1998年4月12日
暑いと魚は縮みます

みなさん、こんにちは。だぁいすけです。

 またしても土曜日に札掛に行ってしまいました。昨年の秋に通い始めてはや10数回、既に自然渓流も解禁を迎えているというのに、「札掛詣で」パワーは衰えを見せません。これがもっと他の管理釣り場ならこんなことにもならないんでしょうが、札掛や寄など自然渓流の雰囲気を持っているような場所では、管理釣り場というよりも、魚が沢山いる渓流(但し入漁券高い)という感じで、殆どホームリバーとなりつつあります・・・

 そんな札掛詣でも御利益は確実にあるようです。去年の私から見たら今の私は少なくともレベルが10ぐらいアップしてます。元レベルが高くないので、たかが知れてはいますけどね。

 さて、「レベルが10アップ」などと言い出すには当然それなりの理由があるわけで・・・「今日はとても良い日でした」

 金曜日の夜に家を出てそのまま札掛に直行。途中コンビニで毎回忘れて痛い思いをする朝御飯を買い込んで、駐車場に車を入れてすぐに寝る。といっても既にAM3時近いので、明日の朝が心配になる。

−− 寝坊の記述は毎回なので削除 −−

前回来たときに下流の方を途中まで釣ったので、今回のテーマは「下流部を攻める」に決定。前回「ここまで」としておいた場所に行ってみると、既に家族連れが・・・シートを広げてお弁当を食べておりました。子供は流れに入ってバシャバシャやってるし。不思議なもので、もう少し上流だったらあまりいいポイントでもなく、河原も広いのに、なぜか自分にとって一番痛いところに他の人が入っているというのは・・・マーフィー氏が関係しているに違いない。

そんなことでうな垂れていてもしょうがないので、そのままずんずんと今まで行ったことがなかった下流を目指しました。しばらく瀬が続いた後に、土曜日の暑いぐらいの天気ではとても気持ちのいい日陰になった淵がいくつかありまして、これがもう「ここに居なけりゃどこにいる」って看板でも立っていそうな場所です。

早速釣りはじめたんですが、状況もよくわからないし、とりあえず最初の1匹を釣って「ボ」の恐怖から逃れないと冷静に釣りが出来ないので、とりあえずは実績のあるニンフ(っていうか、ミッジ)を結んでみました。

・・・反応無し。偏光グラスを通しても魚の姿は見えないし「こんな『いかにも』って場所はみんなに責められて魚が出ないのかな?」と思いはじめたころ、ちょうど上流側から日が差しはじめまして、いきなり淵の中が丸見えになりました。

いままで全く気づかなかった魚が目の前にいました。どう見ても尺は超えていそうなイワナ。今までヘロヘロしながらやっていたのが、いきなり「魚しか見えないモード」に突入です。

で、めでたくこのイワナを手にしました、ってならないあたりが私の私たる所以です、イワナのいる場所が、淵の直上で落ち込んだ水が吹き上がるようにして水面に出てきているところでして、どうやっても魚の前にフライを送り込めない。やや諦め気味に「他にも魚は居るさ(=「あのぶどうは酸っぱいに違いない」)」と少し下流側を釣ることにしました。

その1投目。いきなりインジケーターがすごい勢いで持っていかれました。「なんだぁ?!」とあわせるとしっかりフッキング。元気のいい引きに「よしよしなかなか元気な虹鱒であるな。」と余裕をかましていたのもつかの間、ちらっと水面に見えた魚体にはくっきりとパーマークが・・・

実は私はこれだけ通っていて札掛でヤマメを釣り上げたことがなく(暗に「フッキングはしたことあるんだよぉ」と言い訳している)、この瞬間体が固まってしまいました。固まった体で必死になって取り込んでみると、私のネットいっぱいの大きさ。頭の中を「札掛バッチ進呈(ヤマメ27cm以上イワナ38cm以上)」の文字がよぎります・・・

あいにく私はメジャーを持っていないためその場でサイズを測ることが出来ず、散々考えた末「夕食のメニュー」になっていただくことにして、ちょうど12時少し前だったので、お昼ご飯がてら丹沢ホームに戻りました。

釣り上げた直後には測定するまでもなく「バッチサイズ」と信じて疑わなかったのですが、最下流からほとんど最上流部の丹沢ホームまで魚を運んでいる内にだんだんと魚が小さく見えてきて、なぜか丹沢ホームに着いたころには「小魚」になってしまいました。もう既に堂々と「測ってください」と持ち込む度胸もなくなっていたので、メジャーだけ借りて表で測ってみると・・・見事・・・24cm・・・3cmも足りないじゃん。これはきっと土曜日のあまりの天気のよさに魚の水分が蒸発して、3cmぐらい小さくなってしまったんでしょう。

失意のうちにおまかせ定食を注文し、窓から見える山を眺めつつしばらくはボーっとしておりました。

さて、午後になって最下流部まで下りていく気もせず、とりあえずは初心者用プールへ。ちょうど1つあいていたので、しばらく様子を見ていると「ポチョン・・・バシャ!」と元気のいい魚が暴れまわり始めました。これはもうドライの時代が来たな、と、フライをこれまた前回実績のあったCDCダンに変更。ライズしている魚めがけて(丸見えでした)キャスト。これがまたうまいこと魚の進行方向に落ちると、「おっ?なんだなんだ?」と魚が近づいてきて「もごっ」とフライを咥えてくれました。

しばらくドライで遊んでいたんですが、さすがに反応が悪くなってきたので上流部を目指すことにして、フライを#16のMSCオリーブに付け替えました。ウェイトを入れずに巻いてあるものだったので、沈みかたの調整をしようと目の前のプールに放り込むと、ちょうど下から上への巻き返しの流れに乗って魅惑的な動きをしています。

「こりゃ面白いかも」と思い魚のいるところにキャストしてみると、「ぽとん、しゅぼっ!」インジケーターがまだなじまないうちにいきなり持っていかれました。ネットに収めた魚はまたヤマメ。サイズも先ほどのものとどっこいで、私にとっては巨大なヤマメ。もうすっかり春ですねぇ。

その後も少しそのままやっていたんですが、もうワンキャストワンヒット。休む間もありません。ただ、この後は虹鱒ばかりでした。活性があがってくると、やっぱり一番優勢なのがヤマメなんでしょうかね。

しばらくすると人が増えてきて、周りの視線が居たたまれなくなったので「譲り合い譲り合い・・・」などとほざきながら今度こそ上流部へ。後は岩魚さえ釣れば夢の3種目制覇です。

上流の方は倒木なども多くほとんどロッドを振れないような場所ばかりで、苦労しながらあがっていきました。「イワナはともかく巻き返しか石裏」と呪文を唱えつつ、手当たり次第にキャストしていきます。しばらく釣り上がって、流れを跨いだ向こう側の巻き返しにキャストするとインジケーターに何かおかしな動きが・・・

なんとなく煽ったロッドに確かなお魚の手応え。でも、魚は流心の向こうの流れの中。ブッコ抜こうと思ったら、とても7xのティペットでは耐えられそうもないサイズのイワナが・・・

結局流れにはまりました。それほど深くはないとはいえ、かなりきつい流れでしたからいい判断とはいえないんでしょうね。実際釣っている時にはそこまで気を回す余裕がありませんでした。

ネットに収まったのはぎりぎり尺に届くかどうかの大イワナ(だぁいすけ基準による)。この時点で3種目制覇、かつ大物賞更新。魚を緩い流れにリリースするとそのままそこで泳いでいるので、それを眺めながら抜け殻のようになって座り込んでいました。周りに人影はなく、どこかで鳥が鳴いていて、何だか初めて札掛の景色を眺めたような気がします。

・・・さらにおまけがありまして、林道を使って下まで降りてきた後に「支流がある場所から釣り下って、下のプールでドライをやって締めくくろう」と釣り下りはじめると・・・

巻き返しという巻き返しからイワナが出てきました。250mほどの区間でしょうか?その間にイワナばかり10匹以上釣り上げて、「いったい何が起こったんだ?」と言いつつもにこにこして楽しんでおりました。ほんとに「いるかな?」と思ったところには必ずイワナがいて、フライを放り込んでやりさえすれば食いついてくる状態で、「盛期」というのはこういうことなんでしょうか?


とんでもない長文失礼しました。大満足 だぁいすけ


釣行記メインページに戻る