【ち】

下手なキャストに付き物。くれぐれも、他人の血は流さないように気を付けましょう。
血合い(ちあい)
魚をさばくと、背骨に沿って赤黒い部分がある。あんましおいしくないので、親指でゴリゴリとこそげ落としましょう。
地位(ちい)
「イワナが1番」は私。他にヤマメ・アマゴ・ブラックバス・鮎・GT・ウナギ・タナゴ・クチボソ・いやいやレッドデータブックに載ってるぐらいだからメダカ・・・など、色々な意見がある。
小さい(ちいさい)
私の釣る魚。あなたの釣る魚も、もしかして・・・きっと・・・
七対子(ちいといつ)
最後の1枚の選択は必ず間違えるようになっている、麻雀の役。
知恵(ちえ)
・・・ない。少なくとも、魚の方が持っている。
力(ちから)
大抵のことは、これで解決できる。キャスティングとか、魚とのやりとりとか、壊れた道具の修理とか・・・
地球(ちきゅう)
フライをやっていると、ゆくゆくは考えることになるもの。環境保護の理由が「魚が釣れるようになるから」っていうのは、とってもわかりやすいので良し。
千曲(ちくま)
中部・関東辺りからフライフィッシャーを引き寄せるゴキブリホイホイみたいなもの。そう言えば今年も岩井さんは川上村をうろうろしてました。
地形図(ちけいず)
国土地理院発行の地図。地図記号と等高線で記述された暗号である。目的の渓流を見ようとすると、必ず地形図の切れ目になっていて2枚買う羽目になる。
遅刻(ちこく)
「たまにはみんなで釣りしましょうか?」と声をかけたときに発生する自然現象。最近の研究では「だぁいすけ時間」なるものの存在が確認されている。
地底湖(ちていこ)
洞窟の中などにある湖。このまま行くと、フライのフィールドになる日も近いと思う。
ちなみに
このHPで乱用されている言葉。
ちび
≒アベレージサイズ
痴呆症(ちほうしょう)
先週ライズが取れなくて悔しい思いをしたばかりなのに、今週もまた出かけるフライフィッシャー。
地名(ちめい)
色々覚え込んでおかないと、「札掛銀座の下から3つ目の落ち込みにバッチサイズが・・・」っていわれても解らなくて悔しい思いをする。「湖の上、真ん中の川」「自衛隊橋下」「体育館前」ぐらいは覚えてないと・・・
致命傷(ちめいしょう)
合わせが早い、合わせが強い、インジケータから目を離す・・・等。
提灯釣り(ちょうちんづり)
ラインを出せるのがメリットであるフライフィッシングなのに、あえてラインを出さずに、限界まで魚に近づいてロッドとティペットだけで魚を釣る技のこと。もちろん、ストーキングの鍛錬のためにやっているのであって、たまたま大きな石の反対側に魚を見つけたからではない。
チラカゲロウ
『水生昆虫小宇宙』を読んで下さい。
HENKAN1