1997年11月2日
しぶしぶの川

さて、今日はお話を一つ・・・

 昔々の昨日のこと。札掛渓流釣り場と言うところに一匹の猿がおったそうな。
 そろそろ本格的に秋になり、猿は山で柿をとってきて食べようとしたそうじゃ。
 ところが、猿が柿にかじりついてみると、なんとそれは渋柿だったんじゃと。
 猿は一口かじって驚いて、思わずその柿を川に投げ捨ててしもうたんじゃ。川
 に沈んだ柿からは「しぶしぶ成分」が滲み出して、あっという間に札掛の川は
 「しぶしぶのかわ」になってしまったんじゃと。おしまい。

前日から出かけていって、駐車場に車を入れてもいいのかどうかがわからず、近くの車止めで寝ていたんですが、朝6時に目覚ましを3つもセットしておいたにもかかわらず、目を覚ましたのは7時過ぎでした。寝ぼけまなこでとにかくチケットを買いに車で上に上がろうとすると、なにやら見覚えのある車が・・・偶然にも、Mさんの車でした。

車を止めてから、「上のプールにNさんがいるはずですから、テンポよく釣り上がっていきましょう」と釣り上がりはじめたのはよかったんですが、もうこの時点でしぶしぶ・・・途中でドライはあきらめてインジケーターをつけたんですが、それでも調子よくはならず。Mさんが先に行ってしまい、早く行かねばと思いつつも落ち込みの脇で流れが反転しているところにフライを落とし、いつまでもぐるぐるぐるぐる・・・フライが流れにのってすっと流れ出したところでやっと一匹イワナ様にお相手をしていただきました。

そこで気をよくして、「よし、これからが勝負だ」とか思いつつ釣り上がるも、やっぱり「しぶしぶ」・・・結局堰堤の下でMさんに追いつくまでぜんぜんでした。で、お約束通り堰堤下のプールで引っかかってどんどん時間が経過していくという・・・

やっとあきらめて堰堤上のプールに上がったところで、坊津灘さん、Nさん、Kさん、MAさんとこんにちはをさせていただきました。

それにしても連休のせいか、FlyFisherに載ったせいか、人が多かったですね。(っていっても、私は2度目なんですが、Mさんがそういってました。)先週行ったときに比べて、魚の数自体少なくなっていたようですし、その残り少ない魚がたっぷりと学習しているかんじで、待ち合わせした上のプールでは8xぐらいのティペットはきっちりと見切ってました。そこでは1回だけフッキングできたんですが、そのときにはフライのサイズを落として落としてまた落として・・・今まで巻いては見たものの使ったことのなかった26番サイズのフライでした。どうなってんでしょう。

その後はあっというまでしたね。1時前にみんなでカレーを食べて、下のプールまで戻ってまた釣り上がったんですが、みなさん「調子よく」とは行かなかったようです。朝一で釣り上がったときよりもさらに魚影が薄くなってましたし。

私はといえば、みなさんが釣り上がっていくのに一人で下のプールに引っかかりっぱなしで、しばらくしてからちゃっかりニジマスの入れ食いにあってしまいました。(それもごく短時間でしたが)

ま、先週の3匹に比べればたくさん釣れたとも言えるのでよしとしましょう。

で、最後にはまたみんなで一番下のプールに戻って、もう真っ暗でフライなんて全く見えないってことになるまで粘ってました。やっぱりフライをやってて一番難しいのは「適当なところで切り上げる」ですね。

今日はおかげさまで楽しく1日を過ごすことができました。また機会があったら
是非ご一緒させてください。


釣行記メインページに戻る