【ぬ】

縫い目(ぬいめ)
「シームシーリング」といって、防水機能を持つウエーダーなどは縫い目から水が染み込むことを防止するようになっているが、実際に使用しているときウエーダーの中に水が入るのは水没した釣り人のウエストベルトの辺りからなので、ちょっと寂しい。
鵺(ぬえ)
・・・の、鳴く夜は恐ろしい?
泥濘(ぬかるみ)
漢字で書くと、こうなるんですね。渓流でも中流域だったり、大きなトロ場になっているような所は、岸際や底がこうなっていることがある。下手に踏み込んでずぶずぶもぐられると、かなり驚く。
ぬきえもん
どらエモンの親戚・・・ではなく、後ろ襟が引っ張られて、うなじが丸見えになっている状態。ベストの背中のポケットにお弁当を詰め込みすぎると、こうなる。
ぬくもり
春先のまだ手を切るように冷たい流れで釣った魚をリリースするときに感じるもの。ただし、それなりのサイズを釣らないと、小さすぎて解らない。年越しの魚を狙いましょう。
主(ぬし)
大淵や湖などいかにも大物がいそうな場所に、以前、居た大きな魚。近代に入ってほとんど見られなくなり、最後に生き残ったものは三平君が釣りきってしまったので、用心深くなって出てこない。
ぬばたまの
「闇」にかかる枕詞。意味は知らない、と言うか、ない?単独釣行で、渓流のそば、山の中に前夜泊しているときなどに周りに広がっている密度の濃さそうなものについて使う。
沼(ぬま)
池でもなく、湖でもなく、水たまりでもないもの。フライの対象としては、ザリガニ・カエル・トンボなどが住む。
ぬめり
魚体を保護している粘液質のこと。塩で良く洗えば落ちるが、魚が釣れるたびにフライを塩でもみ洗いするわけには行かないので、フライクリーナーを使う。釣った魚のぬめりがネットや手に残るようだと、かっこいいC&Rとは言えないのだが、なかなか難しい。
塗る(ぬる)
フロータントやラインクリーナーなどの液体を対象物にくっつける行為。また、ロッド作成時にガイドを固定する為にエポキシをたらす行為のことも言う。いずれにせよ、思った通りにうまくいかないように、宇宙の法則で決まっている。
濡れ鼠(ぬれねずみ)
中途半端に回避しようとして耐えたが為に、却って派手に沈してしまった後の状況。夏場はまだいいが、春先にはちょっと辛い。
HENKAN1