【よ】

良い子(よいこ)
良い子にしてたら、きっと、神様がご褒美をくれるに違いない。ライズがあるに違いない。尺物が出るに違いない。そんな邪な心の大人にはご褒美があるはずもない。
妖艶(ようえん)
苦労して釣った魚を評して言う言葉。なぜか、ヤマメは女性に喩えられることが多いので、この言葉もヤマメに対して使われることの方が多い、と、思う。でも、怪しげな雰囲気は、深山幽谷に済む岩魚の方が持っていそうです。
養魚場(ようぎょじょう)
全国の川や湖で釣れる魚のほとんどを生産している場所。今は、想像以上に凄い技術で、イトウなどの珍しい魚はもちろん、元気なニジマスやら、巨大なニジマスなんかを生産しているところも多い。しまいには、タイガートラウトとかアルビノニジマスとか、珍しいの範疇を越えた魚まで生産している。
妖精(ようせい)
あの、羽はマテリアルになるだろうか?え、ほら、よく飛んでるでしょ、妖精?徹夜で釣り場について、仮眠も取らずに朝の4時から釣り始め、11時頃になると、目の前をちらちら飛び回ってます・・・うふふ・・・。
夜討ち朝駆け(ようちあさがけ)
釣行の通常形態。金曜日の晩、仕事が終わったらそのまま出発して、現地で仮眠を取って、朝から釣りをすること。但し、既に現地入りしていることで油断があるので、起きてみたら早起きして来た人が既に川に入っている。
余暇(よか)
釣りに行くための時間。諸般の事情(大抵は金欠)で釣りに行くことが出来ない場合、フライを巻くか、ラインの手入れをするか、ランディングネットを作るか、HPでも作ってなさい。
世が世なら(よがよなら)
『少し、時代が違ったなら、私はえらいんだ』という意味の戯言。「世が世なら、俺は、世界一のフライフィッシャーだ。そうだな・・・ジュラ紀か白亜紀ぐらいなら」と使う。
預金(よきん)
釣り道具購入資金、若しくは、釣行費用、若しくは、勝って釣り道具を新調するつもりで行った先のパチンコ屋に預けてあるお金。但し、暗証番号はなかなか揃わない。
欲(よく)
忍野辺りで「御願いだからフライくわえてくれ〜、贅沢は言わないから〜、ボウズのままじゃ、帰れないよ〜」と言っていたのに、ちびヤマメが釣れた途端「このフライで出るなら、向こう側のあのライズも狙えるかも・・・」と余計なことをして、また「このままジャ、悔しくて帰れないよ〜」となること。
翌日(よくじつ)
自分が釣りに行った昨日よりも、確実に状況の良くなる日。どれぐらい良くなるかというと、一昨日ぐらい良くなる。雨も降らないし、ハッチも順調。
避ける(よける)
すれた釣り場の魚は、下手くそがフライを流しても無視する。熱くなって、頭の真上を流してやると、流れてくるフライを避けたりする。しかも、その直後、フライの横に流れていた木の枝にライズする。
横投げ(よこなげ)
=サイドキャスト。キャストの時、ロッドの軌跡が自分の上ではなく横になるキャストのこと。頭上に障害物があるようなポイントで使う。なんか、難しそうな感じがするが、じつは、普段自分がキャストしているときは「斜め45度」キャストなので、もう少し横に倒してやるだけでよい。それよりも、オーバーヘッドでキャストする方が、ヘボにはなんぼか難しい。
葦(よし)
葦(あし)と葦(よし)の差はよくわかんない。っていうか、同じ?!
四時(よじ)
千曲本流なら、そろそろイブニングをどこのポイントにかけるか、決めておかなければ行けない時間。丹沢・M沢なら、今すぐに引き返さないと、後で後悔する時間。
四次元(よじげん)
縦・横・高さに加えて、もう一つの軸がある次元だとか・・・ま、どうでもいいんですけどね。たまに、どう考えても魚が居ない場所(つまりは、既に、自分が釣り上がった後)から魚を釣る人は、ここから魚を釣っているに違いない。
よじ登る(よじのぼる)
川沿いに道があるのは解っている。川を500m下れば、その道まで簡単に上がれる場所があるのも解っている。でも、そんな面倒はしていられないので、目の前の崖をよじ登る。もちろん、5分後にはそれ以上登ることも下りることも出来なくなって、半べそをかいている。
よせぇ!
やっと見付けたライズをどう攻略するか慎重に考えていると、突然対岸に現れたミンクが「ちらっ」っとこっちを見てから、いきなり水に入って、ライズに向かって泳いでいくようなときに出る叫び声。千曲の某支流では、昔、ミンクの養殖をしていたところがあるとかで、今もたまに見かける。(未確認情報)
予想(よそう)
明日は釣行という夜、天気予報やら、昨年の同じ時期のデータやら、今までの自分の経験やらと照らし合わせて、明日の釣り場の状況を考えること。常に「いけそうだ」「いいはずだ」「最高に違いない」と肯定的な答えしか出てこないので、とっとと寝た方がましである。
予測(よそく)
釣行に行った先で、昼だというのに急に西の空が暗くなり始めたとき、この先の天候状態を考えること。常に「降らないだろう」「少ししか降らないだろう」「むしろ、活性上がるんじゃないか」と、肯定的な答えしか出てこないので、とっとと車に帰った方がましである。
予定(よてい)
長期に渡る遠征に出かける前に「初日はこの川、時間があったらこっちの川も見て・・・」などと夢見ること。現地に行けば「うぉ、いきなりこの川の入漁券が手にはいらん!」「うげ、こっちの川は工事が入ってるぅ」と何の意味もなくなる。
予定調和(よていちょうわ)
釣りに行った。前回、ミッジのフライボックスを忘れてえらい目にあったので、今回は#32のフライまできっちり巻いて持ってきた。川に着いたら、オオマダラのスーパーハッチだった。もちろん、大きなフライのボックスは忘れてきた・・・。等、「おち」が付くこと。
夜通し(よどおし)
釣りに行くのに車を走らせる時間。現地で仮眠を取るつもりで、走っているが、時間に余裕があるのでついついコンビニに寄ってしまったりするので、日の出には間に合わない。もちろん、仮眠の時間もない。
夜中(よなか)
釣り場に前の日の夜中から入って、車のなかで仮眠を取ろうと片づけているとき、山の中に1人で居ると車の外に何かいそうで怖くなる。
世の常(よのつね)
「ボウズ」のこと。
世の中(よのなか)
釣りをしない、不思議な人が沢山居る世界。
予備(よび)
ティペットやフロータントなどの消耗品を常に今使っている分+1つ用意しておくこと。普段はベストの中で肩こりの原因になっているが、いざ、使っている分が無くなったときには、車の中か、宿か、自宅にある。
予報(よほう)
明日の天気などについて、気象庁などが発表するもの。最近、精度が上がってかなり的中率が高く、かつ、細かい予報が出るが、釣りに行こうとすると途端に的中率が落ちる。大抵の場合「晴」と言われて出かけたら雨。「雨」と言われて行くのを止めたら快晴。「雨」と言われてそれでも言ったら雪になる。
予防(よぼう)
夏場の渓流に出かける場合、どうしても標高の高い場所になるので、日差しが強く、日焼けしないように日焼け止めを塗る行為のこと。首筋に塗ると鼻に塗るのを忘れ、鼻に塗ると腕に塗るのを忘れ、腕にも塗ると昼飯のおにぎりが苦くなる。
読む(よむ)
フライに限らず、色々なもののハウツー本や「攻略法」の本を読んで、出来もしないことをすっかり出来るようになった気になること。いざ、難しいライズに遭遇してみたりした場合「ここから、あの岩をカーブキャストで避けて、スラックを十分入れて落としてやれば、一発だな」などと寝言を言いながら、対岸の木に向かってキャストすることになる。
嫁(よめ)
私は居ないから詳しくは知らないが、なんでも、釣行一回につきご機嫌取りも一回やっておかないと、色々とまずいことがあってみたりするらしい。
四方山話(よもやまばなし)
花が咲いたりする。何人かで泊まりの釣行に出かけたとき、その日の釣りを終えてから、寝る前までの時間に咲きがち。とりあえず中身はあまりない。しかし、尽きることもない。不思議なもの。
予約(よやく)
最近、なんだかんだで釣りに行けない人が「来週こそは!」と自分を追い込むための行為。キャンセルの難しさと天候の悪化は比例することになっており、土砂降りの中、温泉に浸かりに走る羽目になったりする。
余裕(よゆう)
まだ、時間があると思っている勘違いのこと。ふと気が付くと日は西に傾いており、林道に上がれる場所は遙か彼方で、まだ一匹もつれていない。
夜(よる)
釣りが出来ないので、タイイングをする時間。
ヨーレイカ
アルキメデスが王様からの頼まれごとを解決する方法に気が付いたとき叫んだ言葉から名前を取ったテントなどを作っているメーカー(の、はず)。モスとここのテントは美しいラインを持ち、所有欲を満足させる。その代わり、説明書なしには組み立てられない。
喜び(よろこび)
魚が釣れること。
弱い(よわい)
その日一番の魚がフライに出たときのティペット。それはもう、何の抵抗もなく切れる。
四駆(よんく)
釣り人が車を買うときにまず考えなくてはいけないもの。次は地上最低高で、その次は車中泊の快適さ。さらに、釣り場までいかに早く到着するか等も考慮したい。
『近所の釣り場』トップへ