【の】

野いちご(のいちご)
林道歩きなど、日常茶飯事であるフライフィッシャーが、なぜかあまりお目にかからないもの。なぜなら、野いちごが生えているのとは反対側の、川の方ばかり見て歩いているから。
野池(のいけ)
その辺にある、農業用のため池などのこと・・・なのだが、今時そんなものが近くにある人も少ないんでしょうね。対象魚としては、ブラックバス・ブルーギル・鯉・フナ・クチボソ・オタマジャクシ・ザリガニなど。
能書き(のうがき)
リールやら、バイスなんかを購入するときに唱える呪文。「やっぱり、ロータリー機能が付いていると、ストリーマーやウエットが巻きやすくて・・・」などと唱えつつ、高価な物を購入する。
納竿(のうかん)
一日の釣りを終えて、ロッドをしまい込むこと。釣行記などでは「・・・で、満足したので、ここで納竿とした」などと書いているが、実際には暗くなって釣りが出来なくなるまで納竿などしない。
農閑期(のうかんき)
管理釣り場、もしくは湖のシーズン。<>農繁期(渓流のシーズン)
納期(のうき)
「作ってあげる」と安請け合いしたネットやロッドの約束の期日。引き受けた当初は「余裕をもって・・・」だったのが、いつの間にか「やべ、全然やってないぞ」となる。
野糞(のぐそ)
山用語では「きじうち」「お花摘み」。釣り上がりのときには先にトイレに行っておくのが基本だが、我慢できないこともある。場所の選定が難しく、川沿いに林道が通っていたりすると、かなり厳しい。出来れば、落ち葉のつもった土を少し掘って、最低でも使用後のティッシュペーパーはその場で燃やしましょう。
野ゴイ(のごい)
その辺にいる鯉。好物は、スーパーで購入した食パン。「マッチ・ザ・食パン」のフライで釣ると、トルクのある引きを見せてくれる。但し、ロッドやラインは汚れてもいい物を使った方がよい。
残り鱒(のこります)
昨年もしくはそれ以上前から、その川・湖・管理釣り場に残っている鱒のこと。魚体が美しく、賢いのが特徴。忍野のようにプレッシャーの高い釣り場の残り鱒を釣り上げると、かなり嬉しいが、大抵はフライを流すことも出来ないような場所にいる。
野ざらし(のざらし)
例えば、千曲の支流に入ったとき、奥の方の集落脇で野ざらしになっている古い農機具(但し、何に使う物なのかは不明)なんかはいい味だしている。
野沢菜(のざわな)
遠征のおみやげにありがち。しかも、しばしば、帰りの車の中で食べられてしまう。
のそのそ
・・・と、クマザサをかき分けて、黒くて大きな生き物が・・・ってのは、うれしくない状況
野点(のだて)
釣行の時にキャンピングストーブを持っていって、コーヒーを飲もうともくろむこと。釣れていればそれどころではなく、釣れていなくてもそれどころではない。
喉元過ぎれば熱さ忘れる(のどもとすぎればあつさわすれる)
先週、あれほど苦労したばっかりなのに・・・。あの魚は、絶対に釣れないのに・・・。また、筋肉痛で月曜日が辛いのに・・・。
野中のバラ(のなかのばら)
なぜか、入渓できそうな藪をかき分けた最後に、イバラの茂みがある。
野ネズミ(のねずみ)
たまに、見る。川鼠は滅多に見ない。川ガラスは、結構見る。
ノバ
某英会話教室。ニュージーランド釣行を夢見て、「その前に、語学だな」などと行きそうになる。が、行くことはない。
飲み込む(のみこむ)
フライの流し方が非常にうまくいったときの魚の反応。綺麗に飲み込んでいると、ちょっと嬉しくなるが、どうやって外したものか解らずに、すぐに悲しくなる。
野焼き(のやき)
たまに、春先の千曲川本流で巻き込まれそうになったりするらしいので、気を付けましょう。河原の葦とか焼いてますからね。
野良(のら)
その辺をうろうろしている、犬・猫・馬・鹿・熊・フライフィッシャーなど。特に野良フライフィッシャーは車を使って広範囲をうろつくので気を付けましょう。
乗らない(のらない)
フライに魚が出ているのに、いくらあわせてもフッキングしないこと。そう言うときには、微妙にドラグがかかっているか、ステージが違うか、もしくは魚の幻覚を見ているかなので、気を付けましょう。
呪い(のろい)
釣行を企画した日の前日に、なぜか決まって残業が入ってくること。
のろくさい
私の釣り上がりペース。
野分(のわき)
私のお友達。晩夏の釣行ではいつも一緒。
野を駆け、山を駆け(のをかけ、やまをかけ)
・・・釣り人は走る。本当に走る。
HENKAN1