1997年12月6日
冬の札掛顛末記

皆さんこんにちは。 だぁいすけ です。

金曜の夜に家を出て、またしても札掛渓流釣り場にいってまいりました。
以下、その顛末をば・・・お暇ならお読みください。自動巡回で勝手に読み込まれてしまった方は、あきらめてください。


 家を出たのがAM2時頃だったでしょうか。とりあえず車にご飯を食べさせてやらないと、今晩寒い中でエンジンが止まってしまったらそのまま死んでしまいそうだったので、道すがら深夜営業のスタンドを探していました。ところが探すとないもので、やっと見つけたのはR246からヤビツ峠に上る道に入るところ。

 そこで給油をしてから、次の日の朝ご飯も昼の弁当もないということに気がつき、近所のコンビニを探そうとしたのですが、そういえばこのまま峠に向かう途中に1件コンビニがあったことを思い出し、「あそこで買えばいいや」と、そのままヤビツ峠に向かいました。

 さあ、わざわざこんなこと書くぐらいですから、どうなったのかはもうお分かりですね。日本全国のコンビニがすべて24h営業ではないという事実を、久しぶりに突き付けられました。しかもその時になって、たばこも後2、3本しかないということに気がつくという愚かさ・・・ここまであがってきて、また下に降りてコンビニ探して・・・「やめた、もう眠い」。こうして「たばこ無い・食い物無い・睡眠時間も無い」のないないづくし釣行は始まりました。

 札掛に到着して車の中を掻き回すと、食べかけのクッキーが少しと、”チーかま”が1本出てきたので、朝ご飯はそれで済ますことにして、ともかく早く寝ないとまた寝坊しそうだったので車の中でシュラフを引っ張り出しました。気温はヤビツ峠を越えたあたりですでに氷点下になっており、路面の凍結こそ無かったもののこのままエンジンを切って眠れば車内も氷点下になることは間違いなく、今回それほどの重装備はしてきていなかった私は、エンジンはかけたままヒーターを入れて、目覚ましをセットして、こんな夜更けに札掛から宮ヶ瀬側に抜けていく車を見ながら「いったいあの人たちはどこにいくんだろう?」などと思っている間に眠ってしまったようです。

 夢を見ました。私は何やらわからない敵と戦っているようで、相手側の教頭先生を捕虜にしたところで(?なぜ教頭なのかは不明)、とりあえず今日の戦いはおしまいということで夢の中でも眠りに就きました。ところが、戦場はどうやらアフリカらしく、しかも眠っているのは真っ昼間。大きな窓から太陽がさんさんと降り注ぎ、暑いことこの上ない。顔のあたりなど、そのままいるとちりちりと日に焼けてこげてしまいそう・・・と、いうところで目が覚めました。幸いにして敵も教頭先生もおらず、私がいるのは戦場ではなく札掛の近くの道路脇でしたが、窓とさんさんと降り注ぐ太陽は現実のもので、しかもヒーターは自分の役目を「これでもか」というほど果たしつづけており、室内気温は31℃を超えていました。私はシュラフにもぐってフリースを着込んで寝ているんですから、そりゃあアフリカの夢も見ますね。・・・慌てて車の窓を開けると、車内気温と外気温の差でゆらゆらと陽炎が立ち昇りました。ちなみに時間はAM10時。あらら、ま、いつものとおりです。

 外の気温は11℃もありました。日向はもっとあったでしょう。風もたいして吹いていなかったので、まさにつり日和。無理して来た甲斐があるというものです。券を買うために管理棟まで行きましたが、いつもはたくさん止まっている車があまり見当たらず、どうもかなり空いているようでした。券を買うときにおじさんに聞いてみると、たった一言「もう、さむいもの」・・・なるほど。ごもっともです。車は下の駐車場に無理なく停めることができました。

 券を買ってから、下のプールに戻ってスタート。まずは無くした水温計の代わりに買った新しい水温計で温度を測って・・・と、思ってプールに近づいて行くと、何やら様子がおかしい。何処かにおかしなものがあると言うわけではないのですが、どうも違和感がある。つりの支度をしながらもボーッと考えていたんですが、準備ができていざつり始めようとしたところでやっと気がつきました。この間までとプールの形が違っています。いつものお気に入りの場所が無くなっていました。あの、ぼけた岩魚がいつも私に釣られるのを待っている場所が、どこだか分からなくなっています。

 どうやら、水量が一気に増えたようです。前回までの経験から、沈みすぎないようにほとんどウェイトを入れていないニンフを巻いてきてあったのですが、それを使うとプールの底の方に定位している魚までフライが届かず、せっかく巻いてきたのが無駄になってしまいました。

 入場者が少な目な割に下のプールには人が多かったこともあって(その理由は後で知れるのですが)、早早にプールをあきらめて上流に向かいました。が、やはり水量はかなり増えているようで、この間まで無かったところに流れができていたり(それが元々の札掛の姿なのかも知れませんが)、いつもの場所の流れが恐ろしいほどに太くなっていたりで、どうも調子がよくありません。ドライで勝負になるような状況ではなさそうだったので、ある程度ウェイトを巻き込んであるニンフで釣り上がっていったのですが、流れの筋にそのままフライをほうり込んでしまうと「あ÷2」っという間に流れきってしまい、それじゃあと落ち込み付近に落とし込むと、ティペットやインジケーターがすごい勢いで撒き込まれてしまい、鏡になっているところではフライが沈まない・・・私程度の経験値では太刀打ちできなくなってしまいました。

 仕方なくちょっとお休みにして貴重なたばこを大事に吸いながら、ほかの人の様子を見ていたのですが、流れの方にはあまり人が居らず、魚の姿も見えず、どうやらみんな状況は同じようです。水量が少ないのも困りますが、あまり景気の良すぎるのも私レベルの人間には苦しいものが有りますね。

 それでも釣りを止めるわけにも行かず、正確に言うと止める気も無く、とりあえず少しでも流れの緩い場所を探しながら釣りを再開しました。しばらく上がっていくと、後ろを回り込めない位置で釣っている人がいたので、邪魔にならないように少し下で遊んでいました。「今日はほんとに魚影が見えないなぁ」と思いつつフライを適当にキャストした、その真下にいるではないですか、大きなヤマメが。深いところにいるのではっきりとは見えず、ちょっと目を離すとすぐに見失ってしまうのですが、かなり太い流れが6,7m続く場所の底に細長い岩が沈んでおり、その岩が途切れる場所ぎりぎりのところに、それでもはっきりと分かるパーマークをつけたヤマメがしきりに動き回っています。でかい、おそらく今まで見たことがある中で一番大きなヤマメです。もちろん札掛特性バッチサイズであることも間違いないでしょう。しかも「しきりに動き回って」いるわけですから、何かを捕食しているのはほぼ間違いないわけです。ということはフライの選択と、流し方と、流す場所と、あわせ方と、その他もろもろを間違えなければ、このヤマメは私のものなわけです。(「間違えなければ」ですけどね )

 もう緊張すること緊張すること。散々悩んでフライを選択し、さてどうやってキャストしたらよいものかと考えていると、上流側で釣っていた人が「わっ!」と叫ぶのが聞こえました。何事かと思い振り向くとちょうど岩の上からダイブするところでした。しかも頭から。水量が増えていたのが幸いして、何処かに頭をぶつけるといったことはないようでしたが、まともに水の中に沈んでいました。私が助けるまでもなくすぐに上がってきたのですが、先ほど下のプールで計った時の水温が9℃。日の当たっていないこの場所ではもう少し低いのではないでしょうか。寒かろうなぁ。

 ふと思い出して9割方自分のものになっていると思っていたヤマメを見ると、何処かに姿を消していました。ま、そんなものですね。

 水没した釣り人はしばらくそこで服を乾かしたりしていたのですが、やがて私に「ここどうぞ」と身振りで示して上がっていきました。私もせっかく「どうぞ」といわれているのを無視するわけにも行かず、自分も落ちたりしないようにしながらその場所に行ってみました。するとなんと自分が今までいた場所からその場所までの流れの中にうじゃうじゃと魚がいるではないですか。上流側に回って光の加減が変わったからなのか、今まで気がつかなかった魚が、大小取り混ぜて軽く10匹以上は泳いでいます。その位置からでははっきりとは分かりませんでしたが、先ほどのヤマメらしき魚も泳いでいました。

 ただし、其処にフライを流すのは、大きな岩が邪魔で足場が確保できず、後ろの木が邪魔でキャストできず、と流れの真ん中に立ち込みでもしない限り難しそうでした。当然流れに立ち込んだりしたら、そのまま流されていくのは目に見えてます。いくら「困ったことは力で解決」の私でも、さすがに轟々と音を立てる流れの落ち込みの直前に立ち込むのでは「解決」にならないのは分かりました。同時に先ほどの人が頭から落ちていった理由もよく分かりました。落ち込みの脇にある大きな岩の上からなら、キャストをせずにフライを流すことができそうで、ただし自分のフライもしくはインジケーターを見るためにはその岩を斜めに乗り越えるようにせねばならず、ちょうど「この辺に立てば・・・」という位置には何ともリアルな足跡が残っていました。

 いつもはあまり役に立たない身長と腕の長さが珍しく役に立ち、ぎりぎり魚のいるところまでフライを流せる場所を見つけたのですが、今度は流れが複雑でラインとインジケーターとフライがまるで別々の流れかたをしてしまい、あたりを取るどころか、魚のいるところにフライを持っていくことさえ出来ない始末。さんざん考えた末に、その時もっていた中で最も沢山ウェイトの巻き込んであったエッグフライを取り出しまして、強引に魚のところまで流してやることにしました。

 そして数投。魚の目の前をフライが通っているのは間違いないのですが、なぜか見向きもしていない様子。良く見えるところにいた魚の目の前をフライが通っても、「ぷい!」・・・何か他のものが流れているのを食べている様子はあったので、やる気がないわけでもなく。「もうだめだ、わからん!」と、流したフライをそのままにしておきながら考えていると、フライは出しているラインの長さ分流れきって下から押されるようにして浮き上がってきました。そのとたん「ごいん!」という感じのあたりが有り、慌ててあわせると何とかフッキングしたようで25cmぐらいのニジマスが釣れました。

 本日初めてのお魚を手にしながら、先日買い込んだニンフフライについての本の中にあった記述を思い出し、まさかと思いながらもう一度魚のいるあたりで意図的にフライを浮き上がらせるようにしてやると、ものの見事に食いました。しかもラインからティペットまでテンションがかかっているので、ほとんど向こうあわせ。同じ事を繰り返すと、2、3度あわせそこなった後でさらにもう一匹。どこかでフライの神様が「ピンポーン、正解です」と言っているのが聞こえたような気がしました。

 釣れたのは全部ニジマスで、あのヤマメはだめでしたが、私にとっては黄金のニジマスでありました。すっかりにこにこ顔になって上流へと移動し、同じような場所を探そうと思ったのですが、それほど都合のいい場所ががあるわけもなく、「どこかに魚はいないかなぁー」と偏光グラスをかけてあちらこちらをのぞいていました。

 で、次に魚を見つけたのは流れに大きな石が張り出している場所の、後ろが崖になっていて、石の上に登らないと良く見えないような小さなプール。直径にして1mあるかないかのその場所に、岩魚だけ5匹。何か理由があるのでしょうが、なんなんでしょう、なぜそこに岩魚だけが集まっていたんでしょうね。

 ここではもうキャストとかそういうことは考えずに、石の上からそーっとフライを落として目の前でちょろちょろさせてやったら、ボーっとした顔をしながら「ぱく」。ネットに収まったときには「びっくりしたなぁもう」と言っていました。

 ふと気が付くとすでに15時を過ぎており、管理棟でのお昼ご飯を食べそこなっていました。まだ1時間もたった気がしないのに、いつのまにこんな時間が過ぎたんでしょう。
 その後ものんびりと釣り上がりましたが、釣れたのはやはり流れが遮られた石の裏でニジマスを1匹のみ。瀬のようになっている部分や、落ち込みなどでは反応がありませんでした。私の腕のせいかもしれませんが。

 結局堰堤を越えて上のプールにあがったのは16時。この後にも予定があり19時までに東京に出なければならなかったので、「上のプールでいつものように魚に馬鹿にされてから、早めに帰ろう」と思っていました。ところが、上のプールを見てびっくり。

 札掛に行ったことのある方はご存知だと思いますが、上のプール=初心者用プールは大きく3段に分かれており、一番下のプールの端が堰堤になっていました。「いました」ってのはどういうことかというと、まず一番下段のプールはなくなって2本の瀬になっていました。中段のプールはほぼ同じ場所に有りましたが、底の起伏がなくなってのぺっとした感じになっており、上段のプールは場所が移動していたような気がします。恐らく先日の大雨のときにこうなってしまったんでしょうが、プールの横にユンボがいつも置いてある理由が良く分かりました。足場には真新しいキャタピラの後が付いていました。

 さらに問題は、いつも「初心者用」といいながら9x、10xのティペットさえも見切っていた魚達が根こそぎいなくなっていたことです。中段のプールにいかにも今日入れたばかりといった魚が、見事にひとかたまりになっており、そこ以外には1匹も魚がいませんでした。あの歴戦の勇志たちはどこに流れていってしまったんでしょうね。どちらにしろ釣る場所がないので、今日はもうこれでおしまい。ロッドをたたみました。

 全体の状況は、流れのある方では魚を釣った人を1人も見かけませんでしたし、初心者用プールは実質許容人数が10人以下になっていましたし、下の駐車場わきプールが込むわけですね。

 16時過ぎに車に戻って少しの間プールを見ていましたが、誰も釣れていませんでした。たまたまなのかもしれませんが、いつもだったらゴールデンタイムなんですけどねぇ。ま、おかげであきらめもついたので、「19時に東京」の予定に向かって札掛を後にしました。(この後に東名高速大渋滞などというイベントが待っているとも知らずに・・・)
 長々とお付き合い下さいまして、ありがとうございます。なんだかまるで海外遠征にでも行ったかのような量の釣行記になってしまいました。私はどこかに出かけたときだけ日記のようなものを書いたりすることがあるんですが、その書き方と一緒になってしまうんですね、どうしても。あったことをそのままだらだらと書き連ねていくという・・・次回はもうちょっと何とかしたいと思います。(うっとおしいからもう書き込むななんていわないで)

1997年12月6日 札掛渓流釣り場
気温:11℃
  (前夜はヤビツ峠で0℃、札掛に下る途中で−2℃まで下がっていました)
水温: 9℃
天候:終日太陽が出ていました 微風
釣果:ニジマス 4匹
   岩魚   1匹
他 :もう書きましたが、まだ路面凍結するまでには至っていないようです。た
   だ、夜間の気温を考えるといつ凍ってもおかしくないかもしれませんね。
   入場者はあまり多くはないようです。管理棟のおじさんの話し振りでは、
   この日が特別少なかったのではなかったようですし。

ほんとに長文で失礼しました。 だぁいすけ


釣行記メインページに戻る