【な】

中川(なかがわ)
多分、各地に同じ名前の川がある。私の気に入っているのは・・・内緒。
泣き尺(なきしゃく)
「あ、あと5mmで30cmなのに・・・30cmになったら、尺イワナなのに・・・あぁぁ・・・」と言う魚。
鳴き声(なきごえ)
少し下流域で「やったぁ〜、なんとか一匹釣れたぁ!」と喜んだ瞬間「ぎゅぅ〜」という声が聞こえる・・・
何故(なぜ)
「ちゃんと、ドラグかからないように流したのに、ハッチのパターンにも合わせたフライ使ってるのに、気配を悟られないように、頑張って10mもキャストしたのに・・・何でフライを無視するんだぁ!」という状況に、思わず出る言葉。
夏(なつ)
」 渓流のフライが一番いい時期の後に来る、ちょっと駄目な時期。しかし、そんなことは釣行日数とあまり関係がないので、気にする必要はない。むしろ「イブニングが夜8時まで続くやぁ」と喜ぶべきである。
夏ヤマメ、一里一匹(なつやまめ、いちりいっぴき)
夏になると、ヤマメの数が少なくなって1里(何キロだ?)歩いてやっと一匹釣れるぐらいになってしまうと言うお言葉。全くの間違いで、「夏ヤマメ、10km0匹」もしくは「夏ヤマメ、小指サイズが5cmに1匹」が正しい。
なにやってんだか・・・
たとえば、小指サイズしか釣れない日に、やっとの思いで大物のライズを見つけて、近づこうとしたらこけて魚を逃がしてしまうとか、フライに出たのに早あわせでばらすとかしたときに言う言葉。叫ぶのではなく、ぼそりとつぶやいてうつむくのが普通。
ナビ
遠くの釣り場に車で行くときに「距離は近いけど渋滞して時間がかかる」とか「確かに渋滞はしてないけど、何で林道使って峠を3つも越えるんだ?」とか、そういったルートを指示してくれる便利なツール。もちろん、釣り場に横付けしようとすると「付近に検索可能な道路がありません」と、ありがたい返事をしてくれるようになっている。
なぶら
海で釣りをするときに、魚が一杯集まって水面でバシャバシャしている場所のこと。淡水で言ったらライズみたいなものなんだろうか?私は釣り船に乗ってもポイントに付く前にこませを撒き始めてしまうので、よくわからない。
生(なま)
魚の生=刺身。淡水魚は寄生虫が居るから生で食べるのはやめた方がいいというのが一般的な見解だが、本当のところはどうだか知らない。が、寄生虫は怖いし、ヤマメやイワナを刺身で食っても・・・ねぇ?
波(なみ)
湖などで発生し、ウエーダーに水を入れたり、立ち込んでいるバランスを崩させて沈させたり、水面のラインを引っ張ってあたりと勘違いさせたりする自然現象。芦ノ湖の遊覧船の波は我慢できるが、河口湖でわざわざこっちによって来る水上バイクの波は殺したくなってくる。
なめ
「〜滝」など。わかりやすく言うと、つるっとしていて、いかにも滑りそうな場所のこと。実際に滑るのは、その場所を越えた直後の大石の上である。
悩む(なやむ)
手持ちのフライは全部使った。飛んでる虫も採取してみた。さっきから水面を死ぬほど観察している。・・・ライズの正体は何なんだ?
名より実を取る(なよりじつをとる)
「致し方ない、こうなったらオレンジのエッグフライを使おう。」と言う状況。「オレンジの・・・」は「ゴールドビーズ」「パワーベイト」「りんたろうミミズ」等にも置き換えられる。
奈良(なら)
・・・大仏は釣れないと思うし、鹿は釣るよりマテリアルとして・・・
慣れ(なれ)
・・・と、言うのは恐ろしいもので、初めて行ったときにはあんなに遠かった川上村が、最近は近くに感じるようになってきた。
ナローループ
キャスティング時に「とんがったループ」と呼ばれるもの。杉坂氏のキャスティングを見たことがあるが、ループ幅が5cmぐらいしかなかった。気持ちよかろうなぁ、あんなキャストができたら。
HENKAN1