【さ】

サイトフィッシング
ニュージーランドなどで主流の釣り方。先にガイドさんが魚を見つけておいてから釣るという横着者の釣り。でも、英語で「あれを釣れ!」とか言われて釣るのって、緊張するんだろうな。ちなみに、日本で通常の魚が居そうな場所を釣り上がっていくようなやり方は、ブラインドフィッシングという。
竿(さお)
=ロッド。たいていの釣りで準備する長い棒。たいていの人にはわかりゃしないほんのちょっとの堅さや素材の種類で、1000円ぐらいから、上は数百万まである。フライの場合、#3前後のはやりものが2本、#5前後の最初に買ったロッドが1本。湖をやりたくて買った#8が1本以上あるのが普通。
竿づくり(さおづくり)
ロッドビルディングと呼ばれる行為。ロッドを次々購入するのに疲れて「自分で作れば安くあがるかも」と言いながら、さらにお金のかかることをやり始めること。
佐久(さく)
長野県です。千曲川の辺りといった方がわかりやすいかもしれません。毎年何度も何度も何度も何度も行くもんで、なじみ深くなってしまいました。
鮭(さけ)
ちょっと前まで日本国内の川で鮭釣りなんてことは夢のまた夢でしたが、今ではシーズンにちょこっと北海道に行ければ何とでもなります。「資源の有効利用」とか言うことのようで、うれしい反面ちょっと複雑でもありますね。
笹濁り(ささにごり)
雨などにより、川がほんの少し濁り始めた状態のこと。こうなってきたらもう、ニンフの出番だ。
サージャンズノット
ティペットの結び方。通常は「ダブル〜」を使う。3Mのラインを買えば、おまけで付いてくる紙に載っているからみてください。
誘い(さそい)
ナチュラルドリフトに対して、魚の反応が今一つの時に、やけになってフライをいろいろ動かすこと。もちろん、魚は驚いて逃げる。
里見さん(さとみさん)
先日の釣り博では、フリーストーンが置いてあるところで、まるでシマノの社員のように説明をしていた。しばらく気が付かなかったぐらいとけ込んでました。
サーフェイス
 「〜フィルム」のように使う。水面の表面膜のこと。「水面直下」とほぼ同義。水面でハッチする虫が、水中から浮き上がってきて、ここで引っかかることが多い。それに対してライズが起こると、ニンフでも釣れない、ドライでも釣れないという摩訶不思議な状況になる。
ザ・フィッシング
西山さんがよく出ていた。フライが見たい人には磯釣りを磯釣りが見たい人には鮎釣りを鮎釣りが見たい人にはバス釣りを見せてくれる親切な番組。どんな釣りもやる人が見ようとすれば、当然放送自体がお休みのはずである。
鮫(さめ)
さすがにフライの対象魚にするのは無理がある。
沢田さん(さわださん)
ごめん、あんまりよく知らない。会ったことないんだもの。
HENKAN1