【り】

リアクションバイト(Reaction Bite)
急に目の前を横切ったフライの動きにつられて、魚が食いつくこと。魚の食欲に訴えるフライを使わずに釣ると、まだ釣っていない同行者から「リアクションで食わせる方がいいのかなぁ」と軽い憎しみを込めて言われる。但し、湖の釣りになると、食欲もへったくれもないので、意味を為さない。
リアルイミテート(Real Imitation)
メイフライのテールの数、ニンフのギルの数、カディスアダルトのアンテナの長さにまでこだわって巻いたフライのこと。だれでも一度はトライするが、タイイングのあまりの難しさと面倒さに「フライなんて、色と大きさが合ってればいいのさ」と結論づける。でも、フライフィッシングフェスタでタイイングのデモをやっていると、みんな熱心に見ているのは何故でしょう。
理科(りか)
「フライは何故キャスト出来るのか?」「メイフライの生態」「淡水魚の食性」等について教えてくれる学問。・・・でしたよね?
利害関係(りがいかんけい)
2者の間で、一方の行動が他方に利益や害を与える関係。釣り人と、魚。釣り人と、釣り道具屋。釣り人と、ライズ。釣り人と、水たまり。釣り人と、川の写真。釣り人と・・・
リクエスト(Request)
「たのむから、釣れてくれ。俺のフライ、くわえてくれよぉ〜」というのは、『懇願』であって、リクエストではないので注意。「あ、御願いしてるフライボックス、螺鈿細工で仕上げてよ」というのが、正しいリクエスト。
理系(りけい)
みんなで釣りの遠征に行った時、宿代や食費の立て替え分が一人頭いくらになるか、計算機を使わなくても計算できる人のこと。出来ない人は『文系』。
リサイクル(Recycle)
「お、この箱は何かに使えそうだ」「こっちのビニールはマテリアルに」などと言いながら、色々ゴミを集めること。本来のリサイクルはFluxが頑張ってるフロータントボトルの回収とかのこと。
リザルト(Result)
結果のこと。具体例としては、『ボウズ』『あわせ切れ』『バラシ』『すっぽ抜け』『沈』『風邪引いて月曜日会社休み』『ロッド折れた』『尺上の岩魚が泳いでいった』など。
栗鼠(りす)
最近、鎌倉あたりでは台湾リスが大繁殖していて、えらいことになっちゃってます。そこで、観光客から餌を貰って人慣れしている連中を捕まえて、マテリアルとして販売し、その儲けでスコットのロッドを・・・と、考えてみたら、リスの毛なんて何に使うかわからん。
リーズナブル(Reasonable)
『お買い得』のことだが、釣り人にとっては欲しいものが1円でも安くなってればお買い得なので、一般の認識とは多少ひらきがある。
理性(りせい)
釣りを始める前、調子よく釣れているとき、同行者より先に釣ったときにはあるもの。その逆の場合は、すぐにどこかになくなってしまう。
リセット(Reset)
PCやゲームなど、今メモリ上にある情報を全て消し去って、最初からやり直すこと。釣りにおいては、合わせ損ない、ボウズで迎えた夕暮れなどの時に「うぉー、リセットボタン・リセットボタンはどこだぁ!」と半泣きで叫ぶ時に使う。
理想(りそう)
自分(達)だけの堰堤も護岸もない川で、5月頃の朝、メイフライのハッチに合わせてライズする大きなネイティブの鱒を相手に釣りをする。もちろん、2回目のプレゼンテーションの後、ゆったりとした動きで鱒がフライをくわえる。実現できるのは「5月頃の朝」ぐらい?
リターンマッチ(Return Match)
再戦のこと。先日か先週か先月か昨年に行ったあの川で、食らったボウズのことを私は忘れない。いつか必ず、釣ってやる。
リチャード・ホイットレー(Richard Wheatley)
フライ業界の魔物。特にアルミ製フライボックスという武器で、我々フライフィッシャーの財布を攻撃してくる。パチもののアルミ製フライボックスと比較すると加工精度も高くて、蓋が閉まりにくいなどの余計なストレスを感じることもなく所有欲を満足させてくれるが、いかんせん、高い。が、ウエットフライはやっぱりホイットレーに入れておきたいのが正直なところ。
リードフライ(Lead Fly)
主にウエットなどでドロッパーシステムを使う場合、上に付けるフライのこと。リードフライのベンドにティペットを結んでドロッパーを付けるやり方だと、すぐにドロッパーをはずせるので、私はそうしてます。んで、リードフライは思いっきり派手で目を引くもの、ドロッパーは小さめで地味なものなんて組み合わせを使うことが一番多い。
リトリーブ(Retrieve)
元の意味は「回収する」。フライ用語としては、湖でキャストしたフライにアクションを付けながら手元に引いてくること。魚の活性・ラインのシンクレート・水の流れなどに気を付けながら、自分の狙っている棚を性格にトレース・・・出来れば、苦労はないんですけどねぇ。
リナックス(Linux)
インストールして遊ぶ、最近流行のPCゲーム(本気にしないように(笑))。
リバスポ
関東近郊の爆釣系管理釣り場御三家の1つ、「リバースポット早戸」の略称。最近、餌釣りエリアを少しつぶしてフライ・ルアー区間にしたらしい。フライを始めたばかりの頃にはよく行くが、しばらくすると「もう、爆釣系の管理釣り場は卒業さ」とか言って、行かなくなるのが普通。本当は、また行きたくなってみたりするが、万が一爆釣出来ないと、上手くなったという自信が崩れ去るので、行けない。
リハビリ(Rehabilitation)
河口湖や忍野や道志や丹沢や千曲などで、ぐうの音も出ないほどやられた釣り人が「リハビリに行く」と言って行く先は管理釣り場である。ここで管理釣り場の選択を誤って、札掛に行ってしまったりすると、リハビリのつもりが、さらに重症になってしまう。最悪なのは、爆釣系管理釣り場を選択したにもかかわらず、必死になっても2,3匹しか釣れないで帰ってきた場合。
リバレイ(Rivalley)
ウエーダーとかのメーカー。誰でも何かしら1つぐらいはここの製品を持っているはず。派手な新製品はないが、ここの製品を買って後悔することも多分ない。そんな、ちょっと地味目なかんじ。
リビルド(Re−Build)
例えばGWに東北まで遠征に行って、エンジンが壊れてみたりしたとき、たとえ中古車でも新車補償の継続手続きをやっておけば、エンジン・ミッションは基本的に無償で修理してくれる(無茶してなければね)。エンジンは下ろして故障個所を探して修理するより、取り替えてしまった方が早いので交換することになるが、そんなときに出てくるエンジンのことを「リビルド」と言う。要は、ディーラー保証の中古(エンジン)。
リブ(?)
語源不明。libでは変だし、limbも意味が違うし、ribが近そうかな・・・。「体節」「腹節」ならcegmentになっちゃうし・・・。まぁ、とりあえず、フライのボディにワイヤなどで節を付けること。気を付けないとボディが重くなって、ドライフライがイマージャーになってしまう。
リペア(Repair)
補修・修理。フライにおいて「補修」と言えば、ウエーディングシューズのソール張り替えのこと。ソールの作りにもよるが、古いソールを剥がして、新しいソールを整形して、ボンドで貼り付けて、しっかり固定して接着を待つ・・・間に次のシーズンになるので、メーカーに出した方が早い。費用もそれほど変わらなかったりする。でも、それでも自分でやりたがるのが、フライフィッシャー。
リベンジ(Revenge)
「復讐するは我にあり!」と叫びつつ、先週取れなかったライズに再挑戦しに行くこと。「先週」は「昨日」でも「昨シーズン」でも何でも、とりあえずは、釣りに行く理由になれば良い。もちろん、返り討ちに合うことになっている。
リポビタンD
ぐいっと飲んで、徹夜で車を走らせて、そのまま釣りして、ライズに夢中で昼飯抜いて、暗くなるまで歩き回って、それから車で200km高速を走って帰るのは、ほぼ自殺行為なので、あまりやらないようにしましょう。
リマリックベンド
綴り不明。ウエットフライによく使われるフック形状で、シャンクからベンドにかけてのカーブの仕方が独特。・・・とは言っても、それほど大きく変わるわけではないので、TMC100でも実用十分以上。HP用に綺麗に巻こうとかした場合にのみ、巻き上がりのフォルムがそれっぽくなるので使いましょう。
リミテッド(Limited)
〜editionで、みんなの大好きな「限定版」の意味になる。ロッドでもリールでもベストでも帽子でも、ともかくこれが付くと「何となく、欲しい」度が高まる。
リール(Reel)
鉄やアルミやプラスティックで作られている、ラインをまとめて格納しておくための道具。湖や海用のものになるとディスクドラグ機構が付いていて、魚とのやりとりをするための道具にもなる。が、ディスクドラグなんて、国内の淡水では鯉を相手にするとき以外は必要ない。
『近所の釣り場』トップへ