1999年1月9日
田代法之さん

 札掛で田代法之さんのスクールがありました。主催は丹沢ホーム、同じく丹沢ホームが主催する女性のためのフライ集団「ファガス・グレナータ」の活動の一環、ってことになるのかな?男性は参加不可だったのですが、「女性のお供なら可」ということで潜り込んできました。

 朝は例のごとくちょっと遅刻。ちょうどみんなで外に出てキャスティング練習を始めるところで、とりあえずロッドだけ引っぱり出して初心者プール横のキャスティング練習場に向かいます。参加者は女性がほとんどで(当たり前ですが)、10人ちょっとぐらいかな?男性は私を含めて2,3名です。女性の中には、札掛にある程度行っている人ならみんな知っている(らしい)Sさんもいらっしゃいました。ま、絶対いるとは思ってましたが。

 その他に、ティムコの人が1人と、FlyFisherの編集の方が2人ほどいらっしゃいました。女性の為だけのスクールなんて珍しいのかな?きっと他にネタが無くなったときに掲載されるんでしょう。

 さて、肝心のスクール内容の方ですが、まずはともかくキャスティングから。キャスティング練習場に横並びになって、ロッドを振り回している中を田代さんが順番にうろうろします。一人一人のロッドを見て、キャスティング性能に難のあるロッド(私のFS-FV833とか、Scott_G882なんて即座に却下されました)だと、「これでやってみて」とティムコのロッドを渡されます。その上で、キャスティングを教わりつつ「ね、こういうロッドで練習しなきゃ」なんて言われちゃいます。ひねた見方をすれば「うーむ、ティムコの回し者め」となってしまうんですが、確かにキャストしやすいんですわ、そのロッド。「ともかく力を抜いて」という田代さんのアドバイスで、それこそ力を抜きすぎてロッドを落としてしまうくらいに「ふにゃぁ」としてキャストすると、これがタイトループだと言わんばかりのループがするするするする・・・っと伸びていきます。田代さんが他の人に教えているのを眺めていましたが、メル・クリーガーさんのビデオにそっくりですね。ああいうキャストが出来るようになりたいです。

 んでもって、昼飯を食べた後には実釣。いやー、渋い渋い。少し遅い時間になると外気温はどうやら氷点下まで下がったようで、ネットの水気を切るために振り回すとあっという間に固まってしまいます。初心者用プールにはスクールのために追加放流がしてあったので何とか釣れましたが、局所的に早戸川になっている中にフライを流し続けて、何かの拍子に魚がくわえてくれるのを待つという情けない釣りになってしまいました。厳しいですね、この時期は。

 夕食はいつもの通り鉄板焼き。死ぬほど食いました。さすがに女性中心のスクールだけあって、手作りのハムやらなにやらのおつまみが並ぶ中(「おみやげ」って誰かが持ってきたらしい)、下戸中の下戸である私が飲んでも「あ、おいしい」と思うようなお酒がテーブルの上を飛び交って、さながら阿鼻叫喚・・・にはならず、田代さんの解説付きでビデオなど見ながら過ごしました。

 次の日も昨日ほどではないもののかなり冷え込んでおり、どうせ実釣に入ってもシビアな状況であることは目に見えていたので朝一からタイイングのデモンストレーション。田代さんのバイスやマテリアルが散乱する中、5,6種類のパターンを巻いてもらいました。以前、釣り博か何かでも見たことがあったのですが、間近で見るとやっぱり上手・・・というか、巻き慣れてますね。余計な動作がないのと、いちいち巻き方を確認しながら巻かなくてもちゃーんと頭に入っているのとで、巻きかたが(出来上がりだけじゃなくって、巻いている最中の動作が)きれいでした。

 いろいろと話を聞いたのですが、印象に残ったのは「フライの新しいパターンをどんどん考えなさい」というのと、「新しいパターンを考えるときは、バイスから考えないで、虫を見て考えなさい」でした。前者は「エゲレスにもアメリカにも世界に通用するその国のオリジナルパターンがある。ところが日本は未だそのようなパターンを創り出すに至らない。考えてみれば、結局まねしかできないって言われてしまっても仕方のないことなのではないか?」ということで、それが後者に繋がります。特に後者はわかりやすいですよね。バイスを前にしてあれこれとアレンジしたようなフライが、現場で活躍することってほとんどないと思いませんか?大抵はフライボックスの肥やしになって・・・。

 もう1つ。海外のフライ団体は数百万の会員を抱えているようなところがあるそうです。対して、日本はバラバラに分裂しているいくつかの団体を全部合わせたとしても数千人いるかどうか。時と場合により「数は力」となり、力があれば(例えば政治にも口を出せるぐらいに大きな団体であれば)無駄な砂防堰堤の建設にストップをかけることが出来るかもしれないし、C&R区間や禁漁区などの内水面のルールづくりでごたごたしている部分(「法律がない」とかね)も解消できるかもしれません。ところが「バラバラ」な状態ですから、大したことは出来やしない。唯一、てっぺんに据えても誰も文句を言わないであろう芦沢さんが亡くなってしまった今、阿寒湖カンファレンスなどで活躍(暗躍、じゃないよね)されている西山氏あたりをてっぺんに据えて、フライマンの意見をもっと主張していかないと・・・っていうような話を最後にしていらっしゃいました。田代さんもずいぶんと海外に出ているんでしょう。それでやっぱり一番気にかかるのは日本のそういった所なんでしょうね。何でもかんでも大きな団体にすればいいのかって話ではないでしょうが、少なくとも日に日に荒廃していく自分の大好きな渓を嘆く人が集まれば具体的に何か出来るってのは間違いないでしょうね。

 そうそう、2日目も午後は解散の後釣りをしてきました。この日「厳冬期の札掛攻略」の糸口をつかんできたのですが、そのお話はまた今度・・・


なんか釣行記ではなくなってしまいました だぁいすけ


釣行記メインページに戻る