1998年1月2日
あけまして、すぐ釣行

【ポンド】のみなさん、こんにちは。だぁいすけです。

あらためまして、あけましておめでとうございます。昨日、早速札掛に行って参りました。そのご報告をば・・・

新年早々、やっぱり寝坊。ここのところ昼夜逆転の生活をしていたのが響きました。札掛につく前にもあちこち寄り道をしていたら、なんと札掛着が12時。途中で、東山湖にしようかと思い電話したんですが、「結構人入ってますか?」の問いにあっさりと「はい」と答えられてしまったので、やめにしました。わざわざ新年早々隣の人とライントラブルおこしに行くのも何ですから。

で、管理棟に行って入漁券を購入。おじさんが丹沢ホームの手ぬぐいをくれました。これから行くときにはこの手ぬぐいを頭にかぶっていけば、「初めてですか?」って聞かれなくってもすむかな?

おなかが減っていたので、いきなり昼食に。お任せ定食はいつものようにカレーライス。これでお任せ定食カレー率は80%を越えたのではないかな。のんびりとカレーを食べてから下の駐車場へ。そのまま急いで準備をしていつもの通り下のプールから釣りを始めました。「今日はのんびりと釣り半分、散歩半分」にしようと思っていたのが、やっぱり釣りの準備を始めてしまうと「早く早く」になってしまいますね。

で、結局は流れの方には殆ど行かずにプールばっかりで釣りしてました。それでも3時ぐらいまでは「もしかして今日は『ぼ』で帰るのか?」ってほど釣れませんでした。先日の経験を生かして巻いておいた「札掛用特製フライ」でやっていたんですが(いや、そんなすごいものではなく、単なるノーウエイトの#18サイズいくらパターンなんですけどね)、フライに対する反応は悪くないものの、目の前で魚の口にフライが消えたのを確認してから合わせてもフッキングせず、危うくノイローゼになるところでした。

しばらくして気がついたんですが、もしかしたらプールの浅い部分にいる魚は口で流下物をつついて見るという芸当を身につけているのかも知れません。どこぞの鯉みたいですね。大したもんだ。

で、浅瀬の魚にさんざん馬鹿にされた後、流心の深いところにいる魚にアタックしたんですが、こちらにいた魚は心優しくて、ちゃんと目の前に流してやりさえすればフライが何であろうと「パク」。ワンキャストワンヒットまでは行きませんでしたが、3キャスト2ヒットぐらいでフライをくわえてくれました。

ところが、今度は手元まで引き寄せられない。フッキングした瞬間ラインブレイクを起こすか、ぽろっととれてしまうかで、結局手にした魚は4匹だけでした。

暗くなって釣りを止めてから気づいたんですが、先日買い込んだFV−833が今までになく柔らかいロッドなので、そのためにあわせのタイイングがずれていたり、合わせ方が違っていたりしてティペットが切れまくったのかも知れません。もう少し早く気がついていれば、確かめてみることもできたものを・・・

やっぱり、違うものなんでしょうね。購入の際に店員さんが「重たいニンフはちょっと辛い」といっていた意味が今頃分かりました。でも、ロングリーダー扱いやすいので良しとしましょう。ドライの時期になったら楽しませてくれそうなロッドです。魚が掛かったときの曲がり具合も楽しいですし。

そんなこんなで初釣行は慌ただしく終わってしまいました。今年1年の私の釣りを暗示するような1日でした。


毎回「次に行く理由」を作って帰ってくる だぁいすけ


釣行記メインページに戻る