1997年6月5日
わーい、尺イワナ

 予告通りに行って参りました。そんなわけで、ご報告をば・・・

 久しぶりの札掛。最近いつもこんなこと言ってますが、すっかりいい季節。故に、混雑も必至。たまには早い時間から行こうとするもくろみは・・・あっという間に崩れて札掛に着いたのは既に13時過ぎでした。

 まぁ、混んでること、混んでること。完全に札掛の収容人数を越えてました。下の駐車場は満杯、上の駐車場及び駐車スペースもいっぱい、しまいには下の駐車場の入り口を塞いで車をとめている人まで居る始末。もう、どうしようも無し。

 でもまぁ、通ってるおかげで、丹沢ホーム近くにちゃっかり駐車スペースを見つけ、入漁券の購入。同行者が丹沢ホームのN氏に「今度のスクール来ないの?」などと声をかけられているので、申込状況を聞いてみると結構な人数が参加する様子。すごいよなぁ、みんな・・・。

 さて、あんまり遊んでないで釣りを始めないと・・・。そそくさと準備して、近くて人の居なさそうな場所ということで、とりあえずイワナゾーンを釣り上がることにする。栄光の山小屋脇から流れに下り、先行者も見えなかったので、すぐ目の前のポイントから叩き上がる・・・。

 でない、魚はいるけど、でない。やっぱり今日だけで何人も叩き上がっているようだ。どうも、ここ1,2時間は誰もやって居なさそうで、魚は見えるところに出てきているのが多いものの、私の#16パラシュートに出てくる魚がいない。悔しいので、どんどん上に行こうとしたら、同行者はまだ最初のポイントではまっている。ま、どうせ上まで流れは1本なんだから。と、自分だけで上に行く。どんどん行く、竿抜けポイントを中心にぽんぽん叩く・・・出てこない。いっそ、ニンフに換えてしまおうか?しかし、それでは後から来る同行者が釣りにならないだろうし・・・そういえば、まだ上がってこないな。

 そんなこんなの内に、1匹もつれないまま堰堤にぶち当たってしまった。仕方がないので、しばらくここで同行者を待ちがてら、堰堤下の強者どもに挑むことにした。結果は・・・やっぱり強者だった。堰堤下は流れも風も強すぎて、うまく攻められない。何回かフライをくわえた魚もいたが、全部ウエット。しかも、すぐばれた。それにしても、同行者はまだ上がってこない。心配になって、下りることにした。時間は既に16時近く。未だにボウズ・・・いやな予感が心をよぎる。

 同行者は少し下った場所の難しい巻き返しではまっていた。私もやった場所だが、1投しかしなかった気がする。「なにはまってんの?」と声をかけると、どうやらいいサイズの魚が定期的にライズしているらしい。もちろん、フライには出てこない。強い流れの向こう側にある巻き返しで、かなり深い場所に定位しているらしい。「もっとロッドを持ち上げて、テンカラみたいにするといい」と、かっこわるい釣り方を教えて、一つ下のポイントへ。既にフライはニンフなので、とりあえずの1匹を目指し、それらしい場所を探る。

 10分ほどしても、諦めて下りてくるだろうと思った同行者は下りてこない、既にカーブの向こう側に回ってしまったので姿も見えない。と、思ったら「おっきい、おっきい!」といいながら、呼びに来た。あわてて上に戻ると、狙っていたポイントの少し下流側にネットに収まって魚が居た。なんと、30cmをわずかに上回るイワナ。同行者にフライを教えたのは私なのだが・・・しかも、私が先行して・・・なぜ?それにしても、立派なイワナなのでパチパチと写真に収める。ついでにストマックも取ってみた。胃袋の中身は、蟻・小さな甲虫・黄色いアブ?・その他テレストリアルが殆ど。色も大きさもバラバラで、いかにも巻き返しに落ちてきたものを手当たり次第に食べている感じ。フッキングした場所から取り込んだ場所の間には、かなり強い流れがあり、私だったら取り込めたかどうだか解らない・・・お見事です。

 そうこうする内に下から他のパーティーが上がってきたので、この場所はとっとと捨てて移動する。移動の途中にも1匹いいサイズ(ただし、ニジマスだったと思う)をかけたのだが、急流の中を走り回られて、最後は根に潜られておしまい。あぁ、このままじゃマジでボウズだよぉ・・・

 初心者用プールまで下ってくると、一番上のプールが開いており、しかもライズがあるので、思わずそこではまる。ライズの対象は相変わらずよく解らない。見ていると、クルージングしながら水面直下のものを食べている感じ。「何だろう?」と悩んでいる横で、カゲロウ(#16より大きかった、色は黒、アダルト)が蚊柱のようになっている。ともかくフライを色々とローテーションさせつつ、ライズの起こるレーンにフライを流す。

 しばらくして、うまいこと流れたフライにかなり深いところから魚が出た。・・・が、ぼーっとしていた私はすぐに合わせられず、魚が潜ってたっぷり1秒ほどしてからあわてて合わせる。ごん!と強い引き。うまく乗ってくれたようで、魚が走り出す・・・とっとっと、止められない。「へっへーん、こっちは鮎用のティペットだもんね」と多少強引に引き寄せようとするが、久しぶりに使ったフリーストーンでは荷が重い。最近使っているスコットを評価する人が「バットが強いから、大物でも心配ない」って言っていたのがよくわかる。2,3分のやりとりの後、プールに立ち込んで強引にすくい上げたのは、またも30cmちょいのイワナだった。

 サイズは先ほどの同行者のものと変わらないが、何者なのであろうか、尾鰭が妙にでかい(そのおかげで30cmを越えたとも言えますが)。なかなかにきれいな魚体で、「これなら千曲に出してもお父さん恥ずかしくないよ」と言った感じ。ボウズ脱出&いい魚の感動に、すかさず写真をパチパチ、ストマックを採取。また、バラバラだった。基本的にはテレストリアル。さっきから横にこれだけ飛んでいるカゲロウは、1匹だけ「これがそうかな?」っていうものが入っているだけであった。ムーン、参考にならん。

 あわせがあれだけ遅かったにもかかわらず、フックは口の中にきっちりとかかっていた。最近周りの人から「ドライのあわせを遅くしないと、大物が出たときにすっぽ抜けるよ」と言われていたのは、つまり、こういうことなんだろうか?よくわからないが、意識してあれだけあわせを遅く出来るかというと・・・無理だろうなぁ。

 その後は、だいたいパターン(っていうか、流し方)が解ったので、「泣きバッチヤマメ」など、同行者と2人でぽちぽち釣っていた。途中でドライが調子悪くなったため、ウエットにしてみたが、まぁ、見切ること見切ること。あと、1cmがやっと縮まったのは何かの餌を2匹が取り合いして、それに破れた方の魚の目の前にたまたま私のフライが流れていたときだった。普通にインジケーター付けてやってたら、釣れないな、やっぱし。

 さて、ここで終わりになりそうな釣行記だが、実はまだ続きがある。暗くなり始めて、そろそろフライも見えなくなるかという頃になって、また激しいライズが始まった。しかもこれが「ばしゃ!」「じゃっぽん!」という激しいライズばかり。最近どこかでこんなことがあったような・・・忍野だ!忍野のイブニングだ!ヒゲナガだぁ〜!と言ってるそばから目の前をばたばたとおっきな虫が飛び交う。同行者と2人でフライを大きめのカディスに変えて、見えるか見えないかの所に「ぽん!」とたたき込むと、お約束通りに「ばっしゃん!」と来た。私が「また、いいサイズのヤマメだぁ」と喜んでいる横で、同行者はまたも尺ありそうなイワナを釣り上げていた。写真には収めたのだが、札掛のイワナにしては斑点がくっきりしすぎており、何か、アメマス系のイワナに見えた。ライトの電球が切れてしまったために、はっきりとは確認できなかったのだが・・・まぁ、写真を現像すればすぐ解るでしょう。もしかして、ブルックだったのかな?

 そんなわけで、ひとしきり簡単なライズを楽しんで、久しぶりの札掛釣行は幕を閉じたのでありました。

 追記:丹沢ホームに戻るととっくに夕食になっており、鉄板焼きのにおいがもう・・・帰りは大急ぎで秦野に下りて、焼き肉屋さんに行ったのでした。

もう、おなかいっぱい だぁいすけ


釣行記メインページに戻る