【う】

「ギュ、ギュゥ〜」となく生き物。その日の釣果によって「ありがたいもの」になったり、「対象外」になったりする。鳥の方ではない。
ウイング
大抵のフライには付いている「羽」。一番地位の高いウイングはウエットフライのもの。うまく付くと3日は幸せでいられる。
ウインストン
竿やさん。1本も持ってないから知らない。
ウインドノット
下手なキャストを見たこびとさんのいたずら。しばしば、芸術的作品となっている。
ウエイテッドフォワード
フライラインのタイプで、”WF”と記述される。”WF2F”なら「2番のフローティングウエイテッドフォワードライン」と言うこと。・・・誰が使うんだそんなもの?
ウエイト
ミシンを使うときに、針に通してある方の糸。さもなくば、鉛やタングステンのワイヤ。鉛の方はニュージーランドなどでは使用禁止だとか。沈めるフライを巻いているときに一番忘れやすいもの。
ウエットフライ
綺麗で、豪華で、巻くのに手間と少々のお金がかかる傾向のあるフライパターンの種類。クイルウイングがうまく付けられたときの感動と、自己満足のために使う。ただし、使い方がうまければかなり有効なものでもある。
ウエーダー
夏用のゴアテックス(ストッキング)、冬用のネオプレーン(ブーツフット)を持っていれば、あなたも立派なフライ廃人。
ウエーディング
キャストの腕のなさを補って、少しでも魚に近づくためにする行為。隣の人より1歩でも前に出ようとするのが普通。膝−>腰−>胸と深くなっていった後は、「ボート」や「フロートチューブ」に発展する。間違っても「脚立」や「ビールケース」には発展させないように。
右岸(うがん)
釣り上がるときには左手の方向になるので、とてもややこしい。あれ?いいんだよな、それで。
ウサギ
MSC・ゾンカー・各種ニンフなどに使われる。ゾンカー用にまとめ買いしたラビットファーなどは思わず頬ずりしたくなる柔らかさ。亀よりも足が遅い。
ウスバヒメガガンボ
薄い黄色のガガンボ。「蚊トンボ」と呼ばれるような大物ではなく、CDCを多用してフライにされがちな「ウス」とか「ヒメ」とか言う言葉がふさわしいやつ。
うめき声(うめきごえ)
マッチザハッチのシビアな釣り場で聞こえてくる釣り人の声。
ウーリーバガー
湖用のフライパターン。単純だが、色と大きささえそろえておけば引っ張りの釣りはこれだけで十分。ついつい光り物を入れたりするから釣れなくなる。
ウルトラ3
ウルトラの3兄弟のこと。レオやアストラは入らない。ゾフィーが一番お兄さん。もしくは、3M社のフローティングラインの一番いいやつ。7,8k円するので、大事に使いたい。
ウルマーシマトビゲラ
・・・田代さんに聞いて下さい。
HENKAN1