1998年12月5日〜6日
岩井渓一郎さん

この日は私がフライを始めてから初めてのスクールへの参加でした。講師はかの有名な岩井さん。丹沢ホームがなぜか突然「岩井さんのスクールやるよん」と言うことでしたので、「じゃぁ参加するよん」と行って来ました。

スクールと言ってもこの時期、魚の活性が低いので、バリバリのスクールと言うよりは「イベント」だったのですが、それはそれで良し。岩井さんとの釣り対決などもあり楽しく過ごすことが出来ました。

当日は朝の9時に丹沢ホームに集合予定で、同行したMさんと地元で落ち合って車1台で行こうとしていたのですが・・・。いきなり寝坊。「まにあわないっす!」と突っ走るカロゴンの助手席で車酔いしたりしつつ、ちょうど岩井さんと参加者が準備を終えて外に出たところに到着しました。

しばらくはレクチャー・・・というか、岩井さんのお話を聞いて、その後はいきなり実釣。これがゲーム形式で参加者の内、釣り上げた魚の数が多い方から3人に岩井さんがフライを3つずつくれるとのこと。しかも、午後になってその3人は岩井さんと直接対決し、勝利した場合はなんと10個。岩井直巻フライも魅力ですが、なんたってうまいこといけばこれから先「岩井君とは1回だけ勝負したけど、まぁ、勝ったよ」って言えるわけです(もちろん2度と勝負はしないし、する機会もないでしょう)。

で、結果は可もなく不可もなく・・・。2,3匹は釣りましたが、他にもっと釣った人がいましたし、なんか「中の下」って感じでつまらん。特筆すべきは札掛の有名人(?)S女史、始まっていきなり大きなニジマスを釣り上げていたと思ったら、その後にまた大きな魚を・・・このHPでちょっと触れている今まで私が札掛で見た最大サイズのイワナ(48cm!)を釣り上げてました。これはすごかった。

午後は3人VS岩井さんの勝負が行われているのをよそに、ちょっと下流側のプールで必死になって大きなニジマスを狙っていました。結局だめだったんですが・・・。途中で岩井さんがぱたぱたと走ってきて「ちょっとごめんね」といいつつ私の釣っていたプールでも釣っていきました。フライは岩井シュリンプを付けて、しかも逆引きしていたみたい。まちがっても負けるわけには行かないという気迫に溢れてましたね。

勝負が終わった後には1人1人キャスティングのレクチャーを受けたんですが、私は順番待ちをしている間に暗くなってきて、しかもものすごく寒くなってしまったので「こりゃ、このまま続けたら岩井さん死んじゃうな」と丹沢ホームへ引き上げ。ちょっと休んでからお風呂に入っていたら、岩井さんが飛び込んできて暖まってました。スクールやるのも大変だ。

夕食はおきまりの鴨の鉄板焼きなどをほおばりつつ、岩井さんにいろいろとお話を伺いました。岩井さんがだんだん「絶好調」になって行くなと思っていたら、それもそのはず、ビールにワイン日本酒とめちゃくちゃ飲んでんの。最後の方は他の参加者が気を使って焼酎のお湯割りを作るそばから飲み干してました。大丈夫なんか?

酔っぱらった岩井さんはただのおやじでしたね(悪い意味じゃなくてね)。途中から岩井さんのビデオを見ながら、岩井さんが解説するという贅沢な時間になりましたが、皆が魚の出た瞬間や釣り上げた魚の画像にため息をついていると、「そこじゃなくって、俺がどういう位置に立ってフライをどう流して釣ってるのかを見てよぉ」と訴えてました。「キャスト時や魚とやりとりするときには肘を直角に保ったままにする。」と言うことを話した後だったこともあり、「ほら、こんな時でも肘はちゃんと90度でしょ?」「ほらここも」「ここも」「ちゃんと教えたとおりのことを自分でもやってるでしょ?」と話しつつ「ちょっとやってみようか」と言って腕をキャスティングの形に振りはじめ、みんな釣られて「ふむふむ、こうやるのか」と腕を振り回し・・・端から見たら、夜中に酔っぱらいがみんなで腕を振ってるんですから、怖かったろうなぁ。

・・・あ、訂正。岩井さんのキャストは「腕を振る」のではなくて「手首のスナップを利かせる」のでした。次の日に実際に岩井さんに教えてもらいながらキャストしたときには、実釣では使ったことがないような長いティペットがきちんとターンオーバーしたんですが、自分だけでやるとこれがなかなか・・・。やはり練習が必要ですね。

キャストの話が出たところで、岩井さんの教えてくれたキャストは、一般的な、例えばメル・クリーガーさんの教えているキャストとは全然違うものでした。まぁ、ショートレンジのプレゼンテーションを中心に教えてもらっていたんですから、ロングキャストをするときとは多少の差があるのかもしれませんが(岩井さん自身は阿寒湖のアメマス釣りでも同じだと言っていました)、要は腕の振り方がどうなってようが手首をどう使っていようが、ロッドティップがきちんと1直線上を移動して、ロッドの反発力でラインを運んでいればそれでいいんでしょうね。理屈は解るんだけどなぁ。

キャスティングなど、実際にどのように教えてもらったかは割愛。私が下手な文章で書くよりも本やビデオで見た方が早いし確実です。

さて、開けて日曜日はとりあえず実釣を行いながら、岩井さんと話したければ話をするし、目の前のライズに集中するも良し、昨日キャスティングのレクチャーを受けられなかったならお願いするも良しでお昼まで過ごしました。私は隙を見てレクチャーを受けましたが、岩井さんがもっとも気を引かれていたのは「岩井ポイント(の、解説は「釣り場詳細図」で)」のヤマメのようでした。最初は参加者の方とお話をしていて、何かしらを説明した後に実演のために始めたようだったのですが、これがまた魅力的なライズで・・・。最後にはきちんと釣り上げていたのはさすがですね。この日以降何回か狙ってみていますが、未だにあの魚は取れません。

そんなこんなで昼食の後に岩井さんは愛車の「蒼いGT−R」で帰っていったのでありました。ちなみに年明けには新車の「白いGT−R」にすると言ってましたが、どうなったのかな。みなさん、中央・関越・東北道などを通っているときにGT−Rを見つけたらロッドが積まれていないか良く気を付けましょう。


釣行記メインページに戻る