【と】

どお?
昼飯時に待ち合わせた同行者との挨拶。返事としては「ん〜・・・」が正しい。間違っても「うはうはっすよぉ」などと言ってしまうと、人間関係が崩壊するおそれがあるので注意。
時計(とけい)
釣りの最中は早く進み、仕事の最中は遅く進む不思議な機械。最高速で進むのは、年に一度の遠征の時。
どこ?
「ライズがあった」などと言うときに聞き返す言葉。「あそこに頭を出している石の横50cmぐらい」と言う返事が来るが、78%の確率で2人は違う石を見ている。
歳(とし)
源流釣行に行ったときなどに、ひしひしと感じるもの。高校の頃にはひょいひょい登ったルートをゼイゼイ言いながら登るときに感じることが多い。
塗装(とそう)
やっぱり本漆が美しいが、さすがに難しいので人造漆を使う。ウレタン系の塗料が好きな人もいるが、筆むらを消すのに結構苦労する。
途端(とたん)
ロッドをしまった途端、イブニングが始まる。慌ててロッドをつなぎなおした途端、ライズが終わる。釣行予定を決めた途端、自分の担当モジュールのバグが発覚する。など。
土手(どて)
川に降りようと思って、転がり落ちる場所。
怒濤のごとく(どとうのごとく)
「釣れねーよぉー、釣れねーんだよぉー」と言いながら、すごい勢いで釣り上がっていく人。もしくは、普段の鬱憤を爆釣系管理釣り場で黙々と癒している人のこと。
隣(となり)
管理釣り場で、常に自分よりもいいポイントにいて、たくさん釣っている人。
ドバミミズ
餌釣りの基本餌。今も、使ってる人は居るんだろうか?
トビゲラ
横文字で言うと『カディス』。カディスの種の同定ができるのは、日本で田代兄弟だけらしい・・・
どぶ川
(どぶがわ) ・・・それでも、なんか魚が居ないかなぁ・・・と、思わずライズを探す近所の川。少し昔に生まれていれば、まさに「近所の釣り場」でイワナやヤマメを釣ることもできたでしょうに。
「飛べ!」(とべ!)
湖などでフルキャストしているとき、シュートの直後に言う言葉。ラインは10m先で既に失速しているか、テイリングを起こしているか、さもなくば後ろの岸に引っかかっている。
とぼとぼ
車止めから歩いて数時間の支流に入って、結局ボウズで車に戻るときの足音。類似の言葉に「がっくり」「しょんぼり」「へこんでる」がある。
泊まり(とまり)
朝早く起きて釣り場に向かうことができない人が、前日の晩に移動して釣り場近くに停めた車の中で寝ていること。ちなみに、次の日の朝は10:00頃目が覚める運命である。
友達(ともだち)
自分がボウズの時、釣り場でライズを譲ってくれれば友達。情け容赦なく目の前で釣り上げる奴は「敵」。
とら
周りのことには見向きもせずに、目の前の流れにだけ意識を集中させるモードのこと。モードから抜けた瞬間、橋の上にギャラリーが沢山居たり、入渓点がわからなくなっていたり、目の前に熊が居たりするので、かなり危険なものである。
鳥(とり)
フライフィッシャーに見つかるとすぐに「ウエットのウイングに・・・」「ハックルを・・・」「コンプリートで・・・」などと狙われてしまう、かわいそうな生き物。
トロ場(とろば)
大きな淵などで、流れが殆ど止まりそうな場所のこと。こんなところでライズしている魚は、釣れないと言うことに日本全国法律で決まっている。
トンキンケーン
バンブーロッドの材料となる竹の一種。結構な値段がするので、試しにその辺に生えている竹でロッドを作ろうとしても、うまくいかないことに法律で・・・
どん詰まり(どんづまり)
ゴルジュ帯を釣り上がって最後に行き着いた大滝のこと。巻き道もなく、川通しで下るには時間がかかり、挙げ句、今日はまだボウズで、暗くなるまで時間もない。
HENKAN1