【も】

藻(も)
横文字で言えば『ウイード』。止水の釣りをしているときに一番良く釣れるもの。特に、リトリーブの釣りをしていると、本気で魚だと思ってしまうような感触で引っかかる。大物になると2mを超えるので、ロッドも良く曲がる。フックから外すときに見えないようにすれば、端から見ている人には「あの人よく釣るなぁ」と見える。
妄想(もうそう)
『きっと、ライズが沢山・・・』『ワンキャスト・ワンヒットで・・・』等、釣り人の究極の希望的観測。そんな釣り人の口元は少し開いてえへらえへらしている。どうせすぐに絶望に囚われる運命なので、今はそっとしておいてあげるのが優しさです。
餅(もち)
絵に描いてみたり、お昼ご飯の代わりにしてみたり。
モテモテ
私のこと(?)。自分の周りに群がってくる状態を言う。異性なら嬉しいが、アブ・ブユ・ヤブ蚊・ハチなどは、御遠慮願いたい。
モード
時と場合によって『やる気ナシ〜』『爆釣〜』『トラ〜』『お手上げ〜』等がある。
最中(もなか)
最近はコンビニでよく売っているし、甘くてカロリーも高そうなので、釣りのお弁当のデザートになることも多い。但し、のどが渇くので、水分を持っていかなかったときには悲惨なことになる。
モネ
『睡蓮』なんて題名で、実はライズの絵を描いている人。・・・え、違うの?
モノマガ
『MONOマガジン』の略。殆ど買わないが、たまに暇つぶしで買うと、その直後に散財が待っている。FlyFisherとセットで買ったりしたら、今月はかなりやばい。
モービーディック
エイハブ船長の敵。フライで狙うのは、老人と海の老人が手こぎの小舟でカジキに挑戦したのの10倍ぐらい、無茶。
舫結び(もやいむすび)
引いても解けない、縮まない輪を作る結び方。舟を係留しておくのに使われた。あんまりフライに活用できる場面はない。
模様(もよう)
ヤマメならパーマークがあり、イワナなら白い斑点があるというのが一般的だが、イワナにだってパーマークはあるし、イワナの斑点も種類と地域によって様々。これにアマゴも混ざってくると、もう、説明できない。けど、釣り人はヤマメとイワナを間違えることはないし、混生域ではフッキングして最初の引き方で、大体どっちなのか解る。が、ウグイは釣れてみるまでイワナだと信じてみたりもするので、あてにはならない。
貰う(もらう)
フライフィッシャーは、何でも貰いたがるのが普通。ケンタッキーに行けば「この鳥のはね、どうしたんだろう」。動物園に行けば「あのクジャク、羽くれないかなぁ・・・」。仕事先に届いた荷物の梱包材を見て「これ、貰って帰っていい?」など。とりあえず何でも「マテリアルになるか、ならないか」でしか判断できない。
モールスキン
モグラの毛皮(mole skin)。毛皮としては結構高級なものらしいが、ミンクとあわせて、ゾンカーにするぐらいしか使い道がない上に、ゾンカーならウサギの方が良い感じなので、いよいよ使い道がなくてマテリアルボックスの肥やしになる運命。
モンカゲロウ
カゲロウ(メイフライ)の一種。大型で、特徴的な黄色をしているので、すぐに解る。と、思ったら、『フタスジモンカゲロウ』などという輩もいるので、実は解っていないのかもしれない。近年、故・西山氏の宣伝により、阿寒湖のアメマスをこのカゲロウのスーパーハッチに合わせて釣るのが大流行。
『近所の釣り場』トップへ