【に】

臭い(におい)
長いこと釣りばかりしていると「臭う!ここには魚が居る!」などと言い出す。多くはそういった思いこみにより、何とかやる気を引き出そうとする自己暗示だが、たまに本当に魚を釣っちゃう人とか居るから恐ろしい。
二階から目薬(にかいからめぐすり)
すぐそこでライズしている魚が居るのに、覆い被さった木がじゃまでライズの位置までフライを放り込めないもどかしい状態を表す言葉。あと、30cm奥まで放り込めれば何とかなるのに・・・
賑やか(にぎやか)
日曜日の管理釣り場、解禁日の渓流など。
肉(にく)
みんなで釣りに行った帰りに食べたくなるもの。泊まりで行った場合には、夕食の食材は大抵これと焼き肉のたれになる。
憎らしい(にくらしい)
流れるフライを2mも3mも観察しながら付いてきて、ドラッグがかかった瞬間「ぷいっ!」ってする忍野のヤマメ。
逃げる(にげる)
「さぁって、今日は釣れるかなぁ・・・」と、釣りの準備が終わって流れをのぞき込んだ瞬間に発生する現象。そのときの魚が、その日唯一の魚であるか、もしくはその日最大の魚である。
濁り(にごり)
天気の良くない日に遠い釣り場まで行ってしまい、引っ込みが付かなくなっていたところ雨が小降りになり「よっしゃ、これぐらいなら何とかなる!」と準備をして流れに降りた釣り人を出迎える「帰れコール」。
煮魚(にざかな)
・・・あまり「イワナの煮付け」と言うものは聞いたことがない。
西の川(にしのかわ)
某湖のインレットの内、西の方に出ているものと、その支流群のこと。釣り場まで1hや2hの歩きは当たり前なことで有名。その代わり、釣れる。
ニジマス
養殖されているフライ対象魚の中では、一番養殖が簡単であるらしく、それ故どこの管理釣り場でも一番釣れる魚として不遇を囲っているかわいそうな魚。きちんと育ったニジマスを一回釣ると「こんな、とんでもない魚だったのか」と見る目が変わる。
偽物(にせもの)
シンセティックマテリアルや、フリーストーンXSに対するFVや、FVに対するブルックストーンのこと。
ニードル
タイイングツール。ダビングし終わったスレッドを切断したり、ヘッド部に余分なセメントを塗布するためにある。
二の次(にのつぎ)
釣りに対して家庭の事情のこと。ちなみに、仕事は「三の次」。
二番(にばん)
渓流用のロッドがだんだん番手が落ちてきて3番が主流になった時、もう一歩進んだところまで行ったロッド。3番よりさらに軽快ではあるのだが、ちょっと大きめのプールでライズを見つけてしまうと、一般人レベルのキャスティングでは手が出せないと言う欠点がある。
鈍色(にびいろ)
って、どんな色?
Nifty(にふてぃ)
フォーラムに"FFISH"があり、会議室【ポンド】には私が出現したりする。
にべもない
魚が見えているライズにフライを送り込んでいるのに、見向きもされないこと。
二本継ぎ(にほんつぎ)
ロッドが2ピースに分かれるもののこと。3ピースに分かれるなら、3本継ぎ。
ニューロッド
手に入れるためには努力を惜しまないもの。類似品に「ニューリール」「ニューライン」「ニューハックル」など、要はフライグッズに「ニュー」が付けば何でも良い。
にょろにょろ
イワナをあらわす形容。「にょろりん」「にょろん」などもある。ヤマメは「しゅぱっ!」「ばしっ!」などと形容される。
睨む(にらむ)
「このポイントは、絶対出るはずだ」「そこだ、そこで出ろ!」など、魚がフライに出ない間の釣り人の行動。ちなみに魚が出た瞬間の釣り人の行動は「よそ見する」「気を抜く」などである。
庭(にわ)
いつも行く渓流に知人と同行したときに、自慢げに言う言葉。そんな日には、いつもなら引っかけない木の枝にフライを引っかけたり、いつもなら注意してわたる流れで沈したりする運命である。
人間(にんげん)
2種類居る。「釣り人」とそうでない者。
忍者(にんじゃ)
ストーキングのうまい人
HENKAN1