1999年 4月10日
札掛はもう春

 ほぼ2月ぶりに行って来ました。このところ河口湖とか千曲とか道志なんかに行っていて、すっかり足が遠のいていましたが、やっぱり札掛は面白いですね。

 朝早く、自然と目が覚めた。私の体はよほど今日の釣行を楽しみにしているに違いない。少し前までは、仕事には寝坊しても釣りの時にはちゃんと目を覚ましていたのだが、最近はそれもどうも怪しくなっている。事実、先週も友人と釣行の約束があったのを友人共々寝過ごして果たせなかった。今日は大丈夫。念のため友人の携帯に電話して「起きてるか?」と尋ねると、「今準備しているところだ」と言う返事。「類は友を呼ぶ」などと言うが、間違いなく我々は「類」なのだろう。

 久しぶりに通い慣れた札掛への道に車を走らせる。最初に行ったときにはずいぶんと遠く感じたが、さすがにこれだけ通うと家の近所と変わらない、と言ったら言い過ぎだろうか。途中でコンビニに立ち寄り、朝食とおやつを仕入れる。いつもおやつを買いすぎてベストの中に先・先・先週のチョコレートが入っていたりするのだが、それでも釣りに出かけるときにはいろいろと買い込んでしまう。これがなければ釣行にかかる費用も少しは安くなるのに・・・と、思いつつ結局は膨れ上がったコンビニの買い物袋を助手席に放り込む。最近買ったCDをかけながら、ヤビツ峠を登ってゆく。峠までの道にはかなりな本数の桜があり、花のトンネルを期待していたのだが、もう散ってしまったのか、それとも早すぎるのか期待したほどの花は拝めなかった。

 峠からの道を左に折れ、丹沢ホームへと登る道に入る。いつも駐車場の定位置に車を停める友人の姿を探すが、珍しく私の方が先についたようだ。大抵私が後に来て「もう何匹か出たよ」だの「今日はドライでいける」だの言われているので、さい先のいいスタートである。駐車場が混雑していたのが気になったが、とりあえず丹沢ホームに行き、おじさんに挨拶がてら入漁券を購入する。おじさんの話によると、今日はやはりずいぶんと混んでいるようで、どこかのお店のスクールが入ったりしているらしい。ここのところ空いている日ばかりだったのが、今日はどうしたことかいきなり混雑しているそうだ。たぶん、年度末や移動の時期が過ぎて、長い間釣りに行かないことが耐えられない「類」が大挙して押し寄せているのだろう。皆、考えることは同じである。

 友人とは「明日、札掛で」としか約束をしていないので、駐車場下のプールに行こうとも思ったが、この人の入りではおそらく釣りをするスペースはないだろうし、あったとしても誰かがさんざん叩いていった場所を攻めることになる。どうもそれはしゃくなので、とりあえずは初心者用プールよりも上の狭い流れを釣ることにして、丹沢ホームの前の道を降りた。

 初心者用プールまで降りると、人は多いものの、不思議とプールが1つあいており、しかもその場所でライズを見つけてしまった。よせばいいのに「ちょっとだけ」と竿を出してしまう。いつも、このパターンで初心者用プールの魚に遊ばれるのだが、いつまで経っても学習すると言うことがない。水際まで近寄ってみると、#16か18ぐらいのカゲロウがふわふわと飛び回っている。最近、虫にも興味が出始めているので1匹サンプルに捕まえようとするが、ばたばたやっている内に手の届かないところに行ってしまった。見た限りでは年中札掛を飛び回っているカゲロウのようだ。ちなみに何カゲロウなのかは未だに解っていない。

 釣り上がる予定だったので、フライは#16のパラシュートを結んでいる。ま、とりあえず様子を見ることにしてライズのあるあたりにフライを投げ込んだ。悪くない感じでフライが水面に落ち、そのまま・・・すぐにドラグがかかった。まだ水量が少ないためにライズのあるあたりでは流れがほとんど止まっており、手前の速い流れにラインが食われてしまう。ただでさえ入れ替わり立ち替わりいじめられている初心者用プールの魚である。ドラグがかかったフライに出るはずがない。仕方なくメンディングのまねごとなどしてみるが、既にドラグのかかっているフライに何をやってももう手遅れ。ピックアップして、今度はカーブキャストのまねごとでフライを落とす。魚がフライを見ている、まだ見ている、そして「あぶない、あぶない」とでも言うように横を向く。水深が浅く、なまじ魚が見えているだけに始末が悪い。どうしても「あ、このやろう」と言う気になってしまう。気がつくとずいぶん時間が経っており、しかも先ほどから怪しげだった天気が一気に崩れて雨が降り出した。

 雨具が車の中だったので、慌てて取りに帰る。雨具を着込んだところでずいぶんと時間が経っていることに気がつき、友人を捜しに下の駐車場まで降りてみることにした。結局初心者用プールではアワセ切れ1、バラシ1のさんざんな結果である。

 下の駐車場まで歩く間の道ばたに見覚えのある車が止まっているのを見つけ、ということは、友人は絶対に駐車場下のプールで粘っているはずなので、プールに降りる。やはり、ここにいた。「どお?」と尋ねると「ライズはあるんだけど」と言う返事。手こずっているようだ。2人でプールを釣っていても仕方がないので、友人を促しもっと下流に行ってみることにする。

 駐車帯のところから川に降り、そのまま下流に歩く。最初の淵がある少し手前でそれぞれ釣り始めることにした。少し前に誰かが釣って歩いたようで、魚が出てもおかしくない場所からなんの反応もない。友人は上流側の大きな流れが気になるようで、そこで粘っているが、私は例のごとく他の人が見落としていそうなポイントにフライを落としていく。対岸にある人の頭ほどの石の裏側がちょっとしたポイントになっているので、自分の腕も省みず川を横切るようにキャストした。「あ、でたっ!」うまいことポイントに落ちたフライにお約束のように魚が出る。そしてまたお約束のように早あわせ&大あわせ・・・。一瞬魚の動きがロッドに伝わった後に、あっさりとばらしてしまう。思わず「あぁぁ」と嘆きつつ友人の方を見ると、こちらを見ている。私が声をあげたからこちらを見ているのか、出来ればそうあって欲しくはないが、最初から一部始終を見ていたのか・・・。

 私はそのまま同じような場所にフライを落としながら、どんどんと下流に向かう。最初の淵にさしかかったところで下から2人ほど上がってくるのが見えた。残念、ここまでかとも思ったが、試しに「下の方、どうでしたか?」と尋ねると、うれしいことに「途中から入ったので・・・」と言う返事。内心「しめしめ」などとせこいことを考えつつ、一端遊歩道まで上がって一番下の堰堤のところまでワープする。

 堰堤のあたりは誰もおらず、うまくすれば今日はまだ誰も入っていないのかもしれない。「そう都合良くは行かないよな」とは思うものの、念のため入渓点から一番近いポイントにフライを流す。「ぱちゃ!」・・・いる!と言うことは、今日まだこの場所は手つかずと言うことである。それだけでもうポイントというポイントでは全部魚が釣れるような気になって、熱心にフライを流していく。

 確かに魚は居たのだが、小さい。かなり小さい。先日の千曲を思い出させるような魚たちばかりである。へたに大アワセをすると、魚が足下に飛んできてしまう。全面的に小さなポイント、小さな魚。放流するサイズとしてはあまりにも小さいし、この魚たちはいったいどこから来たのだろう?しばらくして、たまたま出来た綺麗なキャストとアワセで、20cmに少し足りないぐらいのヤマメを釣って「おお、綺麗だなぁ」などと独り言を言い、ふと目を上げると友人がいた。今のシーンは見ていてくれたのだろうか。これだけだったら、名だたるFFMにもひけを取らないような釣りだったのだが。

 当然友人の返事は「見てなかった」である。友人はいつまで経っても私が上がってこないので探しに来たようだ。私はいつまで経っても友人が下ってこないので待っていたつもりだったのだが・・・そろそろ昼食の時間と言うことで、最後に残した水深のある部分を交代で釣って上がることにする。

 で、ここでまた時間がかかる。私がフライを流して「うーん、反応がない」と言っていると、少し高い場所から見ていた友人は「いや、いるよ」と魚が見えているようだ。それではと交代して、今度は私が少し高い場所に上がると・・・いるいる。20cm前後のヤマメがあちらにもこちらにも。ただ、どうも水中で何かを捕食しているようで、なかなか水面には出てこない。友人が諦めた後にもう一度挑戦したが、やはり、水面には目もくれずほとんど底近くで右へ、左へと忙しそうに動いている。それならばと、フライをフェザントテイルに交換し、目の前を流してやる・・・と、ヤマメが飛びつくようにくわえて、それが、あわせる前にすぐ離してしまう。「あらら」と思った瞬間、すぐ下にいた大きめのニジマスがそれをくわえる。怪我の功名、結局その場所で一番大きなサイズの魚を手にすることが出来た。

 丹沢ホームでの昼食の後は、初心者用プールに1からはまり始めた友人を置いて、私は上流へと向かう。先行者がおり、とてもドライで何とかなる状況でもないので、お得意のインジケーターフィッシングで釣り上がっていく。釣りにくい場所や、小さなポイントでイワナが何度か顔を見せて、それでこの日の釣りはおしまい。考えてみればほぼ1日雨が降っており、釣りが終わって気が抜けると急に寒くなってきた。

 濡れた雨具やウエーダーを助手席に放り込み、強くなった雨足の中、崖崩れを心配しつつ宮ヶ瀬を回って帰った。久しぶりの札掛は、人が多くなってしまっていたが、それでもやはり面白かった。


釣行記メインページに戻る