1998年1月25日
アイス・・・バーン!

【ポンド】のみなさん、こんにちは。だぁいすけです。

This is FUDAKAKE road information service...(FMの交通情報風にお読み下さい)

昨日の札掛方面道路状況をお知らせします。

秦野方面から札掛に向う方へ、R246から途中の展望台まではほぼ問題ありません。1kmぐらい登った神社のところに「進入禁止」の看板がありますが、道路は車が通れるように空けてあります。展望台を過ぎてヤビツ峠までは2、3個所圧雪が凍結している箇所がありますが、範囲的には大きなものではないので無理な運転をなさらなければ問題無いでしょう。

ヤビツ峠近辺に於いては駐車車両が多く、数少ない退避帯をつぶしてしまっていますので、ここから湧水汲み場までは場合によっては大きくバックしていれ代わらなければならないことがあるかもしれません。

水汲み場をすぎた直後の直線の下りでは、このルート1番のアイスバーンが有りますので、十分にご注意下さい。完全に4輪が乗っかってしまう場所が10m近く続きますので、慎重な運転が必要です。

ここを過ぎれば、その後札掛までは除雪してある道幅は狭いものの所々のアイスバーンにさえ気をつければ、チェーンを必要とするような積雪のある場所はありません(というより、アスファルトが露出して乾いている路面の方が多いです)。ただし、アイスバーンは何個所か有りますので無理な運転は禁物です。

次に札掛から宮が瀬方面に抜ける方へのお知らせです。

札掛を出てすぐのところで通行禁止の看板が道をふさいでいますが、先日の雪で多少落石があったためと言うことです。丹沢ホームの方に確認を取ったところ「看板だけちゃんと元に戻しておいて下さい」とのことでした。実際に通ったときにも片側のネットが破れてはいましたが、路面に岩が散乱しているというようでもなく、「自己の責任に於いて」通行するのは問題無いようです。実際こちらのルートの方が安全、というかまだましなようです。

で、こちらは除雪がそれほど完全にはされなかったらしく、頻繁に圧雪のアイスバーン化した場所が見うけられます。ただ、秦野方面に抜けるのに比べて高低差が無いのでスピードにさえ気をつければこちらのルートの方が安全という意見が多いようです。虹の大橋近辺まで出れば雪によるアイスバーンは無くなりますし。

どちらにしろヤビツ峠の気温は10時の時点で氷点下5℃でしたので、日中の日差しでアイスバーンが解消されるというのは期待しない方が良いようです。昨日は交通量も多く、どう考えてもヤビツを超えるのは無理がありそうな車がすごいスピードで走っていたりしましたが、事故を起こした車は1台だけのようです。

肝心の釣り場の方はCさんが書いていらっしゃったのと大差有りません。流れの淵ぎりぎり迄雪が被さっており、所々は雪庇状になっているようです。ただ雪はかちかちに固まっているため、いつもより高い位置から釣りをするって言うぐらいですが。

問題はかなりな減水をしているようで、渓相が全く別物になってました。札掛に行かれたことのある方は「メインの流れ以外は全部無くなっている」といえばわかっていただけるでしょう。多分今までで1番の減水です(私が行きはじめた10月ぐらいからの比較ですが)。

13時ごろから17時まで釣りをしたんですが、下のプールで敗退。流れの中には踏み込まず上のプールで岩魚1匹とニジマス1.5匹(取り込み直前ばらしもカウントしてみました)。岩魚がいわゆるヒレピンで、とてもきれいな魚体をしていました。日中はどこのプールにも日が当たるので寒さはそれほどにも感じませんでしたし、人が少ないためかしばらくほってあるようなプールではいい感じのライズが起きていました。釣果(数)は期待出来なくても、ずいぶんと贅沢に時間を過ごせるといったところでしょうか。

ただし、札掛にたどり着く道路には注意が必要ですね。一応「通行禁止」の看板も立っていますし、何より所々のアイスバーンはちょっとヒャッとします。中でも上記の峠を越えた後の長いアイスバーンは慎重に下れば問題ありませんが、滑らせてしまうとスケートリンクですので重い車は停まれなくなります。私のように・・・

ボディまでひしゃげたパジェロの運転手 だぁいすけ


釣行記メインページに戻る