【ら】

ライズ
主にフライの対象魚となる魚が、お食事のために水面に口を出して浮かんでいる虫などを食べること。フライフィッシャーにとっては猫にマタタビ以上の効果があり、どんな状況にあろうともライズを見れば大人しくなる。また、川に限らず、公園の池でも用水路でも冬のプールでもとりあえず水面を見ればライズを探す人種をフライフィッシャーと呼ぶ。
ライズリング
ライズの時に発生する波紋のこと。「ぽわわーん」と波紋が消えるまでの時間が、フライフィッシャーにとって至福の時。
ライン
古くはシルクに始まり、最近はPVCコーティングされたものが主流の、フライフィッシングをフライフィッシングたらしめるもの。ルアーなどに比べて重たく作られており、ラインを自重で飛ばすことによりほとんど重さのないフライをポイントまで送り届ける。・・・はずだが、大抵はポイントとは違う場所に送り届けられ、たちの悪い宅配便のようなものである。
ラインストッカー
小さめの糸車のようなもの。オフシーズンにラインをリールに巻きっぱなしにしていると癖が付いてしまうため、径の大きいものに巻き付けておく。12月に#3ロッドを持って管理釣り場に行ったり、8月に#8ロッドを持って管理釣り場に行ったりするオフシーズンなしのフライフィッシャーには、あまり、縁がない。
ラインドレッシング
ラインをしばらく使っていると、汚れて滑りが悪くなったり、フローティングラインが水没するようになるので、ラインのクリーニングと滑りを良くするコーティングのために塗りつけるもの。シリコン剤が主成分のようだが、良く解らない。めんどくさがらずに、たまにやっておくと結構効果がある。
ラインの黄金(らいんのおうごん)
4日間通しのチケットは、余りにも高すぎると思う。っていうか、一夜分のチケットでも高すぎる。解らない人は、全然気にしなくていいです。
ラッコ
・・・フライショップで見たことはないですね。あったとしても、何に使ったらいいものやら・・・?
ラージアーバー
スプールの芯が最初から大きく作ってある、大口径リール。基本的には高番手ライン用のリール。淡水よりもソルトウォーターが似合う。
ラージマウス
いわゆるブラックバスのこと。ラージマウスに対してスモールマウスバスと言うものが存在し、より低い水温で生息できるため、マス類などと生息域が重なってしまったりもするらしい。各地の漁協や自治体の危機感も強く、あちらこちらで「放流も、再放流も禁止です」の看板をよく見かける。スモールの方はギャング放流をするバカさえ居なければ、日本のフライフィッシャーの対象魚に入るはずであった魚。ラージの方は、きっちり対象魚。但し、ニジマス狙いで河口湖に行っているときにばかり釣れるので、「黒鱒」と呼ばれがち。
ラストチャンス
かの有名なヘンリーズ・フォークのこれまた有名なポイント。あまり海外釣行に興味のないフライフィッシャーでも、名前ぐらいは知っている。そのため、大抵の川には『XX川のラストチャンス』のポイントがある。但し、チャンスが訪れることは非常にまれ。ラストチャンスよりむしろ墓場と呼ぶのがふさわしい。
ラス・ピーク
有名なロッドデザイナー・・・だと思った。詳しく調べたい場合は、今月からFlyFisherを定期購読してください。私は人の名前を覚えるのが苦手なので、だめです。
埒が開かない(らちがあかない)
季節の変わり目の突風が吹き抜ける千曲本流で、#2のラインとロッドを持って釣り上がったりすること。または、河口湖でバックに障害物のあるポイントで正面から風を受けてつりをすること。どんなに頑張ってキャストしても、フライは自分の後ろに落ちる。
ラッキーストライク
タバコの銘柄。フライフィッシャーの中では、かなり吸っている人の割合が高い。有名どころでは、開高さんでしょうか。
ラッセル
雪の積もった道を、雪をかけ分けながら進むこと。雪をかき分ける行為。常識的に考えて、こんな時期には釣りに出かけたりしない。但し、釣り人は常識に縛られない。
螺鈿(らでん)
日本古来の技法、漆塗りの漆器(?)に貝殻を埋め込んで装飾するもの。「漆」「箱」と来れば、自作フライボックスなので、ぜひ挑戦してください。
ラーバ(larva)
昆虫の幼虫。フライフィッシャーにとっては、水棲昆虫のこと。中でも特にユスリカとトビゲラの仲間を指す。複数の体節があって、ブニブニしているものの総称と思えば良し。
ラビット(rabbit)
いわゆるウサギは”rabbit”。野ウサギが”hare”。前者はラビットゾンカーに使われ、後者はヘアズイヤーとして使われる。しかし、ややこしいので、あんまり憶えなくても良し。
ラベル
たまたま他の人が取れなかったライズを取ってしまったようなとき、「ふっ、ラベルの差だよ、ラベルの・・・」とか言ってしまうと、おやじギャグに認定されてしまうので、注意すること。
ラボ
研究所(ラボラトリー)、の略。世の中には「ライズ研究所」とか「フロータント研究所」とか「粘土マーカーを使った後にどうしてもティペットに残るマーカーの滓研究所」とか色々あるはずなので、早く研究結果を発表して欲しい。
ラミネート
透明なフィルムの間に薄い紙を挟み、熱で接着すること。背中に付けている年券が雨に濡れても大丈夫なようにするための技術。
ラメ
メタリックカラーでキラキラするものが入っていること。フライを巻いていると、だれでも一度ははまる。が、効果のほどはあるような気もするし、逆効果のような気もするので、不明。
ララァ
「ごめんよ、僕にはまだ帰れるところがあるんだ。こんな嬉しいことはない、解ってくれるよね」とアムロに言われたニュータイプの人。
ラリー
砂漠や山道をとんでもないスピードで走るモータースポーツ。男の子はたいてい好きだが、釣りに行く途中の峠道では思い出さない方がよい。のだが、みんな釣り場に急ぐので普段より回転数が上がり気味になるのが普通。
ラワン
木の種類。DIYのお店で、工作用に売っていたりすることが多く、安価なため、ネットのグリップにしようとか、フライボックスにしようとか思うことが多いが、あまり木目の美しいものではないので、買うだけ買って使わないことが多い。
ラン・アンド・ガン
釣り上がりの釣りで、ポイント間を「ラン」して、ポイントを「ガンガン」攻めることだと思えば、だいたいあっている。早い人になると、私が川沿いの林道を様子見しながら歩いているより速く釣り上がってみたりする。
『近所の釣り場』トップへ