【め】

目(め)
これが悪いと、フライをやるには非常に辛い。私は近眼なので、最初は眼鏡にクリップOnの偏光を付けて、次は使い捨てコンタクト&レイバンのグラス。今は、度をいれた偏光グラスを使ってます。いやぁ、苦労するなぁ。
名人(めいじん)
自分とかけ離れた腕前を持つ人。後ろから釣り上がってくるのに、自分より釣果があったり、自分より低番手のロッドを使っているのに、自分の倍の距離キャストしていたり、石に化けたりする。
名場面(めいばめん)
同行者があわせ切れさせる瞬間、先行者が沈する瞬間、隣に立ち込んでいる人の外れたロッドティップが飛んでいく瞬間、自分のフライに魚がライズする瞬間など。
メイフライ
フライの世界でカゲロウの総称。正しいフライマンはこれを見ると「えへ、えへへぇ・・・」と夢見るような目つきで追いかけ始める。川でネットを手に上を見ながら走り回っている人を見たら、間違いなく、追いかけてる。
メゴチ
キス釣りに行って外道で釣れて、でも、おいしいのでかなり嬉しかったりするお魚。フライは・・・無理だろ。
めざし
C&Eat派の人でも、「さすがに、これは・・・」となるようなサイズの魚。通常は、どこの川にもある「XXcm以下の魚は釣らないでください」というサイズを下回ったものをいう。同類に「イワシ」「メダカ」等がある。
飯(めし)
川にはいるときに車に置き忘れたり、そもそも、10km手前の最後のコンビニで購入するのを忘れてきたりしているもの。そんなとき、ポケットにはおやつのチョコレートが1つしかないのが普通。一部、背中のバッグに常に菓子パンを常備している人もいる。
雌(めす)
だいたいの特徴として、鼻先が丸い。あと、おなかの辺りも丸い。筋子が入っている。
メダカ
−>『めざし』
メタモルフォーゼ
イワナやヤマメは、この、真っ最中の水生昆虫は、とても食べやすいので、目がない。フライマンは、この、真っ最中をフライにすると、とても釣れそうなので、目がない。
メッツ
ハックルのブランドの1つ。最近はホフマン(と、ホワイティングなど、その仲間達)全盛の感があるが、ちょっと前までメッツのグリズリーと言ったらもう・・・。ハックルの張りが強いのが特徴。どこのハックルでもいいから、上手く使い分けるのが大事。
目の前(めのまえ)
色々なドラマが起こる場所。但し、『感動』とか『美談』とは余り関わりなく、『悲劇』『喜劇』の方に深い関わりを持つ。
メビウスの輪(めびうすのわ)
何処か一点から辿っていくと、いつの間にか一周して元の場所に戻ってきてしまう不思議な輪。エルクヘアから始まって、いつの間にかまた、エルクヘアに戻りがちなフライローテーションと一緒。
メメクラゲ
あれは「めめ」ではなく、「XX」と書いたのを、写植の人が間違えたと言う話を何処かで・・・って、メメクラゲは実在しないと思うので、フライの対象にはなりません。
メモ
例えば河口湖の釣果について、簡単に場所と気温と一言だけでも残しておくと、とらえどころのない湖の釣りにはとっても役に立つ。同時に、前回のことなんか何にも憶えちゃいないんだということにも気がつく。
メラ
炎の呪文の一番しょぼい奴。でも、冬の河口湖なんかでは、「あぁ、唱えられたらなぁ・・・」と思いながら、ガタガタ震えている。
メラニン色素(めらにんしきそ)
5月に入ったぐらいから、9月になるまで、標高の高い川に日焼け止めも持たずに行くと、皮膚表面に蓄積されるもの。標高の高いところの日差しは「日焼け」なんてレベルではないので、あっという間に皮がむける。日焼け止めと、帽子は忘れてはいけない。
メーリングリスト
メールを使った掲示板(何か日本語おかしいな?)。フライ関連のものも色々あるようだが、メーリングリストでも掲示板でも、例えばC&Rのこととか、すぐに『討論』ではなく『口ゲンカ』になってしまう(例外も、ある)、そして、つぶれる。かなり大人な人じゃないと、参加しても意味のないシステム。
メール
釣り人の間では、不要・・・っていうか、いっそ消えてなくなれと言う存在。理由その1,釣りに行く前にチェックしたら仕事のトラブルが通知されていがち。理由その2,釣りに行けないで腐っていたら、友人から「きょうは、凄かったよー」って携帯にメールが入りがち。
メル・クリーガー
なぜか、いつもにこやかなおっちゃん。でも、『エッセンス・オブ・フライキャスティング』は独学でキャストを理解しようとする人にはいい教材だと思います。特徴としては、シュートの直後「こっ!」って、口から音を出すこと。
目を見張る(めをみはる)
「なんじゃ、あの魚は!」「うぉぉ、アカマダラだ、スーパーハッチだ!」「ライズだ、これ全部ライズだよぉ!」等。
メンタル・トレーニング
釣り場に向かう車を運転しながら、「あのポイントのあの流れで先ず一匹・・・」と考えてみたり、前の日の番にタイイングしながら「多分あのプールでライズがあるから・・・」と考えてみたりすること。わかりやすく言うと、『妄想』である。
メンディング
流れが速くてすぐにドラグがかかってしまうとき、ラインを上流側に打ち返して、ドラグを回避すること。最初からカーブをかけて落とした方が確実。むしろ、ロッドを高く上げてラインを水面から離してしまうともっと確実。そのためにも、ロッドは8ft8inchは欲しい。
雌鳥(めんどり)
『ヘンハックル』の製造元。コックネックに比べたら、値段も安めだし、ちょっと面白い色なども多いのでついつい購入してしまいがちであるが、使い道に困ってマテリアルボックスの奥にしまい込んである内に虫がわく。
『近所の釣り場』トップへ