1998年3月15日
春の雨

みなさん、こんにちは。だぁいすけです。

昨日書き込んだ通りに今日は札掛に行ってきました。ちょっとだけそのお話なぞを・・・といいつついつも長いんですけどね。

とりあえず笑ったのは、午前中の雨ですね。天気がいいとは思ってませんでしたが、これで何回目でしょう?釣行予定の日に限って雨が降ったのは。しかも、平地でも少し雪混じりでしたね。今日はちょっと出発時間が遅かったので雨がやんでから札掛に到着したんですが、おじさんの話によるとあちらでは「吹雪」だったそうです。雨が降り出したのがちょうど家を出た直後でしたから、私が行こうとする場所には雪が降ることになってるんでしょうか?どこかで雪女にでも見初められたかな?

友人と現地待ち合わせだったので、今回は雨が降ろうが槍が降ろうが札掛には行くことになったのですが、なんとか雨もやんで昼前に札掛に着きました。とっくに来ていた友人は既にニジマス・イワナ・ヤマメの3種目制覇を成し遂げていたようです。さすが私よりも何年も前から「はまって」いるだけあるなぁ。

今日は風が強く、準備をしている間にも帽子をとばされて探し回ったりしていて、12時過ぎになってから下のプールで釣りを始めたんですが、よせばいいのに3番ロッドを持ち出したものだからキャストができない。風は下流側から吹いていたので、最初にダウンクロス(で、いいんでしたっけ?「下流側を向いて」です)で釣ろうとして2投目にいきなり派手なライントラブル。復活成らずリーダーごと交換。時間は過ぎていく・・・

2時前になって、丹沢ホームでのお食事時間が過ぎてしまうので慌てて道路を上がって行く直前にやっとニジマスを1匹。ずーと耳元で鳴り響いていた「今日は(ボ)だぞー、絶対(ボ)だぞー。」という声も何とか静まりました。友人の方も全然で、どうやら私が来たらいきなり釣れなくなったようです。最近、自分の肩のあたりに異形の荒神とか乗っかっていないか心配です。

話が前後しますが、入漁券を買うときにおじさんに聞いたところに寄ると、ここしばらくで「バッチサイズ」をずいぶん放流したようです。イワナ38cm・ヤマメ27cm以上がバッチサイズですから、今日一日私の頭の中は「どうしよう、今日持ってきたネットのサイズじゃ入り切らないかもしれない」ということで一杯でした。心配するぐらいは自由ですしね。

昼食後は丹沢ホーム直下の初心者用プールから釣り始めました。水量も落ち着いてきているようで、昨年札掛に通い始めた頃の雰囲気に戻っていました。ただ、戻らなくてもいい「めちゃくちゃシビア」も戻ってきていまして、やっぱりあそこは初心者用プールという名の上級者向けプールであることを再確認しました。ここでとうとう「イクラフライ」を持ち出しまして、何とかニジマスを1匹追加。いつものようにはまっている内に「気がついたら暗くなってた」を防ぐためにそそくさと移動です。

「バッチサイズはやはり水深のある堰堤下のプールとかにいるに違いない」ということで下に降りたんですが、堰堤直下は水しぶきがあまりにも冷たくて退散。そのまま釣り下りました。が、やはりこの時期流れのきついところにはまったく魚がおらず、流れが緩んでいて魚が見えているような場所だけ探して釣っていました。

途中で魚が溜まっている場所を見つけてニジマスを1匹追加。フッキングしてすぐばれること6回。ああ、イクラフライが呪われている・・・

ちょっとうれしかったのは、何となく石裏の巻き返しにフライを沈めていたらマーカーが「ツツツー」と引き込まれて、いかにも「私去年の秋からここにいます。今年の冬はきつくてねぇ、体サビサビですよ。」っていうイワナが釣れたことです。20cmぎりぎりぐらいのサイズでしたが、あまりうれしかったのでネットに納めて観察しようと思いベルトにぶら下げたネットを取ろうとしている内にフックがとれてしまいました。「あ、あぁぁ・・・。」

その後に釣果の追加はなし。下のプールまで釣り下った時点でもう暗くなってしまいました。友人は先に下のプールまで行っていて、イワナを2匹も釣っていてご丁寧にもネットに入れて捕まえておいてくれました。

あまりきちんと比較検討したわけではないのですが、札掛のイワナって鰭などが妙にピンとしていてきれいなものが多いような気がします。養殖場のおかげなのか釣り場の環境のおかげなのかはわかりませんが。

帰りは宮ヶ瀬側から下ってきましたが、さすがにもう雪はありませんでした。ほんの数箇所道路脇に残っているだけ。行きに通ったヤビツ側はまだ所々路面に雪がある場所がありましたが、それも道の真ん中で買ったばっかりのイチゴフラッペ(大)を落っことしたっていう程度で、凍結しない限りは殆ど問題ないようです。ちなみに宮ヶ瀬側は相変わらず「通行止め」となっていますが、土日はOKのようです。そういえばヤビツ峠の下にも一応通行止めの看板はありますが、こちらは「ここからずーっと登って峠をすぎて宮ヶ瀬に抜ける途中が通行止めです。」ということのようです。

釣り場も殆ど雪は残っておらず、水位も多すぎず少なすぎず。バッチサイズの魚も入っているし、そろそろ流れにも出てくるでしょうし、また札掛詣でが始まりそうな今日この頃です。

あ、そういえば今日のお客の入りは多くても20名程度だったと思います。4時頃から2時間ぐらいかけて堰堤から下のプールまで釣り下る間、友人以外には誰もいませんでした。友人が先に行ってしまってからは完全に私一人。ポイントというポイントはすべて私のもの。魚という魚はすべて私に釣られるのを待っている。石という石は私が滑って流れに落ちるためにある・・・

数は釣れませんでしたが、しっかり楽しんできました。 だぁいすけ


釣行記メインページに戻る