1998年9月27日
札掛お泊まり

 9月の26・27の両日、泊まりがけで札掛に行ってきました。今回は同行者も多く、私の他にNさん、MIさん、YMさん、MUさん、YAさん、Wさんの総勢7名。主な目的は「前回集まったときにのみ損なった『YMさんハウスワイン』を飲むこと」。ついでに、禁漁間近で人気も少ないであろう札掛でみんなでいい思いをしようということでした。
 初日の集合は私が「12時30分に丹沢ホーム」ということに決定して、後は勝手に現地集合です。前日の深夜(っていうか当日の早朝)までお仕事をしていた私は、集合時間に自宅から5km程の所にいました。自宅から丹沢ホームまでが片道55kmですから、まぁ、大遅刻な訳です。
 集合時間を5分ほど過ぎたところで、丹沢ホームにお電話。とりあえずNさんを呼び出していただきますが、電話口に出てきたのはYMさん。別ルートから、秦野あたりでは雨が降っているという情報は得ていましたので、「もしかして、雨だから帰っちゃったのか?!」と心配したのも束の間。どうも、雨のせいで予定していた「いい思い」ができない皆さんはそれぞれにどこかではまっているようで、それで集まりが悪いと言うだけのことだったようです。
 安心して時速350km(根拠はない)で札掛へ、到着したときには既に2時近くなっており、「みんなをさがさなきゃ」とおもいつつも、とりあえず入漁券を購入しに丹沢ホームへ。・・・みんなまだ食堂にいました(ごめんなさい)。
 食堂でしばし談笑。話が私の遅刻問題に移りかけたところで、危険回避のため「そろそろ行きましょうか?」。皆さん思い思いの場所へと散っていきます。私はとりあえず丹沢ホームのおじさんから情報収集。なんと昨日1日で「バッチイワナ」が2本も出たと言うではないですか、しかも同じ場所で。増水によりむやみに登り始めたイワナが一息つく場所で釣ったようでした。私はそれをふまえて駐車場下のプールから支流との合流点までを釣り上がりました。
 先週もその前も増水で、しかもそれから雨ばかり降っているんですから当たり前なんですが、水量は平水時の倍ぐらいありました。ほとんどの場所が渡るのに勇気か着衣泳が必要な状態で、普段からある程度の水量があるこの辺りはとてもドライで狙える状況でもなく(と、いいわけしつつ・・・)、さいしょっからニンフを付けて釣り上がりました。
 途中で何とかイワナを1匹釣り上げましたが、それ以外はだるまさん状態。合流点まで上がって、「これは先日いい型のイワナが居るのを見た(見ただけ)支流の方に行くしかあるまい。」と、合流点下のプールで「ドライでバンバンっすよぉ」とのたまうMIさんとYAさんを後目に支流に入りました。
 おっと、そういえば、MIさんとYAさんを見つけてプールのある方の岸に渡ろうとしていたら、目の前3mぐらいにある落ち込みで、なにやら大きなものがぐるぐる回っていました。よく見ると、ネットではないですか。「こりゃラッキー、いい拾い物」と思って、どうにか拾い上げようとしたんですが、何せ水量は普段の「にば〜い・にば〜い(ふっる〜・・・)」ですから、危うく私もネットの横でぷかぷか浮かびそうになってしまって、「どうした物か・・・」と思っている内に流れに巻き込まれて見えなくなってしまいました。その時になって対岸から「ネットを・・・」という声。どうやらYAさんの物であったようです。ごめんなさい、解っていればもうちょっと一生懸命拾ったんですけど・・・。
 さて、支流に入ったのは良かったんですが、こちらも大増水で(当たり前か)、しかもここまで増水が続くと私の得意とする「落ち込み」にいた魚もどこかへ待避してしまっているようで、全然反応がありません。先日の「こっそり下見」の時魚が着いていた場所も、「さらに3割増量」したお昼のテレホンショッピングのような水量にはかなわないようで、全部流れの底。どうしたらいいのか解らないままに、気が付いたら支流の行き止まりになる堰堤が見えてきてしまいました。
 「こりゃ、今日は1匹でおしまいかな?」と思ったのですが、常日頃より札掛の神様に付け届けを怠らない私には、なにやら人知を越えた力が味方するようで、ここに来て「イワナの集合住宅」を見つけてしまい、1mX50cmぐらいしかないたるみから2匹ほど気持ちよくイワナを引きずり出すことができました。しかもその後、インジケーターに勢い良く出てくるイワナを見てドライに変更したのが大当たり。同じ場所から「まだいたの?」とばかりに3匹ほどイワナを追加。すっかり気分を良くして、いよいよ支流のクライマックス「堰堤ちょい下のプール」に挑みます。
 単に「フライを付け替えるのがめんどくさい」という理由で、とりあえずドライで攻めましたが、これまた正解。立て続けにヤマメが2匹。どちらも非常にきれいなヤマメで、鰭はぴんぴん・パーマークくっきり。思わず流れの脇に生け簀を作って「誰か来ないかなぁ」と待っていたのですが、既に辺りは薄暗くなり始めており、自分のやっていることがばからしくなったのと、「堰堤に近づく程に釣果が尻上がりになっているなら、堰堤直下で釣ったらバッチサイズぐらい出るに違いない」。と欲を出して、とりあえずヤマメにさよならをして、贅沢にも今のポイントを捨てて堰堤直下に行こうと岩を乗り越えてふと前を見ると・・・。
 いや、死ぬほどびっくりしました。目の前にMIさんとMUさん(あれ?YAさんかな?わかんなくなっちゃった)が立って居るではありませんか。まさか上流側から下りてくる道があるとは思っていなかったので、完全に虚をつかれました。渓流は流れの音で気配が消えてしまうので、怖いですね。 結局、堰堤下には魚の気配も無く、とぼとぼと道路を戻る頃には真っ暗になっており、この日はこれで終了。ドライで魚を釣ることの方が珍しい私は「どうだすごいだろう」気分で皆さんと合流したのですが、話を聞いてみるとそれぞれドライにぼこぼこ出ていた様子でした。増水したことが却ってプラスに働いていたんですね。魚の居場所さえ見つけてしまえば、後は飢えた魚にフライを見せてやるだけで「バンバン」だったようです。明日への期待大。
 夜はとりあえず食事から。メインの目的であるYMさんワイン(しかも追加で4本ぐらいあった)をカパカパと飲み干して、部屋に戻って風呂に入ったりしつつMUさん持参のタイイングキットで「ウイップフィニッシャーでフィニッシュ大会」を開催。「だぁ・・・」とか「うわっ!外れた!」とか叫び声をあげながら札掛の夜は更けていきました・・・。
 このとき私はちゃっかり自分の分のMSCを巻かせていただきました。これが次の日に思いも寄らぬ効果を生むとは・・・。
 さて、明けて27日。一応朝5時に目覚ましをセットするも、私は鳴ったかどうかさえ知らず。YMさんたちは一応起きたようですが、外から流れの音以外に「どざぁ〜」と音が聞こえていたようで(雨の音です、念のため)、そのまま2度寝。結局だれ1人として宿泊者の利点を生かして朝一を釣ることはなく、寝ぼけ眼で朝御飯に集合。だらだらと朝食をいただきながら、外を見ては「あっちの山が見えてきたから晴れるんじゃないか?」「空が明るくなってきたから晴れるんじゃないか?」と希望的観測を述べ続けますが、無情にも雨足は弱まらず。「お気楽モード」が信条の我々は「もう帰ろうか・・・」というムードに支配され始めます。
 部屋に戻って10時頃、そろそろ宿の人が部屋の掃除を始めてしまったので、いつまでもぐずぐずしているわけにも行かず。「とりあえず出ますか」と行動の指針も立たないままに部屋を出て、何となく宿泊の支払いなどしてみます。
 風邪気味のMIさんはこのまま帰ることに。私が宿に置きっぱなしのウエーダーを履いて(あれ?やる気じゃん)、駐車場に戻ったときにはYMさんとMUさんを除いた全員が「僕もう帰る」モードにスイッチしてました。ちっ、根性なしめが(だから、雨降ってるんだって。どっちが変な人なんだか・・・)
 4人が帰って残った3人が話をしながら準備をしていると、見る間に雨が上がっていきます。準備が終わった頃にはかなり小降りになっており、「さぁ、これで犯人は4人まで絞り込まれた」などといっていましたが、結局1日中雨はやみませんでした。
 YMさんとMUさんは下流へ。私は以前の増水時の経験から札掛橋直下を釣りました。半分流されながら、流心まで立ち込んで、対岸の木の下へドライをたたき込むと、「ぽちゃ、ばちゃ」と魚が出ます。・・・何回でも出るんですが、いくらタイミングを合わせてもフッキングしません。熱くなってきてからふとフライを見ると、出来もしないのに難しいところにフライを送り込もうとしていたせいで、パラシュートのハックルにティペットが絡まってフライが逆を向いていました。これじゃ、フッキングしようがありません。
 その後やっと1匹だけニジマスを釣ったんですが、他にも魚が見えているにもかかわらず、警戒されてしまったようで反応が無くなってしまい、似たような場所を探してうろうろする内にもう1時近い時間。「1時に集まって昼飯を」という約束だったので、とりあえず駐車場に上がったところでYMさん、MUさんと合流。話を聞くとやはりドライで結構反応があったようです。丹沢ホームまで歩きながら、「もしかして増水していた方が反応がいいんじゃないか?」などと思ってもみましたが、よく考えれば雨が降っているおかげで人が少なかったってだけの理由かも知れませんね。
 なんだかんだで、結局午後もこのまま釣り続けることに。今度は支流の方に入ってみようと言うことになったのですが、何故か丹沢ホームの玄関に私の靴が置きっぱなしになっており(ウエーダーに履き替えてそのまま置いていったらしい・・・なんて間抜けな)、私だけ靴を置きに下の駐車場へ。
 少し遅れて吊り橋の所へ来てみると合流地点のプールには別の物好きグループが陣取っており、YMさんとMUさんはどうやらもっと上の方から入った様子。すぐに追いかけようかとも思ったんですが、どうせ狭い支流で3人がいっぺんに釣ることもできないだろうと思い直して、昨日MUさんのタイイングツールを借りて(&マテリアルをもらって)作ったMSCに結び変えて合流地点付近の大好きなポイントへ。
 以前、「バッチイワナ」を釣ったのと同じ場所に何気なくフライを沈めると、すぐにインジケーターが引き込まれました。「らっきー、この場所今日は誰もやってないな」と思いつつあわせると、魚は流れにのって下流へ突っ走ります。珍しくあわせもきちんと決まっていたので、多少強引に引き寄せようとすると、魚が水面に出てきてジャンプしました。
 尺前後の大きさ、しかも・・・パーマークが入ってる!
 後は良く憶えてません。ともかく「たのむぅ、外れるな」と祈りながら何とかネットに納めてフックを外しながらよく見ると、紛れもないヤマメ。ちょっと鼻曲がり。私の手をめいっぱい開いた大きさ(24cm)をかなり上回っている。・・・。そのまま魚をネットに納めて、ダッシュで支流を駆け上がりました。今にして思えばあの激流をどうやって渡っていったんでしょうね。帰りに同じ場所を下りてこようとしたら、怖くてとても渡れたものじゃありませんでした。
 YMさんとMUさんに確認してもらいながら、ヤマメに「ちゃんと気を付けしててくれないと、たんなくなっちゃうだろ!」などといいつつメジャーを当てると、きっちり27cm。私、「バッチャー」から「ダブルバッチャー」へとステップアップさせていただきました。魚は「あと3cm大きくなってもう一回釣れてくるように」と言い聞かせてさようなら。
 そんなこんなで、結局残った3人は最後までやって、帰りがけに丹沢ホームにおつきあいいただいてバッチをもらって帰ってきました。いま、私のベストには燦然と輝く「イワナバッチ」と「ヤマメバッチ」(物は一緒ですけど)が仲良く並んで付いています。
 何にせよ、今回は天候に恵まれませんでしたね。天気が良ければ今度は混んじゃって釣りにならなかったのかも知れないことを考えれば、どっちが良かったのかは解りませんが、次回(あるのかな?)はいい天気の中やりたいものです。

ダブルバッチャー だぁいすけ


釣行記メインページに戻る