【ゆ】

湯(ゆ)
寒い時期に釣りに行って調子が悪いとき、だいたい午後2時30分頃から、妙に魅力を感じるもの。人によっては、朝一に入ったポイントで調子が悪いと、すぐに魅力を感じ始めたりもするらしい。但し、不思議なことに冬場よりも夏場の方が「帰りに風呂でも入っていこうか」となることは多い。夏は汗をかいて気持ち悪いけど、冬は寒くて洋服を脱ぎたくなくなっているからかな?
融雪剤(ゆうせつざい)
晩秋から冬場のシーズンにかけて河口湖に通い始めて、道路がこれで白くなり始めたら「あぁ、今年もそろそろだなぁ」と感慨深くスタッドレスに履き替えてみたり、チェーンを常備してみたりする。基本的に塩なので、融雪剤で真っ白の道を走った後には洗車しておいた方がよい。ハブとかサスとか、足回りはえらいことになっている。
故(ゆえ)
明日は休日で釣行という前夜、仕事先で「XXの件なんだけど・・・」と声をかけられたら、「故有りて、今宵はおいとま致したく存じ上げまするぅぅ・・・」と芝居しつつ、逃げ出すこと。
雪(ゆき)
本来、冬は雪が降ってくれないと、春や夏になってからの川の水量が足りなくなるので、釣り人は歓迎すべきもの。ただ、降るなら平日に降っておいてくれればいいのに、なんでわざわざ休みの日に、しかも、私が釣りに出かけているときに降るかなぁ・・・
湯気(ゆげ)
水温が気温より高い場合に、水面から立ち上る水蒸気のこと。普通の人はお風呂や温泉でよく見るが、釣り人は冬の河口湖や2月の千曲でよく見る。幻想的で美しく感じるのは、多分、自分が寒くて死にかけているから。
ユーコン川(ゆーこんがわ)
野田さんに聞いて下さい。ユーコンでサーモンを釣りながらカヌーで下るなんて贅沢を、一度はやってみたいものです。但し、熊はイヤ。
湯沢(ゆざわ)
「越後湯沢」と聞いて、普通の人は冬のスキーを思い浮かべる。「晩春の雪代が収まった頃の渓流が・・・」って言い出したら、もう、重症なので後戻りは出来ないと思ってください。
ユスリカ
とても、大事な水棲昆虫。寒い時期のイメージがあるが、実際はのべつまくなし、年がら年中、暇さえあればハッチしている。そして、それに対するライズは大抵フラットな水面でのディンプルライズ。そして、ちょっとでもサイズが違ったり、ドラグがかかったりすると、食ってくれないので、非常にいらいらする。それだけに何の疑いもなくくわえさせたときの喜びもひとしお。
譲り合い(ゆずりあい)
管理釣り場や人気の河川で、一人でポイントを占有せずにみんなでかわりばんこにやりましょうと言うこと。もちろん、交代する前に、取れるライズは全部取り尽くしておくべし。
油断(ゆだん)
魚の食い気と同期して釣り人側に発生するもの。世の中は「でろ〜、魚、出てこい〜」とフライやインジケーターを見つめている間には、魚は出てこないような仕組みになっている。
ユニノット
フライを結ぶのによく使う結び方。私もこの結び方。寒い時期や暗いときなどには、ちょっと手間がかかるが、慣れれば何とか結べるようになるし、結節強度は経験上、一般的な結び方の中で一番強い。物の本には、ループを全部閉め込まないで小さく残すように書いてあるものもあるが、むしろ、きっちり閉めてしまった方が強いように思う。
ユニフォームシンク
3Mのシンキングラインの一番高い奴。ラインの先端部とベリー部で比重が調整してあって、真っ直ぐにラインを着水させた場合ライン全体が水面と並行に沈下していくように設計されている。ラインを真っ直ぐに着水させられない私が使っても、効果は薄い・・・
指(ゆび)
ティペットを結ぶ道具だったり、フライをタイイングする道具だったり、フックポイントの刺さり具合を身を以て確かめる道具だったり・・・
ユーフレックス
ティムコのロッドモデル名。ベーシックモデルは、本当にベーシックなので扱いやすいとても良いロッド。が、私の行く釣り場はベーシックではないところの方が多いので、手に入れてない。やっぱ、小渓流は極端なティップアクションで、8ft8inぐらい長いロッドを使ってちょうちん釣りでしょう。
油膜(ゆまく)
余り綺麗でない川は、水面にぎらぎらしたこれが浮いて流れているのをよく見る。私が行くところで一番よく見るのは忍野であるところが悲しい。空き缶は言うに及ばず、電球とか流れてくるし・・・
夢(ゆめ)
日本国内の標高の高い渓流沿いに家を建てて、毎日、朝夕の一番いい時間にだけ、岩魚を釣って暮らす。但し、食べる魚はスーパーで海のおいしい魚を買ってくる。もしくは、川に下りてみたら、丁度ハッチが始まってライズがバシバシ・・・安い夢だなぁ、おい。
由々しき事態(ゆゆしきじたい)
「おい、どうなってんだよ、車の中のどこにもベストが入ってないよ」という事態。
ゆらーん
何かの間違いでドラグフリーでフライが流れたときに、ライズしていた魚がフライに気が付いて補食体勢に入った状態のこと。あまりにゆっくり出るので、早合わせですっぽ抜ける運命。
百合(ゆり)
オレンジ色のヤマユリなどは、良く山の斜面に生えているのでよく見る・・・はずなのだが、実際には釣りに忙しくて周りの景色など見ていないため、あんまり見ない。
ユンボ
ショベルカーの小さい奴。たまに、管理釣り場の渓流脇に置いてあって「何でだろう?」とか思うが、どうやら大雨の後にすっかり形の変わってしまった川の流れを釣りの出来る状態に戻すのに必要らしい。
『近所の釣り場』トップへ