【く】

クイル
ピーコック、コンドル、ヘンフェザントなどの羽のこと。主にウエットフライのウイングに使用される。美しいウエットを巻きたければ、安物を使ってケチらない方がよい。
クイルボディ
コンドルクイルなどをシャンクに巻き付けて、独特のボリューム感を持ったボディを作ること。3回に1回は巻いている途中で切れる。
口(くち)
フライが掛かることが一番多い部分。約50%はここに掛かる。残りは、腹鰭、胸鰭、背鰭など。
口を使う(くちをつかう)
通常「口を使わない」と使う。魚が年次休暇を取っていて、目の前をフライが流れても「イヤイヤ」をする状況のこと。
国鱒(くにます)
何処かの湖で、「生きたまま持ってきたら100万円」とか懸賞を付けていたことがある。
熊(くま)
出来れば・・・っていうか、絶対に会いたくない山の住人。関東近辺だとあまりリアルではないが、東北などに行くと本気で怖い。まぁ、阿寒湖辺りでは観光客が餌を投げ与えるらしいから、本当に怖いのは人間の無知っぷりかもしれない。
蜘蛛の巣(くものす)
ティペットを切るために渓流にかけられている目に見えないナイフ。不思議なくらいにすっぱりとティペットが切れる。希に顔面直撃を受けたりして腹が立つが、直後に「と、言うことは今日は先行者なしだな」と嬉しくなる。
クリックドラグ
ディスクブレーキに対して、ラチェットを使ったドラグシステムのこと。ブレーキ性能は間違いなくディスクに劣るが、使っているときには周囲に「じぃーっ!!」っと音が鳴り響くため、人気がある。
クロウ
カラス。マテリアルでたまに扱っているところがある。あんまり人気がない。
苦労(くろう)
【く】で始まる用語が思いつかなくて、頭をひねること。
クロマダラ
カゲロウの一種。とりあえず黒っぽいらしい。
HENKAN1