【し】

ジェル
フロータントなどの種類。粉末状と液体状の中間で、シンセティックマテリアル等には使い勝手がよい。逆に、CDC等に付けたりすると、べたべたになってしまって全く意味がない。持続性は一番良いので便利だが、手に付いたべたべたをどうするかが最大の問題。
シェニール
タイイングに使う毛糸。呼び方が「毛糸」から「シェニール」となっただけで、数倍の値段になる。
鹿(しか)
英語で言ったら「ディア」。こいつの毛がディアヘア。少し太めで、ちょっと縮れている。本当に良質なものは「常連客の強み」や「知り合いがディアハンター」等の技を使わないと手に入らない。
屍(しかばね)
年に1度の遠征に出て、遠征中に一度も晴れ間がなかったようなときに陥る状態。「地酒」や「温泉」と言うキーワードで復活する人もいる。
事故(じこ)
釣りの帰り道では起こらない、必ず、行きがけに起こる。遠征だったり、友人と約束があったりすると、出会う確率が高くなる。気を付けましょう。
自作(じさく)
自分で作ること。フライそのものから始まって、ネット、フライボックス、ロッドなどに発展していく。「自分で作った方が安上がり」と言う呪文を唱えつつ、市販品よりも高くてできの悪いものを手に入れて悦にいる行為。
下巻き(したまき)
フライを巻くときに、最初にフックに巻き付けるスレッドのこと。いびつなボディの原型となる。
シマノ
フリーストーンシリーズを作っているメーカー。耐久性などに色々と意見もあるようだが、FVシリーズはあの値段であれだけのロッドを作っているのだから凄いと思う。ちなみに、フリーストーンシリーズにはリールやウエーディングシューズもあるって知ってた?
島崎ドライシェイク(しまざきどらいしぇいく)
粉末状フロータントの代表的な商品。シリカゲルのつぶつぶと、謎の白い粉が入っている。「使うとフライが真っ白になってしまうのが良くない」と言う意見を取り入れてダンカラーのドライシェイクも出たが、あんまり売れてないみたい。「フライが真っ黒になる」だけだものねぇ。
シャック
カゲロウやミッジなどが羽化するときに、脱ぎ捨てる殻のこと。テールのタイイングをミスったら「これは、シャックを表現して・・・」と言っておけばよい。
シャンク
フックのアイから曲がり始める直前までの部分。曲がっているところは「ベンド」。但し、シャンクが全部カーブしているようなデザインのフックの場合、どこからどこまでがシャンクなのかは神のみぞ知る。
ショック&パラシュート
勢いよくターンオーバーさせて伸びきったリーダーが勢い余って跳ね返り、ティペットがぐしゃぐしゃになって落ちるようなキャストのこと。そんなことはしなくても、いつもティペットはぐしゃぐしゃになって落ちるから、気にしなくて良い。
ショット
いわゆる重り。かみつぶし型だったり、粘土タイプだったり、色々ある。鉛が主流だが、最近は環境面に考慮してタングステンを材料にしたものも多い。タングステン系は、気温の低い時期にはガチガチになってしまって扱いづらいのが難点でもある。
ショートロッド
最近ちょっと流行。「どうせ日本の渓流なんてせまっくるしいんだから、短いロッドでやればいいじゃん」と言う発想の元に生み出されたロッド。実は、長いロッドでちょうちん釣りする方がより簡単だが、それではあまりにフライっぽくなくてかっこわるいというのが、田代氏等の見解らしい。ダイワはそれに反発して15ft#3なんていうとんでもないロッドを作ったりもしている。
ショートキャスト
キャスティングに失敗して、目の前にフライが落ちたときの言い訳。
シロハラコカゲロウ
何か、有名なコカゲロウ。
シロクマ
北極とか、八景島とか、上野とかにいる。透明感のある白い体毛が、ストリーマーのウイングとして使われる。さすがにお安くはないし、八景島や上野に行っても落ちているのを拾うことは出来ない。
ジーロン
シャンクなどを表現するのに使われるシンセティックマテリアル。非常に良いらしいが、1500円前後と結構な値段するので購入していない。
ジンクス
ウエーダーは右足から履くと、ライズに会える。最初に使うフライはEHCだと、大物が釣れる。ビッグ終了後、一回クレジットを0にすると連チャンする・・・など。
シンセティックマテリアル
人口素材を使ったマテリアル。基本的には石油製品。最初は手に入りにくい鳥の羽や獣の体毛の代用品であったが、最近のものは本来のマテリアルよりも高性能になっているものが多い。エアロドライウイング、島崎フライウイング、田代ニンフダビング、浦和市指定ゴミ袋などが代表的。
HENKAN1