1998年3月29日
あわやバッチか?

みなさん、こんにちは。だぁいすけです。

あさおきて、気がついたら札掛にいました。確か今日は芦ノ湖に行く予定だったのに・・・

この2,3日ずいぶんと暖かくなって、天気も良かったので、きっと「ドライでバンバン」だろうと思っていたのですが、それほどではなかったですね。

昼前から始めたんですが、12時ぐらいまで下のプールでやってイワナが1匹。フライは沈めてました。反応が渋いと言うよりも、風が強くて思ったように釣りができない感じでした。(言い訳じゃないやい)

午後は下のプールよりも下流に降りていって、水量のある場所でやっぱり沈めてイワナが3匹ニジマス1匹。しかも、イワナは25cm程の札掛レコードサイズ(だぁいすけ限定)が出ました。ニジマスも「尺ニジマス」で、やはり札掛レコードサイズ(だぁいすけ限定)です。現地で待ち合わせた友人が居たんですが、思わず「どうだすごいだろう」と見せびらかしてしまいました。

残念ながら札掛レコードサイズ(オフィシャル=札掛バッチサイズ=38cm)には遠く及びませんでしたけど。

さらに下流に下っていこうとしたら、なにやら団体さんが来てしまったのでいつもの駐車場下のプールに移動。しばらくインジケーターを見つめる釣りをするも釣果あまり上がらず。

どうもインジケーターの感度が悪いので「粘土マーカーしもり仕掛け」に変えてワンキャスト目、着水と同時に勢い良く魚が出てきました。・・・インジケーターに・・・。

「これはドライにしなさいというお告げである!」と、フライを昨日巻いたばかりのCDCダンに付け替える。 さっきインジケーターに魚が出たところにキャストする。 風が吹いてとんでもないところにフライが飛んでいく。 仕方なしにそのまま流していると、「ばしゃ!」。 「ああっ!」と叫んだだけで手が動かずにフッキングできない・・・何やってんだか。

その後合わせそこないで一瞬だけのフッキングをすること3回。しかも内一回はそこそこの大きさの魚で、きれいなパーマークが見える・・・泣きそうになりました。

その後何とか魚を手にすることはできたんですが、みんなイワナでした。今日はイワナの日だったんですかねぇ?

そうそう、書きたくもないんですが、同行の友人は人が釣りをしているというのに私を呼び寄せて魚の取り込みを手伝わせました。「うぉー」「たのむぅー」とか叫んでいるので何事かと駆け寄ると、フライにはくっきりパーマークの入った(我々にとっては)大きなヤマメ・・・

何とかばらしてくれないかと祈っていたんですが、しっかりフッキングしてしまっていたので仕方なくネットでキャッチ。いそいそとメジャーを取り出す友人・・・。

「しまったぁ、こりゃバッチサイズか!?」と思ってネットごと投げ捨てようとするも友人の必死の抵抗に合い、計測に持ち込まれてしまいました。結果は・・・見事25cm。「ヤマメバッチ」サイズは27cmですから、ぎりぎりセーフ。後で丹沢ホームのおじさんに話したら、「おしいなぁ、せめて26cmあればおまけしてあげたのに」といわれました。危ないところです。

今年に入ってから大物をたくさん入れたという話は先週していましたが、「大物」とは養殖の親魚としていたもので、7年ぐらい育てた50cmオーバーのものらしいです(イワナの場合)。そんなもの3番ロッドで上げられるんでしょうか?そいつらが居着いていそうな場所って言うのも聞きましたが、それは内緒。私が札掛バッチを手に入れた後に公表しましょう。


永遠に公表できなかったりして・・・ だぁいすけ


釣行記メインページに戻る