【わ】

輪(わ)
ティペットを結ぶときやキャストするときなど、フライにはあちこちで関わってくるもの。ティペットを結ぶ時作ろうと思うとなかなか出来なくて、キャスティングしているときに出来ないようにしようとすると、綺麗に出来る。ウインドノットは、しばしばあり得ないような美しい結び目が出来ていて、我ながらほれぼれする。が、ほどくのに苦労してすぐにイライラする。
ワイドループ(WideLoop)
上手な人がキャストすると、ループ幅が狭くてパワーの伝達がスムーズなループが出来る。さらに、上手な人がニンフや大きめのフライをキャストするときに意図的にループの幅を拡げてトラブルを防ぐのがワイドループ。私やアナタのキャストは、ワイドループでさえなく、ただのヘボキャスト。でも、いいんです。ともかくフライをポイントに打ち込めれば、魚は釣れます。
ワイルド(Wild)
ワイルド・トラウトで野生魚(鱒)のこと。『ネイティブ』だと完全な自然の魚のことで、過去にその水域に一切放流や移植が行われたことがない場所で自然生産している魚のことになるが、ワイルドは過去に放流があった場合でも、自然生産を繰り返して野生化しているものを呼ぶ。発眼卵・稚魚による放流から成長したものもぎりぎりこの範疇に入る。とは言っても、釣った魚の素性をそこまで突き止めることはほぼ不可能なので、とりあえず綺麗な魚が釣れたら喜んでおけばよい。
ワインダー(Winder)
巻き取り機。この場合リールのことではなく、フライラインを収納するためにリールから巻き取る為のもの。ラインをリールに巻いたままにするとすぐに巻き癖が付いてしまうので、オフシーズンにはリールから出しておきたいが、管理釣り場があるためにオフシーズンがないので、その機会もない。
ワーグナー(WilhelmRichardWagner)
なんで釣りとワーグナーが関係あるのか解らない人は勉強不足。もっと、本を読みましょう。・・・って、いや、知らない方が普通。『ワルキューレの騎行』が微妙に釣りに関連してくる・・・開高さん方面から・・・
訳有り品(わけありひん)
「バーゲン」「期間限定」等と共に、釣り人の購買意欲を心地よく刺激する言葉。少しだけ傷があったり、重要でないパーツが欠けていたりするもので、その代わり、安い。ので、即買い。『訳』の部分は、自力で修理して解決するつもりで購入するが、結局直さないまま使うか、そもそも、使う機会がない。
技(わざ)
釣りに於ける様々な技術。敢えて「技」と呼ぶときには、高度な技術を指すことが多い。例えば、キャスティングだけでティペットにちょうちょ結びを作る技術。魚がフライを口にする一瞬前にフライを引き上げて、フッキングさせない技術。8寸クラスがゴロゴロしているはずの川で、確実に5寸クラスを釣り上げる技術など。
山葵(わさび)
伊豆方面に釣りに行くと、しばしば見かけるもの。と、言っても、自生しているわけはなくワサビ田である。取ろうとも思わないが、取ろうとしてもとても手が出せないように罠が沢山仕掛けてある(嘘)。自生していて簡単に取れるものにはクレソンがあるが、持って帰っても役に立ちそうにないので、持って帰ったことはない。
ワックス(Wax)
蝋のようなもので、防水などの目的で塗りたくる。一番身近なのはスレッド用のワックスで、大抵のスレッドはワックスがかかった状態で販売されている・・・と思うのは大きな間違いで、実は塗ってあるものはあまりないようだ。きっと、ワックスをきちんと掛けたスレッドなら、ディバイデッドウイングも綺麗に巻けるはずだ。
罠(わな)
釣り人の回りに巧妙に張り巡らされているもの。絶好のポイントで理想的ポジショニングからキャストしようとしたときに、的確にラインを絡め取る頭上の木の枝や、大物のライズに慎重なストーキングで近づいた最後の一歩で踏むとバランスを崩す浮き石などが一般的。
鰐(わに)
ワニ革のフライ・・・は、ない。フライでワニを狙う・・・話も聞いたことがない。ラコステのフライウェア・・・も存在しない。結論として、フライとは関係のない生き物。
ワーニング(Warning)
警告のこと。信号で言うなら黄色信号。点灯していたら止まった方がいいのだが、なかなか止まれずに悲惨な結果を迎える。西の空に真っ黒な雲が出てきているのに、入渓点から遠く離れたポイントのライズに夢中になったり、既に太陽が山陰に隠れ始めているのに、次の落ち込みを越えていったりするような時には、頭の上で点灯しているはず。
侘び(わび)
表現するのが難しい、日本独自の感覚。オフシーズンのタイイングルームで道具の手入れをしているときに、使い込んだロッドのグリップや、一生懸命作ったネットの艶などに感じられる。が、すぐに明日河口湖で使うフライのタイイングに気を取られるし、それ以前に、タイイングルームなんてない。
ワーム(Worm)
ルアーの一種で、ゴムなどの柔らかい素材で出来ている。ミミズっぽい形をしているのが普通。数年前からは味付き・臭い付きのものが出回り始めて、硬派のルアー屋さんからは「そんなの、餌釣りジャン」とか揶揄されつつも大人気。みんな、心の底では餌釣りの強さに引かれつつも、やせ我慢。
和洋折衷(わようせっちゅう)
日本のものと、西洋のものを混ぜて2で割ったもののこと。テンカラでフライラインを使ってみたり、フライのティペットに鮎用の天蚕糸(テグス)を使ってみたり、おにぎりにソーセージを入れてみたり、サンドイッチに海苔の佃煮を入れてみたり。
(笑)(わら)
ともすれば無表情になりがちな掲示板でのやりとりで、少しでも感情を表すために使うことになっている記号。他に(爆)(泣)等もあり、さらには『顔文字』と呼ばれる(^.^)とかヘ(^^ヘ)とかもある。最近のFEPでは顔文字専用の辞書があって、「かお」と入れれば勝手に出てくるので、ちょっと驚く。( ̄▽ ̄;)
割合(わりあい)
=パーセンテージ。釣り場について5分以内にライズが起こる割合。尺上の岩魚のライズに流し込んだフライが音もなく吸い込まれる割合。1日やって1匹も釣れずに、最後の最後でかけた魚をネットに納められる割合。以上、全て全体に占める割合は0である。
悪(わる)
フライにやたらと光り物を使ってみる。ルアーを使えない管理釣り場で、ゾンカーを引きまくる。パンを撒き餌に鯉を釣っている時、フッキングと同時に「ふはは、騙されよったなぁ!」と叫ぶ。それが、悪。ルアー・フライ用の管理釣り場で生イクラを使ったりしているのは、馬鹿者。
和を以て尊しと為す(わをもってたっとしとなす)
『以和為尊』かな?昔々の日本で10人の釣り人の自慢話を同時に聞いたという伝説を持つ聖徳太子の定めた憲法の第一条。「みんな、ライズを釣りたいんだから、ポイントは譲り合おうね」という教え。あ、解ってると思うけど、受験生はこのHPなんて信用しないように。
ワンド
綴り不明。湖で釣りをするときに、水面が陸地に食い込んだ地形のことを言う。沖に駆け上がりがあり、魚が回遊しているようなワンドは絶好のポイント。・・・本当は、漁協の軽トラが入りやすく、放流が行われることが多いために、絶好のポイント。
『近所の釣り場』トップへ