1997年10月26日
「札掛初釣行」

FFISHの方にお誘いを受けて、初めて札掛に行きましたが・・・

何ともお間抜けな話でして、金曜日の時点でお仕事が日曜まで食い込みそうになっていましたところに、Sさんからありがたくもお誘いをいただきまして、「もちろん行きます」とお返事したまではよかったんですが、無理矢理土曜日に仕事を終わらせて、「準備しなきゃ・・・」と思いつつ、いつの間にやら寝てしまったようで、朝起きると既に9:30!

あわてて家を出たんですが、日曜日ともあって道が混んでいる・・・途中でSさんの携帯に留守電を入れて、ともかく札掛へ向かいました。到着は12時。

札掛は初めてだったので、FLYFISHERの記事を見ながら何とか現地へ。車を止める場所がなく悪戦苦闘。その間に、Sさんのと思われる車と、もう1台ffishのステッカーが貼ってある車を発見。「ともかくここにいるんだから、探せば見つかるだろう」と、ともかく入漁券を購入してFLYFISHERの記事に写真の出ていたおじさんに説明を伺って、ともかく車を止めた一番下流側から釣り上がって探し始めました。(なんか「ともかく」ばっかり・・・)

が、「腕前に難あり」の私は、「まぁ、管理釣り場とはいえ、このような難しそうな所でそうそう魚が釣れるはずがない」といういい加減な気構えで、一番最初に入ったところで、「ぽいっ」とニンフなど落っことしてみました。よく考えたら私は流れのある場所でフライを沈めて、きちんと当たりをとるなんてことはできなかったんです。キャストする前に思い出せばよかったのに・・・

たまたま、リーダーに色つきのものを使っていたので、キャストした途端「つつつー・・・」とリーダーが引き込まれたように見えました。「???」と何気なくロッドを立ててみると何か重みがある・・・「え?」と、思ったときにはティペットの先でヤマメ様がジャバジャバと2暴れぐらいしており、あわてて手元のラインを引こうとしたらぽろっとはずれてしまいました。あああ・・・

途端に私は周りが見えなくなり、自分の置かれた状況も忘れてその周辺で際限なくキャストを繰り返してしまいました。

で、しばらくしてふと我に返り、「いかん、Sさんをさがさねば」と釣り上がり始めたんですが、すぐ後のプールにさしかかるとなんかチャポチャポとお魚様が水面で口を使っていらっしゃる・・・

フライを私の作った中では出来の良さそうなEHCに替えてぽとっと落とすと、すーっと寄ってきて、口を開けて、ぱくっとくわえ・・・ない。直前にドラグが掛かったら、あっさりそっぽを向かれました。ほんのちょっとなのに・・・。

またそこでしばらくキャストを繰り返す・・・何回もフライに出てくれたのにちゃんとあわせられたのはたった1回。ニジマス様でした。で、また我に返り、Sさんを捜しにゆこうとしたところで、運悪く(「良く」かな?)いかにもやる気のありそうなイワナ様がチャパチャパやってるのを見つけてしまいました。

ええ、ご想像の通りです。間に休みを入れつつ、結局そのイワナがあきらめきれず(うう、なんて貧乏性なんだろう・・・)、釣り上げるまでやってしまいました。

釣り上げた後、「やばい」と思って時計を見ると既に4時近く・・・あわてて上流に向かったんですが、勝手の分からない場所をぐずぐずと上がっているうちに一番上まできてしまい、先ほどFFISHのステッカーが貼ってある車があった場所に行くと既に移動してしまった後でした。

その後は上の方のプールでしばらく遊んで、ニジマス様などにお相手していただき、暗くなって帰り道がわからなくなる前に引き上げてきました。

町中まで戻ってからSさんの携帯にお詫びの連絡を入れました・・・

SさんやMさんの書き込みを見ると、なんだかんだで結構釣れているようですね。やっぱり腕の差だなぁ・・・お詫びの電話の時に、Sさんに「どうでした?」って聞かれて「やっと3匹釣りました」って言ったら、一瞬言葉に詰まっていらっしゃいましたもんね。

残念ながら今日はお会いできませんでしたが、是非また声をかけてやってください。今度は仕事ほっぽっていきます。

長くなりましたのでこのへんで。

仕事先で「本業はフライフィッシャーです」って言ったら本気にされた
                               だぁいすけ


釣行記メインページに戻る