【る】

ルアー(lure)
フライとは時に仲良し、時に敵同士。釣り方が相容れないことが多いので、混雑した管理釣り場などだと、ほぼ間違いなくラインがクロスする。どうせ魚は一杯居るんだから、お互い譲ればいいのに、「このポイントは俺のもの」的な縄張り意識で、お祭りを繰り返す宿命。自分がルアーをやっているときにはフライが釣れていて、フライをやっているときにはルアーが釣れているのも、宿命。
留守電(るすでん)
釣りに行って支流に入る前に携帯で設定しておくもの。私はTuKaの携帯を使っているので、特に気を付けなければならない。ドコモの携帯の人は、道志だろうと千曲だろうとバリ3で繋がるので余り心配しなくて良い。その代わり、今まさに魚がかかったときに電話が入ってバラしてみたりすることもあるようだが・・・
ルースニング(loosening)
語源は「緩ます」「弛ます」「自由にする」辺りだろうか。フライはニンフなどの沈めるパターンを使って、目印に各種インジケーターを付けた釣り方。の、総称。本来はそのような釣り方の中でも、ドライと同じようにナチュラルドリフトさせるものを言ったようですが、まぁ、沈める釣りと思えばだいたいOK。ただし、大きなインジケータをつけて落ち込みの白泡のなかにぶち込むような何処かの誰かさんの釣り方のことではない(笑)
ループ(Loop)
フライのテクニックの中で、もっとも基本的なもの。どれぐらい基本的かというと、これが出来ないと殆ど釣りにならない。かと言って、これだけすごく上手くても魚は釣れない。詳しいことは、私が一番解らないので、その辺にあるフライの本でも読んでください(笑)。長くやっていれば上手くなってくるものなので、人の多い釣り場で上手な人とそうでない人を見分けるのに便利。たまに、最初にちゃんとスクールで習っていて、最初から綺麗なループを作る人もいるが、そういう人は釣りの方もきちんと教わってきていて、上手なので問題なし。
ルマン(Le Mans)
有名な耐久カーレース。他に有名なものと言えば、『東北遠征耐久レースin東北道』『大田切遠征耐久レースin中央道』などがある。ドライバーは1人の時もあれば、2,3人で交代のこともあるが、どっちにしろ行きは全員これからの釣りのことで元気いっぱいで、同じく帰りは半死半生なので、交代要員の意味はない。
流浪の民(るろうのたみ)
真夏の千曲本流川上地区で、どピーカンの日、当然ハッチもなければライズもない。逃げ込める支流も心当たりがない。故に、ほとんど可能性のないにもかかわらず、イブニングまでただひたすらに河原を歩き回る。そんな具合に本流をうろうろしている人のこと。
『近所の釣り場』トップへ