【ろ】

ロイズ(Lloyd’s)
ロンドンにある損害保険を使ったギャンブラーの集まり。引き受け手さえ居れば、どんなものにも保険をかけられる。故に「ボウズ損害保険」とか成立してしまいそうだが、保険に入っていたからといってボウズを食らったときに何を保証して貰えるかは不明。それにきっと「忍野釣行は免責事項」とか「フライをはじめて1年以内の場合、保証は受けられない」とか難しい契約になるに違いない。
老眼(ろうがん)
歳を取ってくると、いい加減釣りも上手くなるし、道具も良いものを使うようになるので、若い人の不利を補うために課せられるハンデ。ライズを目の前にして、フライのアイに上手くティペットが通らなかったりして苦労するらしい。私は既に近眼なので「老眼になったら、中和されて見えるようになったりしないんだろうか?」と考えてみたりする。
ロウボート(RowBoat)
手漕ぎのボート。河口湖や芦ノ湖で借りて、ニジマスを狙うためにある。もしくは、ボート借りて漕いでいたら面白くなってしまって、釣りをそっちのけで「あの島へ渡るぞ!」とか調子に乗って次の日筋肉痛で苦しむ為にある。登戸でボートを借りて、鯉を狙うかどうかは不明。
牢屋(ろうや)
しばしば、サラリーマンである釣り人にとっての会社のこと。ロッドも振れない、フライも巻けない、川も湖もなければ、当然魚も居ない。どうやって生きていったら良いんでしょう?
ローギア(LowGear)
車やバイクで釣りに出かけた場合、釣り場までの道でこのギアの使用率が高ければ高いほど、釣果が期待できる傾向にある。但し、4駆のディーゼルにもかかわらず、ローギア全開で行かなければならないような釣り場は、釣り以前にスタックから脱出できなくなって一日棒に振ったりしがちなので、車で突っ込んでいくのも程々にしましょう。
ロゴ(Logo)
ごく小さな布きれや金属板に、メーカー名などが入ったもの。同じ所で作られた、同等の性能を持ったものでも、これが付いているか居ないかでものすごい値段の差が出る。服飾品などにその傾向が顕著だが、釣り道具でもXXのブランクを△△△が仕上げただけで○×△□・・・(自主規制)
ロスタイム(LossTime)
日曜日の夕方。「イブニングで勝負、ボウズ脱出じゃぁ〜」と川に下りたのが2時間前。既に太陽は遠くの山陰に沈み、先ほどまで飛び回っていたカディスも見あたらなくなってきた。当然、他の釣り人は引き上げた後で、刻一刻と暗くなってくる川に立っているのは自分だけ。最後のライズがあったのも5分前。そんな時間のこと。
ローソン
コンビニ。あまり、川の近くには無いような気がする。たまたまだろうか?
ロヂャース
ディスカウントストア。あまり、川の近くには無いような気がする。たまたまではない(笑)
ロッテリア
ファーストフード。いよいよ、川の近くにはない。
ロッド(Rod)
一方の端にラインを結び、一方の端に馬鹿を付けるもの。ごく稀に、ラインの先に魚が付いていることもある。ほとんどカーボンやグラスファイバー製だが、稀に竹で出来ているものもあり、一方の端に大馬鹿が付いている。それがわかっていながら、誰しも一度は大馬鹿になってみたいと夢見る。
ロッドエンド(RodEnd)
馬鹿の付いている側。通常は馬鹿の他にリールも付いている。グリップ形状にも色々あり、ライン番手によって大小・太さなどは色々と変わる。グリップのコルクは新しい内はどうでもいいが、使い込んでくると良いコルクを使っているものは味が出ていい感じになり、粗悪なコルクは、ただ汚くなる。自分でロッドを作るときなどは、気を付けましょう。
ロッドケース(RodCase)
大事なロッドを仕舞っておくためのケース。その形状から、ロッドチューブとも呼ばれる。塩ビのパイプに蓋が付いたもので必要十分だが、正しいフライフィッシャーはこんな所にもお金を使うチャンスを見逃さない。アルミのチューブぐらいは当たり前で、レザーのケースや遠征用にロッドが何本も入るケースが物欲を的確に刺激する。
ロッドティップ(RodTip)
ラインの付いている側。車のドアに挟んだり、転んだときに地面に突き立てたり、回っている扇風機に突っ込んだりして折るためにあるロッドの一部分。折ってしまった場合、泣く泣く諦める振りをしながら新しいロッドを購入するための理由にする。生涯補償を謳っているメーカーのロッドであれば修理に出すことになるが、帰ってくるのは我慢しきれなくなって新しいロッドを買った後になる。
ロードマップ(RoadMap)
最近はカーナビの普及で影が薄いが、以前は車の中になくてはならないものであった。私は県別に1冊になっている奴がお気に入りで、神奈川県・山梨県・長野県・福島県・静岡県・は常に車内に置いてあった。置いてあっても、運転しながら見れないし、停車して見てもすぐに忘れるので、道に迷うのは一緒。道に迷ってから、自分がどの程度見当違いの方向に来ているのかを確認するために使う。
炉端焼き(ろばたやき)
冬の河口湖釣行において、とても重要なもの。特に冬場の雪が降る河口湖に皆で集まるためには、炉端焼きの魅力がないとどうしようもない。昼ご飯にお店に行く頃までには当然魚は釣れていないので、串に刺されて出てきた魚をいかにして持ち出して、湖でフックの先に結びつけるかが話題となる。その後の話題は、串に刺さったウズラの羽の行方。
ロブスター(Lobster)
未だに、ザリガニとどうちがうのかよく解らない甲殻類。日本人の釣りの原点は、ザリガニ釣りにあるように(一部、例外有り(笑))、外国では子供の頃最初にやる釣りはロブスター釣りだったりする。竹竿の先にイカの薫製を付けて釣る・・・訳がない。
ロボット(Robot)
今のロボット工学の進歩を見ると、後数年で「フライキャスティングロボ」が完成するのは間違いない。そうなると、湖の釣りも様変わりして、ロボットにキャストさせて、自分はリトリーブだけするようになる。今にリトリーブも面倒になって、リトリーブもロボットに任せる。当然、リトリーブ中にあたりがあればラインハンドを引いて合わせる機能も盛り込まれており、フッキングした魚を取り込む機能も付いている。C&Rモードにしておけば、ロボットが自動的にリリースしてくれるので、人間は何もやることが無くて湖畔でふて寝。
ロマン(Roman)
『XXは男のロマン!』という用法が最も多い。通常は「・・・だから△△は仕方がない」と続く。XXには「ライズ」「ニューロッド」「海外遠征」「尺岩魚」「釣りキチ三平」などが入る。△△には「お金がかかる」「仕事」「家族サービス」等が入る。
ROM(ろむ)
”ReadOnlyMemory”の略。転じて”ReadOnlyMember”の略として、パソコン通信の黎明期に使われ始めた言葉。”ロッド・思い切り・曲げた魚”とか言う意味ではないので、気を付けること。
ロリ(Loli)
秋口に大量に放流されたり、夏場に最高のポイントから出てきたりする、#12のフライをくわえ切れないようなサイズの魚のこと。15cm未満ぐらいのものを言う。#14ぐらいのフライだと、12,3cmのヤマメががっぽり加えて持っていったりするので、なかなか侮れない。自然生産されたような魚だと、自分の頭と同じぐらいの大きさの#12のエルクヘアカディスでもくわえて持っていったりするので、もっと侮れない。ボウズの時には、侮れ無いどころか感謝までしてしまう。が、基本的にどこの川でも放流サイズなので、後ろの藪にすっ飛ばしたりしないで、優しくリリースしましょう。
ローリング(Rolling)
フッキングした後のヤマメの行動。一般的にヤマメのファイトは「ぶるぶる」と細かいバイブレーションと「ぐりんぐりん」とローリングの組み合わせになる。岩魚の場合は「ごん、ごごん」と底に潜るようなファイトが多い。ニジマスはフッキングするとともかくそのまま突っ走るように泳ぎ続ける。と、まぁ、そんなこと解らないでも、釣っちゃえば勝ちなのでどうでも良し。
ローン(Loan)
釣り道具屋でロッドやリールなどの高い買い物をした場合に使用可能になる魔法。しばしば「クレジットカード」というアイテムを併用する。非常に高度な魔法であるので、調子に乗って使うと後が怖いことになり、また、ティペットやフックなどの小物には通用しない。
『近所の釣り場』トップへ