1999年 4月14日
平日はパラダイス

 先日、携わっていた開発が無事に終了しました。おかげで、平日にお休みをもらいました。で、一目散に札掛に行って来ました。あ〜、楽しかった。

 前日の夜から札掛に行き、朝6時台に目を覚まして早速釣り始め。平日のこの時間に他の釣り人が居るとは思ってなかったのですが、なぜか5,6人があっちをうろうろ、こっちをうろうろ・・・。

 まずは札掛橋下の流れから。先日の雨でちょっと水量が増えており、ポイントが岸寄りになってしまっているためにちょっと釣りづらい。面倒なので入渓点からすぐの場所は諦め、対岸寄りを攻める。まだ時間が早いのかライズは無し。増水時にポイントになる対岸の弛みにはやはり魚が入っていて、#16のパラシュートに気持ちよく出てくる・・・が、ドラグがかかっていてうまく乗らない。増水は結構激しいようで、手前の流れは立ちこめないほどになっている。当然そのままラインを落としたら「ひゅーん」と流されてしまう。しばらくむきになってカーブキャストの練習。

 ふと、むなしくなり、下流へと向かう。中州を左側に下り、最初のプールでライズ発見。「いただきまーす」とフライを落とす。うまいこと流れたフライに魚が飛びついてくる。20cmぐらいのヤマメでした。リリースしてふと手元を見ると、すぐ目の前にメダカのような魚が・・・稚魚?あとで、丹沢ホームのおじさんにも確認したんですが、やっぱり再生産はして居るんですね。ただし、他の魚の餌になったり、食いもんが足りなかったりで成長できるやつはごくごく一部のようですが。

 さて、次の魚を・・・と思って竿を上げると・・・あれ?なぜか魚が付いている。これまた20cm前後のヤマメ。どうやら、流しっぱなしのフライを勝手に食ったようです。ドラグなんてかかりまくりだろうに、なんで?それなら、普段もドラグなんて気にしないで食ってくれよ。

 さすがに状況がいいと言っても、隣で1匹釣られると魚の反応は渋くなる。フライにドラグがかかるまで観察されるようになってしまったので、とっとと次のポイントへ。

 魚がいそうな所からは、ぽんぽんとヤマメが出てくる。キャストが難しい場所に放り込めば、必ず釣れるし、毎日攻められていそうな場所からも何も考えずに出てくる魚が居る。駐車帯下のプールに行き着くまでに結構な数のヤマメに相手をしてもらって、「もう、ヤマメはいいや」等と贅沢なことを考えてイワナねらいに切り替え、また、上流を目指す。

 イワナ狙いと言うことで、とりあえずフライをニンフに付け替えて、それらしい場所を探っていく。が、このあたりではまだイワナは少ないようで、ニジマスが相手をしてくれて、浅い層を流してしまうとヤマメがフライを持っていってしまう。「がぁ」っと唸って、もう少し上流、駐車場下のプールより上を釣り上がることにした。

 ここもまた増水で、普段はない場所に流れが出来ている。予め見当を付けたポイントに直行し、しばらく観察していると、ここでもライズ。多分ヤマメだろうが、こんなにあからさまなチャンスを逃す手はなく、さっさとフライをドライに戻す。こいつらはちょっといやらしい場所でライズしており、手前の木が覆い被さった浅瀬のライズは2,3回キャストしたところで木を釣ってしまいあきらめ。またも、対岸よりの弛みを狙うことにする。が、やっぱり流心の流れが速く、なかなか難しい。その代わりその流心があるためか、魚の警戒心が薄くフッキングをミスしてもすぐにライズが再開する。

 ちょっと熱くなって夢中になっていると、突然対岸に人が現れ、あろう事か私がフライを流している場所の岸に立ち、そのまま目の前にニンフを落とした。な、何を考えているやら・・・。目の前1mの弛みにフライを落とす釣り方もよくわからんし、私が狙っているのは見えているはずなのに。呆気にとられて、何をどう言っていいか解らなくなっている間も、フライをぽちゃぽちゃやっているが・・・魚逃げちゃってるよ?

 しばらくしたら、そのまま対岸をばたばた歩いていった・・・。これでこの場所の魚は潜ってしまい、ゲームオーバー・・・おまけにすぐ後にもう一人歩いてきて、私が1つ上の弛みにフライを落としているのを見たので、「あ、理解してくれてるな」と思ったら、そのまま対岸を歩いていった・・・ちなみに対岸は崖になっており、無理矢理上に行こうとすれば魚の上を歩いていくことになります・・・。何が起こってるんだ?

 「マナーの悪い人にはちゃんと注意して上げましょう」とか言ってましたが、あまりにも凄いことをされた場合、何も言えなかったりするもんですね。

 すっかりやる気が失せてしまいましたが、ちょうどいいので「やっぱりイワナ狙い」に戻して、よさげな場所にニンフを沈めていきます。この辺まで来ればイワナも多いので、お約束の場所からお約束通りに出てきてくれて、また、ご機嫌に戻りました。

 この辺でそろそろお昼ご飯かな?と言う時間だったので、丹沢ホームへ。おじさんと話して「今日はいいですねぇ」って言ったら、昨日、一昨日はもっと良かったそうな。増水がいい方に影響してるのかな?特別放流の話なんかを仕入れて(ないしょ)、午後いちは初心者用プールへ。

 とりあえずは、昆虫採集。ニッポンナガレトビゲラ(だとおもう)とか、XXカゲロウ(アカマダラ・・・かなぁ?)とか捕まえて、喜んでいると、ライズを発見。せっかくなので捕まえたトビゲラにマッチさせたフライに付け替えて、珍しく色々考えてから、ライズを狙う。気分のいい日はキャストも調子いいもので、狙ったところにドンぴしゃ、しかもカーブもきっちりかけてある。魚も「ぱちゃ!」ではなく、水面に頭をもこっと出してフライをくわえ込みました。いつもこれが出来たら、プロに成れるな・・・。

 その後も調子よく、どうやら付け替えたフライがお気に召したようで、何匹か追加するが、ことごとくヤマメ。イワナを見つけて、それを狙っても、横からヤマメが飛んできて食っちゃうもんだからどうしようも無し。イワナの顔を拝み足りなかったので、そのまま初心者用プールの下の堰堤を下りて釣り下る。

 堰堤の上から下を見ると、でっかい魚が子分を従えてなにやらしきりに補食している。そこで、しばらくはまる。で、結局はやっとフッキングしたところで痛恨のバラシ。さっきからあちこち引っかけてフックのポイントが甘くなっている気はしてたんだけど・・・(って、ことにしておこう)。

 そこから夕方暗くなるまで、釣りながら下っていったら、吊り橋の所まで下るのがやっとでした。釣って、放して、釣って、放して・・・。大場所が続くところでは、バッチサイズ間違いなしのイワナをかけて・・・逃げられたり、ものすごい挽きのイワナをかけて「今度こそ」と、まるで三平君のように石を飛び回り、やっと上げてみると20cmぐらいだったり(流れに乗って走ってた)、久しぶりに釣りたいだけ釣れましたね。

 本当は支流下のプールとか、上流の方とかやりたかったんですが、時間が無くなってしまい納竿。いったい、今日は何匹釣ったんだろう・・・?


釣行記メインページに戻る