1998年10月4日
バッチとアコーディオン

珍しく、ホームページオリジナルの釣行記です。

先週のバッチサイズでいい思いをした私は、懲りもせずに今週も札掛に行ってきました。私の「札掛通い」が始まって今月でちょうど1年になります。この1年の間に平均して月に2日以上、全部で30日以上は行ってます。これぐらい行っていれば、立派にホームグラウンドですね。

さて、釣りの方ですが、引き続き増水の中での釣りでした。それでも先週に比べるとずいぶんと水も引いてきており、瀬を渡るのも命がけの状況ではありませんでした。が、やっぱり人が多く、必然的に通い詰めている者の利点を生かして竿抜けポイントと増水時に魚が逃げるポイントの組み合わせを探っていくことになりました。

釣り始めたのが14時30頃。とりあえず支流の方に入るつもりでしたが、吊り橋まで下りて下流側を見るとそれほど人も居なかったので、少し釣り下ることにしました。ここしばらくの釣りでドライに自信を付け始めている私は「とりあえずドライ」(ビールの注文みたい)にして、無理矢理ティペットを長くとって増水で人が渡れない対岸の石裏のたるみを攻めます。先週の経験から、魚が居ることはほぼ間違いなし。上手く竿抜けポイントになっていれば、私の使っているばかでかいパラシュートパターンにも反応があるだろう、そう思って何カ所か攻めますが、囂々と音を立てている流れの対岸はさすがに攻めづらく、何回か反応はあったもののフッキングにまで至らずでした。

もう少し下流側に下って、平水ならニンフで攻めるいい場所に行きましたが、今はものすごい水量。対岸にはまた良さそうなポイントがありましたので(って言うか、知ってて行ったんですが)そこを攻めます。ラインを手前の流心に落としてしまうと5秒ほどでフライが巻き込まれてしまうので、ティペットを短くしてから無理矢理身を乗り出してキャスト。そのまま腕をプルプルさせながら、反応を待ちます。

1回目の反応には合わせられず、しかもフライを頭上の木に引っかけてしまい、回収できず。仕方なく次のパターンを取り出そうにも、ここのところタイイングをさぼっていたせいで、大きめ&良く浮くパターンは在庫切れ。唯一希望がもてる「芋虫パターン」を使うことに。

2,3キャスト目、フライがぷかぷかと流れに乗って大岩の際まで来たところで「バシャ!」今度は上手くフッキングしました。取り込むためにはともかく流心を渡らせないといけないので、多少強引に引き寄せようとすると、あろう事か魚は下流側に突っ走ります。片手ではこらえきれず、両手を使ってともかく流心のこちら側へ持ってきて、しばらく苦戦しながらもやっとネットに納めました。

ネットに納めてびっくり、釣れてきたのはいい型のヤマメ。道理で増水で流れの強い流心を泳ぎ回るわけです。で、メジャーをあててみると、またびっくり。見た目は「バッチに届く程じゃないかな?」と思っていたんですが、ぎりぎりで27cmありました。先週に続いて今週もバッチゲット!しかも今度はドライです。もう夢心地。

その後は浮かれているのであまりまじめにやりませんでした。同行者がニンフでなんでもない小場所からいきなり32cmのイワナをあげた時にはちょっとびっくりして再び「虎モード」になりかけましたが、思わず同じポイントを攻めてちびイワナが釣れてしまったので、何となく拍子抜けして、支流下のプールと、丹沢ホームのおじさんが先週から毎日22時過ぎまで残業して復活させた初心者用プールで遊びました。できれば「ドライでニジマス」も追加して「スーパーウルトラグランドスラム」(下記参照)もゲットしたかったのですが、その前に暗くなってしまいました。やっぱり14時過ぎから釣り始めるとあっという間に暗くなってしまいます。

そんなこんなで、帰りに丹沢ホームに行ってバッチノートに名前を書いてきましたが、さすがに3つ目になると「バッチちょうだい」も遠慮がちになり、しばらく丹沢ホームのおじさんと話をしてから、普通のバッチと色違いのバッチをいただいて「その代わりバッチもらうのはこれで打ち止めにしましょうか」ということにしました。そうそう、ノートにはこの1週間で10人ぐらいの名前が書き連ねてありました。増水はどうやらプラスの方向に働いているようです。

そうして、バッチをいただいてから、「ちょっとコーヒーでも飲んできな」とのお言葉に甘えてバッチの余韻に浸っていると、泊まり客の方でちょっと「いい気持ち」になったおじさんがアコーディオンを引っぱり出して歌い始めました。なんか、どこかで「歌声喫茶」を経営しているとか何とか・・・。歌はともかく話術がお上手で、いつの間にかお客とスタッフの全員が歌わされていましたとさ。

ちゃんちゃん だぁいすけ


釣行記メインページに戻る