【み】

魅入られる(みいられる)
「〜たようになって、身動きが取れなかった」というように使う。例えば「いきなり目の前に熊が現れ、魅入られたようになって身動きが・・・」など。おお、怖い、怖い。
身入りが少ない(みいりがすくない)
自分の本業を「フライフィッシャーです」などと言い張っている人が「でも、その本業では〜んですよ・・・」というように使う。私も本業はフライフィッシャーです。
見栄(みえ)
早朝からの釣りを終えて林道を車まで戻っているとき、これから入渓する釣り人に出会って釣果を聞かれて、数を1.5倍・サイズを1.25倍ぐらいにして話すこと。但し、ボウズだったときには何倍にしてもボウズのままになってしまうので「いや、悪く無かったですよ。水量も良かったし、虫も出てたし」などと答えておく。
三日月(みかづき)
夏場のシーズン、真っ暗になるまで「まだ、イブニングだ!」と言い張って釣りを続け、それでも魚は1匹も釣れず、落ち込んで車に戻る途中に、ふと空を見上げるとそこで笑っている。ちきしょぉー!
三毛猫(みけねこ)
フライマテリアルの一種。一変に白・茶・黒3色の毛が取れるので重宝だが、問題はどうやって毛を分けてもらうかである。身近に三毛猫がいる人は挑戦していただきたい。
ミサゴ(みさご)
河口湖の遥か上空を飛んでいる鳥。時々急降下してきては、人が必死に狙っている魚を持っていってしまう。
ミッジ(みっじ)
あんまり小さすぎて、何の虫だか判断するのも嫌になるようなものの総称。フックサイズにして#20以下。冬場の管理釣り場でミッジに対するライズがひっきりなしに続くことがあるが、そんなときにはその周りに「もう、これ以上どうしようもないよぉ〜」と泣いているフライフィッシャーの屍が積み重なっている。
水(みず)
釣りをする環境に無くてはならないもの。しかも、ただあればいいというのではなく、水質や水量も大事。出来れば水深3mの大淵のそこの石がはっきり見えるような川で釣りをしたい。
ミドリカワゲラ(みどりかわげら)
えっと・・・ほれ、なんだ、カワゲラですよ・・・。
南相木(みなみあいき)
千曲川水系の支流。結構メジャーだが、ここしばらくは上のほうでダム工事をやっていたり、護岸工事が入ったりで、流れが泥に埋まってしまって釣りにならない。
見栄え(みばえ)
フライをタイイングするときにとても大事なこと。「魚を釣る」ということに関しては大差なくても、フライボックスを開けた時に使う気になるフライを巻いておかないと、フライボックスの肥やしになってしまう。
みみず
魚釣りの基本餌。有名なのはドバミミズ・シマミミズ・りんたろうミミズ。フライでもリーチパターンなんかは、どっちかというとミミズに近いと思う。
耳たぶ(みみたぶ)
冬場など、湖のフライをやっているときには、なるべく帽子か何かで保護しておきたいもの。キャストミスでフライが刺さったり、ラインでひっぱたいたりすると、それはもう・・・痛い。
見目麗しい(みめうるわしい)
自然渓流でつれた、再生産ものの魚のこと。釣れた時には濃い目の色や、ぴんととがった鰭を見ながらうっとりする。が、その日の状況によっては、管理釣り場のニジマスでも婚姻色の出たウグイでも冬場で元気のないブラックバスでも見目麗しい魚になる。
身も心も(みもこころも)
・・・全て、フライにささげて、あなたも立派なフライ廃人。
みーや
知り合いの飼っていた猫の名前。お亡くなりになったときに、少しだけ毛をもらってフライを巻いてみました。
『近所の釣り場』トップへ