いを付けて飛び上がったのでした。堰堤に2,3箇所水抜きの穴のようなものがあり、そこだけ水流が斜めに飛び出しているので、そこを昇ろうとしたようです。もう、びっくり。

 我に返った後、「あいつを狙って・・・」とも思いましたが、釣れないのは解っているので、「せめてもう一回ジャンプするのが見たい」と思って待っていました。結局そいつは2度と現れなかったんですが、代わりにもう少し小さな(と、言っても尺以上はある)連中が2,3匹滝登りを見せてくれました。堰堤は10m以上ありますから登れるはずはないんですが、本能なんでしょうね。

 そんなことがあってすっかり釣る気も失せてしまったので、再び丹沢ホームへ。同じく休憩中だった常連さんとしばし談笑。丹沢ホームのAさんともお話しして、元気の良いニジマスの話などをしました。

 そんなこんなの内にもう16時近く。そろそろ初心者用プールで待望のトビゲラのハッチ&それに伴う派手なライズが始まる時間。初心者用プールに下りると、都合良く朝一にやっていたのと同じ一番上のプールが空いている。よっしゃ、ここで大逆転をかましてやる・・・と、思ったまでは良かったんですが、何せ昨晩は徹夜で、しかも朝からずっと釣りをして居るんですから、ここに来て急に疲れが出てきて眠くなってきました。どうにも眠くて、フライを見つめていることもできなくなってしまったので、河原に座り込んで一休み・・・のつもりが、ふっと目を覚ましたのは1時間以上してから。いやぁ、寒い寒い。目の前では、それほど多くはないにしても「派手なライズ」が始まっている。もしかしてライズの音で目を覚ましたのか?

 急いで準備を整えて、今日のための必殺フライ「光るEHC」を結ぶ。2,3投目にはいきなり「ざばしゃっ!」。いやぁ、待ってて良かった。最初に釣れてきたのはそこそこの型のヤマメ。もちろん昼間の「答え合わせ」にストマックを取らせてもらう。・・・出てきたのは、#16ぐらいの黒っぽいメイフライ。それも、ごっそり。朝方にはハッチは見えなかったし、多分、スペント・・・?でも、日中の私が居なかった間にハッチがあったことも考えられるし、うーん・・・。

 そのまま何匹か釣り続けましたが、みんな胃袋には多少のメイフライが入っていました。やっぱり、朝方のライズはこれだったのかな?昨日ハッチしたものがスペントになって流れていたとか?まぁ、いいや。ともかく今はトビゲラだし。

 例年のパターンだと、今はもう、ちょっと遅いかもしれませんが、札掛に行くならヒゲナガ等の大きめのものまで含めてトビゲラパターンはお忘れなく。


そんなわけで、釣行記はおしまい。写真が何枚かあるんですが、これからスキャナで取り込んで、このページに突っ込んで、ダイアルアップのftpで送らなきゃならないんで、もう少しお待ちを。


久しぶりに1日思いっきり釣りしました だぁいすけ


釣行記メインページに戻る