【き】

木(き)
渓流のフライって言えば、やっぱりこれでしょう。釣れるもんねぇ、よく。
気合い(きあい)
空回りする。無駄になる。入りすぎてあわせ切れする。だいたいは、その内のどれか。
黄色(きいろ)
おかしな色のようで、テレストリアル系を中心によく使い、かつ、よく釣れる色。イエローサリーなんかが有名か?ドライでも、結構釣れる色。蜂やハッチしたてのメイフライなんかによくある色だからでしょう。
効く(きく)
「このフライは、無理して買った#1のハックルを新発売のフックに巻いて、しかも・・・」なんて言う理屈を付けて、手に持ったフライが魚にアピールすることを信じ込む行為。
希少品(きしょうひん)
「ちょっと欲しいな」が「何が何でも欲しい」になる不思議なスパイス。高価なマテリアルやら、バンブーロッドやら、クラシックなリールやら・・・。類似に「シリアルナンバー入り」「期間限定」がある。
キーチェーン
背中に付けて、ネットをぶら下げておくもの。常に後10cm長さが足りない。
きちがい
あ、放送禁止用語か?まぁ、この場合差別語ではないからいいでしょう。もちろん釣り人のこと。最も有名なのは三平君。
きつい
えらい・ぬるぐね・等と同意。パラダイスゾーンへの道のりや、ボウズを食らった帰り道の運転のこと。
絹(きぬ)
−>シルク
記念写真(きねんしゃしん)
釣った魚の大物度に反比例して取れなくなるもの。ネイティブの尺岩魚なぞ釣った日には、カメラ自体持っていないか、持っていてもフィルムが入っていないか、さもなければ電池が切れている。
昨日(きのう)
常に条件が良くて、良く釣れる。「明日」「先週」「昨年」「後1週間」も同様。
決まり事(きまりごと)
ルール、もしくは「大物が出たときには、合わせ切れする」「やっとライズを見つけたときにはニンフに替えている」等の、フライの約束事。
キャンプ
釣行費用を安く上げようとして、結局釣りをする気がなくなってしまう危険な手段。特に、ビブリッジ(「捜し物は何ですか」参照)は危険。
煌めき(きらめき)
よく、ウエットやニンフの達人が「魚帯の煌めきを見て合わせて・・・」等と言っているが、見えないってそんなもの。
キールフック
フックを通常とは上下逆にしたフライパターンのこと、もしくはそれ用のフライフック。フックポイントが水中に入らないために、うまくやれば魚からみてリアルなフライができあがる。普通は、上下が逆さまのフライになる。
際(きわ)
魚釣りには重要な要素。「落ち込みの際」「日没間際」等。
金球フライ(きんたまふらい)
ビーズヘッドフライのこと。俗に「金球」と呼ばれる主に真鍮製のビーズをヘッドにくくりつけてある。光を反射する効果はもちろんだが、それよりもフライが頭から沈むようなバランスが良いようだ。
キンク
ティペットやリーダーに無理な力が掛かって、ちりちりの状態になってしまうこと。ウインドノットの置きみやげ。
銀毛(ぎんけ)
漢字合ってるかな?「銀化」かもしれない。スモルトのこと。ヤマメなどが降海するときに体色が銀色一色になること。桜鱒や五月鱒が有名。
HENKAN1