【ま】

間合い(まあい)
さっき、ライズのあった場所と、いま自分が立っている場所の間の距離。キャスティングに最も都合がよく、かつ、魚には気が付かれずにすむ距離である、・・・と、思っているのは自分だけ。
マインドコントロール(まいんどこんとろーる)
「釣れる〜、この川は釣れる〜、間違い無く釣れる〜・・・だって、もう、年券買っちゃったもの」という具合に、自分を追い込んでいくこと。
任せる(まかせる)
友人との釣行で、とても取れそうも無いライズを見つけ、このライズにはまるぐらいならもう一つ上の落ち込みを攻めたいときに「ここは、遠慮して君に〜よ」というように使う。友人がキャストをはじめたら、「1つ上に行ってるね」とすかさずおいしそうなポイントへと向かう。
間が悪い(まがわるい)
「尺岩魚が釣れた、けど、カメラを持ってきていない」「休みが取れた、けど、台風接近中」「欲しかったロッドが5割引、けど、給料日前」など。
まじまじ
忍野のヤマメがフライを観察する様子。観察は22ftのティペットをもってしてもナチュラルドリフトができなくなるまで続く。決して、食いつくことは無い。
鱒(ます)
フライのメインターゲット。「あぶらびれ」と呼ばれる魔法の鰭を持つ魚。フライフィッシャーはこれを目にすると、狂う。
マゾ(まぞ)
わざわざ、魚に見破られやすい疑似餌を使い、魚に見切られやすいラインを使い、悪天候でも厳冬季の湖でもあきらめず、魚がいるかどうかもわからない川や湖を一日中睨み続ける我々のこと。もちろん、報われることも少ない。
待つ(まつ)
待つ。ただひたすら待つ。信じていれば、信じてキャストとリトリーブを続けていれば、信じていられる間は釣りが出来る。釣れるかどうかは、この際問題ではない。
マテリアル(まてりある)
鳥の羽、獣毛に始まってシンセティックと呼ばれる人造の繊維やフィルムまで、フライをタイイングする際に使用する様々な材料。入手方法も「フライのお店で購入」という一般的なものから、「動物園で下を見て歩く」「裏山で撃ってくる」「ポチにお願いする」「ユザワヤで購入する」など色々ある。
的(まと)
数人で釣行して、朝の釣りを終わってちょっと暇が出来たようなとき、みんなで遊んでいるときに設定されるもの。「あの、葉っぱがポイントね」などと言いながら、葉っぱと2mぐらいずれたところにフライをキャストして遊ぶ。
まぬけ
ティペットの交換を怠ってあわせ切れしたとき。浮いてくる魚が見えて、つい、早合わせしてすっぽ抜けた時。出がけに慌てていて、リールを持ってくるのを忘れたとき。そんなときに自分に向かって言う言葉。
真似(まね)
とりあえず、最初はこれをやっておけば、自然渓流で最初の1匹を釣り上げる日が近くなる。誰か、有名人の真似でもいいし、身近のうまい人の真似でもいい。自己流で上達しようと思っても、既に数百年積み上げられたフライフィッシングのノウハウを会得するのは、おそらく次の千年女王が現れる頃になる。
マーブルトラウト(まーぶるとらうと)
フライの対象魚の一種。ブルックトラウトに似ている。ブルックトラウトはイワナに似ている。
魔法(まほう)
釣り人がその存在を信じて疑わないもの。特に、魔法そのものより、魔力の掛かったアイテムの存在を信じる。あなたの手元にも、1つや2つ、魔法のかかったロッドや、魔力を持ったフライが有るはずだ。
魔物(まもの)
千曲、道志、忍野、丹沢、河口湖、寒河江、札掛などに住み、雨を降らせたり大雨を降らせたり雪を降らせたりする。一人で川に入っているときには、意味もなく後ろを横切ったり、森の奥でゴソゴソしていたりもする。
まやかし
魚にとっては餌に見えるフライ。人間にとってはライズに見える水面のよれや雨粒。
マラブー(まらぶー)
湖のフライに欠かせないマテリアル。上手に使うと、水中で何とも言えない生命感を醸し出す。下手に使うと、フックと言わずリーダーと言わず絡みまくって始末に負えない。安いので、ついつい引き出し一杯に購入してしまったりしがちである。
マラードダック
綺麗な羽。・・・え、具体的に?あれですよ、ほら、ウエットなんかに使う模様入りの羽のちっちゃいやつ。使う場所さえわかっていれば、レモンウッドダックと区別が付かなくても問題はない。
マリエット(まりえっと)
タイイングツールなどを作っているメーカー。あなたの手元にも、1つや2つや3つや4つ以上、ここのものがあるはずです。
丸ごと(まるごと)
=コンプリート。マテリアルの入手単位。ハックルは通常コンプリートで手に入れる為こうは言わない。通常はパートリッジやジャングルコックなどの小さめの鳥について使う。強者になると、ピーコックコンプリートやエルク・ディアコンプリート等に手を出してみたりするらしいが・・・そういう人はかなり壊れている。
間を取る(間を取る)
ライズを見つけて、すかさずキャスト・・・出ず。の、後にすぐに連続でキャストしないで、出なかった原因を探りつつちょっと考えること。ライズが小さい魚のものである場合にはちゃんとできる。見るからに大きな魚のライズになると、絶対にできなくて下手な連続キャストでライズが止まる。
『近所の釣り場』トップへ