【せ】

瀬(せ)
で、魚が釣れる時期は、フライもおもしろいですね。ちょっと前までは餌釣りには不利でフライ・テンカラの独壇場だったのが、最近はどうもそうでもないらしいです。
正解(せいかい)
自分がさんざん苦労して取れなかったライズを人に譲ったら、1発で釣れたときに気が付くフライパターンとか、流し方。
制服(せいふく)
ウエーダー・ベスト・グラス・帽子のこと。この姿で釣行先のスーパーに入って買い物ができれば、あなたも一人前。
性能(せいのう)
通常は値段に比例する(気がする)もの。たまに、工作の時間に比例したり、「XXさんが使ってる」に比例したりもする。
世間様(せけんさま)
我々にとっての常識を「すごいねぇ」とか「そこまでやるんだぁ」などと評価する弱腰のものども。ただし、人数が多いので始末に負えない。
セージ
折れたらただで治してくれる。但し、帰ってくるのを待ちきれなくなってもう1本ロッドを購入するまでは戻ってこない。
セッジ
私のイメージとしては「でっかい」。
瀬尻(せじり)
瀬が淵につながる微妙な部分のこと。どこだかわからなければ、フライをピックアップした直後に魚が反転して戻っていくのが見えた場所がそう。
せせらぎ
「心が安まるねぇ」は間違い。「・・・ライズはないか?」が正しい反応。
絶対(ぜったい)
もう、言わなくてもわかりますね。「絶対釣れる」の場合嘘になる、「絶対無理」の場合本当になる。
セナ
釣り慣れているのか、せっかちなのか、釣り上がりが異常に早い人。多分コーナーはドリフトしながら抜けていくはず。
セーヌ川(せーぬがわ)
花の都を流れる川。たしか、開口氏が一回釣りをしていたような気がします。
是非(ぜひ)
釣行の誘いを受けたときに答えるべき言葉。「いや、その日はちょっと・・・」とか言っているようでは、立派なフライ廃人にはなれない。
蝉(せみ)
「シケーダ」とか言ってフライにしてみたりもするらしい。クマゼミのフライに食いついてくるイワナが居る場所を見つけたら、そこは天国だから、誰にも教えないこと。
瀬も淵もない(せもふちもない)
大雨が降って、とんでもないことになっている遠征先の川を見て言う言葉。
ゼリー
−>ジェル
セレクティブ
魚が自分のフライにだけは反応しない場合に言う言葉。そういっておけば、腕の悪さをカバーできるので、覚えておいた方がよい。
セレクト
間違ったポイント、ふさわしくないフライをわざわざ選び出す行為。
戦闘開始
ワーグナーの「ワルキューレ」が似合うそうだ。まだ、ライズを取り損なっても、合わせ切れを起こしてもいない幸せな瞬間のこと。
先入観
魚が居ない川を見て、「釣れそうだ」と自己暗示をかける行為。自宅から川までの距離が遠く、近くに温泉も無い場合に起こりがち。
HENKAN1