【て】

手(て)
ロッドホルダー兼、タイイングツール兼、ランディングネット兼、車運転装置兼、お昼寝用枕
ディアヘア
鹿の毛。エルクよりも少し太めで、その分浮力が大きい。ダンパターンのテールなどに使用する。ディアヘアだけで3枚以上あるようなら、あなたも立派なフライ廃人。
偵察(ていさつ)
釣りをする前に、これから釣るポイントの魚を驚かして追い払うための行為。
定置網(ていちあみ)
魚が居るのは見えているのに、しかも、ライズしまくっているのに、それなのに釣れない忍野のような場所で仕掛けたくなる必殺兵器。但し、本当にやったら、その辺の釣り人に袋叩きになるのは間違いなし。
低脳(ていのう)
≒釣り人
テイリング
何とかキャスティングができるようになった頃に、最初にぶつかる壁。得てして、長いこと越えられない壁である、私のように。
テイル
フライのしっぽ。ディアヘアなどのヘア系、シンセティックマテリアル系、エクステンデット系、そんなもんいらん系の各種がある。
手入れ(ていれ)
高レートの雀荘に・・・じゃなくって、釣り道具のメンテナンスのこと。「シーズンオフにやろう」と言う人に限って、冬場は河口湖でニジマスを狙っていてシーズンオフがなかったりしがち。
手数(てかず)
フライにおいてはキャスト回数のこと。知人の名言に「フライが水の中になけりゃ、魚は釣れない」と言うのがある。確かに、真理だなぁ。
デカウグイ
たとえば、芦ノ湖のインレットに居るような、巨大なウグイ。ものがウグイでもここまでのサイズになると釣ってみたいものだが、そう思った瞬間ちびニジマスしか釣れなくなる。
出方(でかた)
「ぴちゃ」に始まって「ぴしゃ」「ぱちゃ」「ばしゃ」「じゃばっ」「ざばっ」「がぼっ」「どばしゃっ」と発展していく。これとは別の系統に「ぽしゅっ」「もこっ」「しゅぽっ」等もあるが、それはうまい人の場合なので、あんまり覚えなくても良い。
出来(でき)
フライの評価。釣行前日深夜には「よい」。現場でフライボックスを開けたときには「まぁまぁ」。フライパッチが一杯になるぐらいの時には「全然駄目」。
できると思う(できるとおもう)
これ以上近づけないから、ここから少しカーブをかけて10m先のあの落ち込みまで・・・などと同行者に言われた際の返答。もちろん、そんな器用なことができるはずがない。
木偶(でく)
え?俺?俺のこと?
出たっ!(でたっ!)
自分のフライに魚が出たとき、もしくは、同行者のフライに魚が出たときに叫ぶ言葉。魚がフライをくわえる0.5秒前に叫ぶのが普通である。
テトン
"Teton"だったかな?リール屋さんです。私が使っているのは、新古品で安く手に入れた奴。
手に付かない(てにつかない)
釣行前夜の仕事。
テーパー
ラインやロッドに付いている「細くなりっぷり」。大してわからなくても、とりあえずこだわっておくのがFFM。
手間(てま)
釣りのためなら惜しまない。その他のためには惜しみまくり。
出任せ(でまかせ)
人気のない支流に入って「おっ、ここいいじゃん!」となった帰り道、他の釣り人に出くわしてしまったときに言う「いやぁ、だめっすねぇ」と言う言葉。
てるてる坊主(てるてるぼうず)
私が使っても、ほとんど御利益はない。
テレストリアル
水生昆虫に対して、陸生昆虫。実際はドライがいい時期の大きくて見やすいフライのこと。但し、たまに小さなアントパターンだったりもするので、注意。
テンカラ
先行者として餌釣りよりは、ちょっと厳しい。
HENKAN1