1999年1月3日
初物づくし

 先日の札掛ですが、やはり気温(&水温)の低いこの時期は厳しいものがありますね。その上ここのところ雨も降っていないですし、もちろん雪もないので、札掛の流れは渇水気味です。

 魚は殆ど水量があって流れの緩いプールに入ってしまっているので、沈め物はじっくりと観察されてしまいます。アピール度の高いフライを使えばかなりいいところまで行きますが、「あと3cm」が縮まりません。たまに口を使ってくれるのは、フライを意図的に動かしたときのニジマスのリアクションだけ。ヤマメやイワナはそう簡単にリアクションでフライをくわえてはくれませんし、流れの止まったプールで釣るのは至難の業かもしれません。

 ところが、ドライで狙うとなると話は別です。日中、特に流れに日が射し始めたときのユスリカのハッチがものすごく、釣りに夢中になっていてふと目を上げると目の前がグレーがかっているような状態でした。

 昨年はこれほどではなかったと思うのですが、ただ単に昨年の私にはユスリカのハッチに気がつく余裕がなかっただけかもしれません。ともかくすごいです。

 ハッチしている虫のサイズはフックサイズにして#30前後。もしかしたらもっと小さいかもしれません。私が使ったフライは一番小さい物でガマカツのミッジフック(#24)にユスリカのアダルトとフローティングピューパパターンを巻いたものだったのですが、殆ど止まっているような緩い流れではじっくり見られて見切られます。少しでも流れがあればまだ何とかなるのですが、それでもそう簡単にはフライに出てくれません。

 たまたま非常に近い距離から釣れるポイントで釣っていたために、魚の行動が丸見えだったのですが、どこでおぼえたものやら口を使わずに鼻先でフライを押すような仕草をする魚が結構いました。最初はドラグがかかっているせいで魚がくわえ損なったのかとも思ったのですが、考えてみれば殆ど流れもない場所ですし、ティペットも私にしてはかなり長く取っていたので、ドラグのせいとは考えにくく、もしかしたらあれだけ小さな虫になると軽く吸い込めば口に入ってくるものをフライの場合はティペットが存在するために今ひとつ吸い込みが悪く、それであんなことになったのかもしれません。ちなみにそう考えてティペットを細くしてみたら、寒い中かじかんだ手で結んだもので、せっかく魚がかかったときにあっけなく結び目から切れまして、なおいっそう寂しい結果になりました。

 結局この日は手元まで寄せた魚は0匹・・・札掛通いが始まって初めてボウズになりました。いやぁ、まいった。

 ちなみに「初物づくし」はおニューのロッド・おニューのライン・初釣行・初ボウズ、でした。


ボウズマン だぁいすけ


釣行記メインページに戻る