【や】

矢(や)
矢のように飛んでいくループもあれば、満月のようにしなるロッドもある。・・・が、通常は満月のようなループと、矢のようにまっすぐなままのロッドである。
八重桜(やえざくら)
・・・の咲くシーズンになると、フライのシーズンもいよいよ佳境。早くしないと葉桜のシーズンがきて、その後にアブと日焼けのシーズンがきてしまう。
八百万(やおよろず)
古来、日本にはこれぐらいの数の神様がいるそうです。これだけいれば、釣りの神様ぐらい・・・いやいや、もしかしたら、フライの神様が・・・もっと言えば、ドライの神様とかニンフの神様なんてのも・・・とりあえず、お願いしておいて損はないかも。
山羊(やぎ)
『ゴート・ヘア』なんてマテリアルにあったっけ?あるような気もするけど・・・
ヤゴ
今にして思えば、トンボの幼虫のヤゴと、メイフライのニンフってほとんど変わらないですね。同じ、水生昆虫なんだ。
優しい(やさしい)
環境やお財布に優しいものは置いておいて、一番大切なのは「釣り人に優しい魚」。もう、もうにっちもさっちも行かなくなって、半ばやけ気味で、でも、ここまで来たら帰るに帰れない、そんな時に釣れてくれる魚は「釣り人に優しい魚」なので、手を合わせて拝んでから放しましょう。
易しい(やさしい)
「おっ、なんだ、ライズしてんじゃん。こりゃ、貰ったね」という魚のこと。実際には見事にフライを見切るか、鼻先でつついて帰っていくか、キャストしようとしただけでどこかに行ってしまう。
ヤス
魚を突き刺す為の金具がついた棒のこと。通常、禁止の河川が殆ど(の、はず)。あれだけすばやい魚をそんなもので取るのは無理のような気もするが、実際には一番効率が良く、確実らしい。
やせ我慢(やせがまん)
「いや、別にいいんだよ。フライフィッシングというのは一匹も釣れなくても、自然の中で・・・」等と言うもの。「一日に一匹釣れればいい。その代わり、その一匹は思ったところにフライを流して、思った通りに出て欲しいね」という辺りが妥当であろう。
八つ当たり(やつあたり)
「こ、この木がぁ!この木がここになければ、ポジションも取りやすかったし、そうしたら、あそこで早あわせもしなかったから、バラさなくてすんだのにぃ!」といったどうでもいい戯言。釣り人は、時々自分が言っていることに気がつくはず。
矢でも鉄砲でももってこい(やでもてっぽうでももってこい)
有給を取って、おろしたてのロッドをもって釣りに出かけた。しばらく仕事が忙しくて、釣りにいけなかったので、柄にもなく「自分へのご褒美」と東北まで遠征した。現地について、ベストを忘れてきたのに気がついた。探しているうちに風で倒れたロッドを踏んで折った。そんな時、ラジオの天気予報が東北地方の記録的豪雨のニュースを流していた・・・そんなときに使う。
谷戸(やと)
地形の一種。大体は尾根筋に両側を挟まれた、半湿地帯で、「やとのいけ」等と呼ばれる池があったりしがち。そしてそこでザリガニ釣りをしたのが釣りの原体験だったりしがち。
ヤード
「メートル法」にたいして「ヤードポンド法」の長さの単位。1ヤード(1yard、1yd)は3フィート(3feet、3ft)で91.44cm。一般の人はメートル法だけ知っていれば生きてはいけるが、釣り人にそれは許されず、色々知らなければならない。フライラインやロッドの長さは大抵ヤードやフィートで示してあるし、だいいち、「尺岩魚」の「尺」が解らないと、どれぐらいの大きさか、わからなくなっちゃうでしょ?
ヤドカリ
海のフライでは、これを模してフライを作ったりするようだ。美味しいんだろうか?
簗(やな)
川の瀬をせき止めて、一カ所だけ開けた出口に簀の子を斜めに立てて、そこに魚が飛び上がってきたら捕まえるという、効率がいいんだか悪いんだか解らない漁のやり方。
屋根(やね)
家の屋根とフライの間にはあまりかかわりがないが、車の屋根はある時はロッドホルダー、ある時はフロートチューブキャリア、またあるときはベストを乗せたまま走るものとして、大変重宝。
矢のようなループ(やのようなるーぷ)
まぁ、私には一生出来そうにないので、諦めてます。
ヤビツ峠(やびつとうげ)
秦野から札掛に行く道の峠の名前。丹沢ホームの標高とさして変わるものでもないのだが、冬季には雪で通れなくなることも多い。冬場は狭くても宮ヶ瀬側から回るのが無難なようである。
ヤフオク
『ヤフー・オークション』の略。ここまで巨大になると、フライ関連グッズを購入する時にも無視できない存在になっている。検索して出てくるフライグッズは「こんなの、新品買った方が安いじゃん」と言うものも多いが、中には掘り出し物もあるのでちょっと嬉しい。
八俣の大蛇(やまたのおろち)
「また」が8つあるんだから、首は9つ?だとすると、キングギドラの3倍ですな。ゴジラ・モスラ・ガメラの連合軍と対等に渡り合えるはず。
ヤーン
毛糸状に繊維を束ねたマテリアル。通常、シンセティック。イクラフライを作るグローバグヤーンあたりが有名。面白いものになると、巻くだけでMSCが出来たり、暗いところで光ったりする。
『近所の釣り場』トップへ