【れ】

レア(rare)
とても珍しいもの、こと。釣り人の購買欲を刺激するためにある言葉。「スコットのイエローブランク、とってもレアなロッド」「XXのコンプリート、滅多に入荷しないレアマテリアル」・・・もう、買わないわけにはいかない、買わずにいられない。だって、しょうがないじゃん、レアなんだもの・・・。
例(れい)
サンプル・お手本。「落ち込み下のポイント、フライを流すレーンの例」とかを読んですっかり解ったつもりになっても、実際に川に出たときにはすっかり忘れているか、狙ったところに落ちないか、どうやって応用して良いか解らない。そしてまた今日も、新刊のハウツーものを読み漁る。
レインギア(RainGear)
=雨具。通常、下半身はウエーダーで防水されているので、上半身のみ雨具を着用すれば事足りる。普通のアウトドア用のもので必要十分なのだが、正しいフライの人はうんちくをたれながらフライ用のレインギアを着用するのが正しい。実際に、ベストの上から着用可能なサイズや、常に上に上げている袖口からの水の進入、ウエーディング中に水没しない裾の短さなど、わざわざフライ用を購入する価値はそれなりにある。もちろん、ゴアテックスなど、防水透湿素材のものにすることは言うまでもないだろう。値段なんて見ないでカードで購入しましょう。
レインボー(Rainbow)
皆さんよくご存じのニジマスのこと。大抵の人は、一番たくさん釣ったことがある魚のはず。つまり、一番お世話になっているはずなのに、「ニジマスだぁ」「ニジ君でしたぁ」等と言われてしまうことが多い。いっぺん、特別に育てたニジマスを放している管理釣り場や、忍野なんかのニジマスを釣ると、きっと意見が変わる。本当は結構無茶な魚。
レオン・レオンウッド・ビーン(Leon Leonwood Bean)
名前の綴りは間違ってるかもしれません。ブーツやアノラックで有名なLLBeanの創始者。沼地用のブーツ作ったところから、ここまでにしちゃったんだから、凄い。フライやるぐらいの人なら、何か1つぐらいここで買ったこともあるでしょう。最大の魅力は「海外通販」であったことなのだが、日本にもショップが出来てしまって魅力が薄れた。
レカロ(RECARO)
こちらは有名な車のシート屋さん。えらく高価だし、燃費が向上するわけでも、スピードが出るわけでもないので、要らない人は手を出そうとも思わないもの。釣り人は、釣り場までの道のりにほぼ必ず峠道がある関係で、少し必要。基本的には物欲を満たし、満足感を得るためだけのもの。
歴史(れきし)
日本に初めて本格的にフライが入ってきたのは、日光の方でしたっけ?んじゃ、最初にフライが始まったのは、どこの国のどこなんだ、エゲレスか? 関係ないけど、NHKの『プロジェクトX』は面白い。でも、「そのとき、歴史が動いた」はいまいち。
レコード(Record)
最近はプレーヤーが手に入らない・・・ものではなく、『記録』のこと。釣りに関して、正式なものはJGFAがあり、ラインの太さや魚の大きさの記録を管理しているが、多分、フライの人にとっては「大きい魚」よりも「先週、どうしても駄目だったあのライズ」の方が大事なので、ライズの記録を管理して貰いたい。「X月O日、自衛隊橋上流左岸のバンク際ライズを5x12ftのティペットで・・・」なんて感じで。
レーザーポインタ(LaserPointer)
最近は安価に手にはいる。一時期、ライズのあった場所等を他の人に伝えるのに便利かもしれないと思ったことがあったが、暗くなってからしか使えないので意味のないことに気が付いた。暗くなってからは「あの石の・・・」って言っても、石が見えないので結局役に立たない。
レザーマン・ツール(LazorManTool)
レザーマンというメーカーのツールナイフ。大小のブレード・ドライバー・ヤスリ・とんがった棒の他に、本体がプライヤーになっている。バッグに1つ放り込んでおくと、とりあえず大抵のことは出来る。プライヤーもそれなりに頑丈なので、ある程度力のいる作業も可能。最近はバックもガーバーもビクトリノックスも同じようなものを出しているし、レザーマンも「スーパーツール」とか出しているので訳が分からなくなった。
レッグ(Leg)
足。虫には当然付いているが、フライに付けるかどうかは意見の分かれるところ。ニンフはともかく、ドライに付けるのはいろいろと難しい。が、6本のレッグとボディの一部で水面に乗るフライを作ったら、きっとよく釣れる。ただし、それをどうやって浮かばせておくのかは知らない。
レジ(Register)
行きつけの釣り道具屋に行き、リーダー・ティペット等の消耗品を手に持ってから、ロッドやリールのコーナーでよだれを垂らし、ベストに付ける小物を衝動的に籠に入れ、いい加減飽きたところで向かう場所。ここで支払いをしながら、先週の千曲の自慢話や来週行く予定の忍野の情報を仕入れたりする。
レッドコア
赤い芯・・・ではなく、鉛入りのラインのこと。フライの中でも、かなり特殊な部類に入る釣り方で使う。シンキングのエキストラファーストシンクなど比べものにならないような勢いで沈んでいくライン。と、いうか、ラインじゃなくてウエイトであるような気がする。海で深海魚を狙うときにでも使うのだろうか・・・。
レッドワイア
赤いワイア・・・ではなく、タイイングの時、沈めるフライに使う鉛のワイア。誰しも一度は「どっぷり沈めるもの、少し沈めるもの、ウエイトを入れずに使うものと分けてニンフを巻こう」と考えるが、結局はどれがどれだかわからなくなるし、そんなに沢山巻いていられないので諦める。
レネ・ハロップ(ReneHarrop)
メリケン人の有名なフライフィッシャー兼フライタイヤー兼フライライター兼その他。彼の考案になる「ノーハックルサイドワインダー」と言えば、タイイングが難しく、憧れのフライの代名詞。かのヘンリーズフォークで有効なぐらいなのだから、あの川の、あのライズなんて楽勝だろう・・・と、夢を見る。実際は、そんな魔法のフライは存在しない。けど、私はノーハックル巻けないので、解らない。もしかしたら・・・もしかするのかも・・・。
レビュー(Review)
フライのメーカーさん。ロッドの全体的な特徴として、よく言えばシャープ、悪く言えばカチカチ(そうでないモデルもあるけど)。ただ堅いだけの安物ロッドとは違うので、試してみる価値はあると思う。私は・・・調子に乗って#4ロッドで40〜70cmのニジマスを釣りまくって(in管理釣り場)、無理にあおったら、折れた。低番手・高番手よりも#4辺りが一番気持ちよい感じ。
レプリカ(Replica)
一般的に複製品・模造品のこと。「どう逆立ちしてもバイスにX万は出せないので、似たような形の△□社のバイスを買う」「既に世に出回っていない、あの、XX社のOOモデルロッドが復刻版で・・・」等々。手を出してみたはいいが、結局満足できなくて、本物を買うことになる。そして、出費は1.5倍。こんなことなら、最初から本物買えば良かった・・・。
レベルライン(LevelLine)
太さが均一なラインのこと。他の釣りのラインでは当たり前だが、フライラインは何らかのテーパーが付いているものなので、特にこう呼ぶ。シューティングヘッドの後ろにつなげて使うもの。当然、普通のシューティングラインより重いのでその分抵抗は増えるが、手元で絡むことが極端に少ないので、快適。「なら、普通のWFラインで良いジャン」という揶揄は聞こえないふり。
レポート(Report)
忍野自衛隊橋の辺りをうろついて、橋の上から必死になっているフライマンを見つつ、「あぁ、ライズしてるよ」「魚居るよ」「でかい、でかい」「あぁっ、惜しい!」「来た来た!」「残念〜」「もう少しなんだけどね」等と、のたまうこと。「うるせぇ、百も承知だ。こっちはもう、2時間もこのライズ狙ってんだから!」と怒鳴りたくなるのをぐっとこらえるのが大人。こらえきれないけど、大声で怒鳴ることも出来ず、小声でぼそっとつぶやくのは小市民。
レモン・ウッドダック(Lemon・WoodDuck)
いや、ほら、あれですよ、あれ。ウエットとかでよく使う、あの羽。あのほら、シマシマが入ってて・・・そんでもって・・・。ごめんなさい。知ったかぶりしました。よく憶えてません。だって、使うパターンも少ないし、第一、「レモン」なのに、レモン色してないんだもの。
レーン(Lane)
フライにおいては、川でフライを流す流れの筋のこと。流れに対して左右の方向でどの辺に落とせばよいのかは、慣れればすぐ解るようになる。が、上下の方向については、いつまで経っても解らない。いつも、フライを落としたところに魚が居たり、流しきってピックアップするところに魚が居たりする。
廉価版(れんかばん)
フリーストーンのFSが買えないので、とりあえずFVを買ってみたりする。それを使っているときには、十分に満足だが、でも気が付いたときにはスコットのGシリーズを手に持っていたりするので、油断がならない。最初から高価なものを購入するのは勇気がいるので、その前にとりあえず手を出してみて、日本経済の景気高揚に一役買ってみたりするためにあるもの。
連鎖反応(れんさはんのう)
友人が釣りに行った先でリールを落として「ご愁傷様です」と言っていた次の週に、自分が川でネットを落とす。何人かで釣りに行って、「この川、駄目ですねぇ〜」と言っているそばから誰か一人が釣ると、急に目の色を変えて釣り始めるので、自分にも釣れる。など。
連戦連勝(れんせんれんしょう)
この間までの私。昨シーズンは、自然渓流でボウズなしという偉大な記録を残してみたりしていた。今シーズンは・・・まぁ、長い人生、色々有ってしかるべきなのであって、禍福はあざなえる縄のごとしとも言いますし、千曲は渇水がひどいし、それにほら、風邪気味だったし、風水的に言って方角も・・・
連戦連敗(れんせんれんぱい)
あまり多くを説明する必要はないでしょう。大丈夫、みんな、そんなもんですって。
レンゼッティ
ハイエンドクラスのモデルが多分一番高価なバイスのメーカー。ダイナキングには機能美の美しさがあるが、レンゼッティのバイスはそのまま置いておけばインテリアになりそうな美しさがある。・・・とか言われて納得したあなたは、かなりフライ廃人度が高まっているので、安心して精進しましょう。
連絡手段(れんらくしゅだん)
川にはいるとやはり無線が便利。たとえ2人で行っても、並んで釣り上がれるような恵まれた川はあまりないし、ライズを見つけてさんざん叩いて、どうしても取れなくていい加減嫌気がさしたときに、親切面して友人を呼び寄せることも出来る。
『近所の釣り場』トップへ