1998年7月26日
札掛増水

この日はMさんと同行しました。

>昨日はお疲れ様でした、朝はボクがでしたが、午後は相当参ってましたね。
朝方、Mさんを寝かしておいて、私は一人いい思いをしてしまいました・・・。本当に、途中で起こそうと思ったんですよ。でも、すごく疲れてそうだったんで・・・。

札掛は上流がそのまま塔ノ岳やら何やらの、丹沢の山になるからでしょうか?当日どんなに雨が降っても、増水するとか、たとえささ濁りでも濁りが入ることは見たことがなかったので、ちょっとびっくり。もう書きましたが、その前日・前前日と大雨だったそうです。

特に増水はすごくて、Mさんも私も沈してましたね。普段は瀬の中の中州であるところに立っているのがやってといった状況でした。

そんな中、場所によっては川幅一杯が流芯になっていて(?なんか変だな)、とても魚がのほほんとしていられる状況ではありません。「こりゃぜんぶながされちゃったかな?」と思っていたんですが、どうもお魚さんはそんなにおばかではないようで、ちゃーんと流れの緩い場所を探してみんなで仲良く遊んでました。しかも、前2日が大雨でお食事ができなかったからか、フライに対する反応がよろしいことといったら・・・。

使っていたフライはちょっと冗談気味に巻いた3cmぐらいある毛虫パターン(ドライ)。こんなものを対岸の増水で人が近寄れなくなっているような場所で、大石の裏なんかに落とすと、1個所から3、4匹は釣り上げることができました。ドライであんなにボコボコ釣れたのは初めてです。

この時に釣れてきたのはぜ〜んぶ岩魚。なぜか普段は見かけないお腹や鰭がオレンジ色のものばかりでした。1匹だけ、ものすごくきれいな魚体のものがいて、先日は10cmにもならないちび山女を見かけましたし、もしかしたら札掛は再生産しているのかもしれません。もしくは増水で養魚場が決壊したかな?

お昼頃になって「もう良いでしょう」とMさんを起こしに行く時に、ニンフに変えて試しに流芯を攻めてみたら、もろに流芯から山女が飛び出してきました。フッキングしたら、そのまま流芯を駆け上がっていって、やっぱり山女は泳ぎが得意なんですね。

>そうそう、札掛極秘情報です、今の時期の当たりフライは、
>「ずばり、#16のアント!」です、定番の様でありながらスレきった
残念。先日の当たりフライは「でっかくて、高く浮くフライ」です。だって私の腕でもたくさん釣れたもん。ただし、満を持して巻いていった「ブラックヘアカディス」は全然だめでした。


今週末は釣り行けない だぁいすけ


釣行記メインページに戻る