1998年7月19日
惨敗・・・他

皆さん、こんにちは。だぁいすけです。

日曜日に札掛行ってきました。惨敗でした・・・

それでは・・・ だぁいすけ
98/07/21(火) 12:59 (CQE06373)


・・・とかやったら、怒られそう。ちょっと愚痴っぽいんで、適当に読み飛ばして下さい。

連休ど真ん中なんですから、予測してしかるべきだったんでしょうが、混んでました。朝方はかなり激しい雨が降っていたようですが、私が秦野辺りについたときには山の上も晴れてきそうだったんで、「ま、行くだけいってみましょ」と峠を登っていったんですが、札掛に到着してみると車を停める場所も無いありさま。

とりあえずお昼が近かったんで、お任せ定食を食べて(カレーでした。これでまた「カレー率」アップ)、とりあえずは支流の合流辺りで最近の新作フライ「ブラックヘアカディス」を試してやろうと思ったんですが、実際に流れに下りてみると、札掛で初めて経験する混雑ぶり。上流も下流も人がいて移動できない・・・

とりあえず上流側に移動しようと思っても、上にいる人がいつまでもそこにいる・・・。その間にも下から来た人がどんどん上がっていく・・・。さすがにあれだけ小さな流れで、先行者が3分前にいたら、どんなポイント流しても反応あるはずがないようで、せっかくの新作はすばやく私のフライパッチ「虫かご君」の中に消えたのでした。

で、お得意のニンフにしてみたんですが、それでも反応は無し。石の上についた足跡を見ると、先行者3人分ぐらいの足跡がそこかしこについている・・・いつもの通り「他の人は狙わないだろう」というポイントをやっては見るものの、そのポイントの石の上に乾きはじめてもいない足跡が残っているようでは、気合の入れようもなく、気づいた時には初心者プール下の堰堤まで来てしまっていました。

頭の中で、「ボウズ・ボウズ・今日こそ丸ボウズ・ボウズ・ボウズ・・・(ゴジラのテーマで)」と聞こえて来るにいたって、「とりあえず1匹」の為に大岩の影に隠れていた岩魚の鼻先にニンフを落とし込んで、無理矢理1匹釣りました。とりあえずテーマ曲は聞こえなくなったものの、何か納得いかないこと甚だしい・・・。

その後は疲れてしまって丹沢ホームで休憩。丹沢ホーム近辺の道路は車を停める場所が全くなくなっていました。おじさんに聞いてみると、夏場はしばしばこれぐらいの混雑もあるそうですが、それでも今日は込みまくりとのこと。「今日は釣れないでしょ?」と聞かれてしまうにいたって、気合がどこかに逃げていきます。

それでもこれで帰るわけにはいかず、初心者用プールよりも上流へ。おじさんは札掛橋の下流を薦めてくれたんですが、ともかく少しでも人が入っていなさそうな場所に行きたくて、上流に向かいました。

それでもやっぱり人はいる・・・。しかも下流よりもっと狭いものだから、先行者を追いこすこともできず、フライエリア最上流の堰堤に至るまで釣果無し。いま、「ちょうかなし」をFEPで変換したら、「超悲し」と変換されてしまうぐらいにどんよりとした気分になって、堰堤下で一休み。今後の対策を・・・なんて思っていたら、もうとっくに暗くなる時間になっていて、いつも使っている巨大なインジケーターがやっと見える程度。

「1ポイント2キャストまで」として、急いで釣り下りはじめたその2、3キャスト目、石裏にキャストして1拍おいた後に、思いっきり「ドバシャッ!」ちび岩魚の「バチャ!」っていう音ではなく、それはもう下手したらバッチ物なんじゃないかって言うような反応(ここは「逃がした魚は大きいって言うもんねぇ」と突っ込むところです)。・・・でも、良く考えてみたら、私はニンフを沈めていたのでした。どうやら、沈めたニンフよりもぽっかり浮いたインジケーターがお気に召したようで・・・「超悲し」。

その後、この辺に上がったことのある人ならきっと解る、「えてしてはまりがち」な淵で尺にちょっと足りないかな?ってぐらいの丸々と太って、しかも鰭もピンピンの岩魚にご対面しました。但し、スレ掛かり・・・。あんまりおいしそうだったんで、たまには持ってかえろうかと悩んだんですが、結局「納得いかない」を家まで引きずるのがいやで放してきました。

もう一つ、残念なことが一つ。昼過ぎに釣りはじめてすぐの頃に、テンカラ竿を持ったおっさん(だと思った)が、私のすぐ下流側で釣っていました。「ばしゃ!」と言うので振り向いてみると、ちょうど魚を抜き上げたところでした。そのまま河原に「ボトッ」と落としたので、「あぁ、僕の魚がまた1匹食べられてしまう・・・(なんじゃそりゃ)」と思っていたら、あろうことか、河原に引きずり上げる−>はずす−>流れに蹴り込むというとんでもないことをやってのけました。呆気に取られて、「このどへぼ!」ぐらいしか言えませんでしたが、やっぱり何が悪いのか言ってやらないと解らないんでしょうねぇ、ああゆう馬鹿は。

最近、魑魅魍魎が札掛を跳梁跋扈しているようですので、とりあえず皆さんも見
つけたら、殴り倒さない程度に教育しましょう。

どんどん書き込みのテンションが落ちたまま、このまま落ちもなく終わって行くのも寂しいので、明るめの話題を・・・えーと、帰り際にまたも蛭にやられました。ウエーダーを脱いで裏返していたら、しっかり手にくっついてました。全くどこから現れるやら・・・


あれ?明るくなってないかな? だぁいすけ


釣行記メインページに戻る