【ふ】

不安(ふあん)
釣行前には感じない。午前中いっぱい感じない。午後になると少し感じる。イブニングになると「どぉしよぉ〜、このままじゃボウズだぁ〜」となる。
ファン(ふぁん)
対象は岩井さんだったり、田代さんだったり、沢田さんだったり、里見さんだったり、杉坂さんだったり・・・。あまり、のめり込み過ぎるのは考えもの。不思議と西山さん・芦沢さん・開口さんなどは、あまり「のめっている」話は聞かない。ちなみに私のベストには『LuckyStrike』のワッペンが張り付いている横に、岩井さんのサインがあり、CDCはジョルジオベネッキを使う・・・節操がないなぁ。
ブイ(ぶい)
フロートチューブで河口湖のポイント移動をしているとき、突然ぶつかって驚くもの。大抵、下に太いロープが張ってあり、ルアーが沢山ついているので、回収してコレクションすべし。
笛(ふえ)
東北や北海道で釣りをするとき「怖いから」という理由で持つもの。もちろん、熊避けだが、ぴーぴーと吹きまくっていて、山菜取りのおっちゃんでも出てきた日には恥ずかしいだろうなぁ。
フォーセップ(ふぉーせっぷ)
ベストにつけておいて、なくすものランキングNo.1。「水温計」「年券入れ」を抑えて堂々の1位。要は小さなペンチであるが、魚体に触れずにフックを外す、フライをフロータントにどぶ付けする、など、利用範囲は広い。はさみがついているものが、案外お勧め。
フォルスキャスト(ふぉるすきゃすと)
ピックアップから次にフライを落とすまでの間のこと。フライの水気を取ったり、フライを落とすポイントまでの距離を測ったり、後ろの木を釣ったり、魚を驚かせて追い散らすために行う。
フキノトウ(ふきのとう)
早春に生える味噌汁の具。渓流釣りをしながら、山菜を取ることは時と場合によっては危険な行為なので気をつけましょう。山菜取りも、面白いんですかねぇ・・・?それはそれとして、フキノトウを見て「む、きれいなチャートリュース色だ。何かに使えないか・・・?」と思うのは、私だけではないはずだ。
不器用(ぶきよう)
ハックルが前後に360度拡がる、クイルウイングが互い違いになる、テールがディバイド出来ない、フライがあさっての方角に飛んでいく、ダブルホールするとどんどんラインからパワーが抜けていく、など。
富士五湖(ふじごこ)
山中湖・河口湖・西湖・精進湖・本栖湖のこと。山梨県の富士山を取り囲むようにしてある。夏場はバスの人で大変なことになっているので近寄りがたいが、冬場は河口湖でニジマスを狙う。今は往年の面影も無く冬場はごく一部のポイントを除いて貸しきり状態。釣果も推して知るべし。
札(ふだ)
釣りとは切っても切れない関係にあるもの。日釣り券・年券もそうだし、管理釣り場でも渡される。釣りをするときには、大抵一枚は背中についている。ついていない人は、駄目な人。但し、地方の渓流では1時間以上かかってやっと見つけた入漁券売り場が普通の民家で、しかも、留守だったりするので、一概にそうとも言い切れない。
札掛(ふだかけ)
言わずと知れた『国民宿舎丹沢ホーム・札掛渓流釣り場』のこと。まさか、このHPを見に来ておいて、知らないとは言わないでしょうね?トップページから詳しい解説がありますのでどうぞ。
札掛マニア(ふだかけまにあ)
自然渓流では、釣れない。でも、RS早戸川や東山湖で釣るのはもう飽きた。どこかに、自然渓流だけど、魚はつれるところはないか・・・と悩んでいた人が、一回札掛に行くとなる状態。今に「XXの入渓点から入って、すぐ上流の右カーブを曲がったすぐ上の開き、左岸側に沈み石がギリギリ頭を出しているところ・・・」なんていう会話も出来るようになる。
普通のフライ(ふつうのふらい)
あたりパターンのフライを尋ねられたときの返事。「スタンダードパターンの#14だよ」という意味の時と、「おまえにゃぁ、教えねぇ」という意味の時があるので、相手の表情をよく観察して判断しましょう。
フッキング(ふっきんぐ)
魚がフライにかかること。たまに、魚がフライを口にしたときの「あわせ」という動作によることがあるが、しばしば「あわせ」とはまったく関係なくかかったりする。フライの流し方が悪くて魚がフライをくわえられなかった場合も「フッキングミス」と言っておけば何とか格好がつく。
フック(ふっく)
フライの本体。たまに、限りなくフライそのものであったりする場合もある。最近は、色つきのフックなんかもあるようですし。小は1mmちょいから、大は5cm程度のものまである。意味も無く大小・各種取り混ぜて50個ぐらい持っているのが普通。但し、使うのはそのうち5,6種類。
不動明王(ふどうみょうおう)
十二神将の一(?)。片手にロッド、もう一方にラインを持ち、今まさにキャストしようとしている姿の彫刻が多い。
船酔い(ふなよい)
鎌倉在住の私を海釣りから遠ざけている一因。もはや、自力ではいかんともしがたい。
ブナ虫(ぶなむし)
ブナの森に囲まれた気持ちのいい渓流で、新緑の頃、とても気持ちよく釣りをしていると、上から落ちてきて首筋に入ったりするもの。色だけは、綺麗。でもストマックから出てきたりすると、やっぱり驚く。
不便(ふべん)
で、あればあるほど、魚の釣れる確率が上がっていく。具体的には、車をとめてから1時間以上歩くぐらいのところから、よく、釣れるようになって行く。1時間が、1日になると、かなり釣れる。でも、それでも、釣り人がいないわけではない。下手な沢屋さんよりすごいとこまで行くんじゃなかろうか?
踏み後(ふみあと)
渓流を釣りあがっていて「おかしいなぁ、まったく反応なしか?」と気になってきた頃に見つけるもの。これを見落とすと、川から上がるのにかなり苦労をしなければならない場所まで釣りあがってから、先行者と出会うことになる。
冬(ふゆ)
渓流のオフシーズン、湖(河口湖)のオンシーズン。フライを巻きためたり、ロッドやネットを作るのも大事だが、釣りをすることが一番大事。湖に行かない人は、管理釣り場のプールで#32フライのミッジングをすること。
蚋(ぶゆ)
日本でもっとも恐ろしい虫。まっ黒で2mmぐらいの大きさ。形はハエに似ている。たちが悪いことに、水生昆虫らしいので、釣り人が出会う確立は高い。刺された瞬間「ちくっ!」っと痛み、1mmほどの大きさの丸い傷から出血する。5分で周囲2cmがぷっくりと腫れ上がり、その後24時間以内に腕でも足でもドラえもんになる。ほおっておくと、腫れが数ヶ月、かゆみが断続的に数年続くこともある。刺されたら、何はともあれ毒を吸い出して、副腎皮質ホルモン剤を塗るしかない。
フライ(ふらい)
いまさら、何をかいわんや。
フライフィッシャー(ふらいふぃっしゃー)
=駄目人間。と、まではいかないが、世間一般から見ると、多分にそのけはあるようだ。が、それでいいのだ。
フラッタリング(ふらったりんぐ)
ヒゲナガなどが水面を駆け回る様子。V字の波を立て、いい勢いで左右に回りながら走り回る。イブニングの、薄暗くなってからのことなので、ぼぉっとしていると気が付かずに、突然始まったものすごいライズに慌てふためくことになる。
ブルーギル(ぶるーぎる)
エラ蓋の先端が青くなっているのでこう呼ばれる。繁殖力はものすごく、ブラックバスの違法放流に混じって今では全国どこにでもいる。湖などでエルクヘアを投げ込んでやれば、1群れ全部釣り上げることも可能な魚。
ブルーネック(ぶるーねっく)
ピーコック(孔雀)の首筋に生えている、メタリックブルーに輝く羽。キングオブアレキサンドラなど、派手目のウエットに使用される。丸ごと1枚使ってしまうようなことが多い割には、結構高いし、1袋に自分の使いたい大きさはそうたくさん入っているものでもない。かといって、ピーコックのコンプリートスキンを購入するのは、いろんな意味で勇気が必要。
フロータント(ふろーたんと)
巻き方が下手糞で、まともに浮かないフライを何とか水面に留めておくためのなぞの薬品。ジェル状・リキッド状・粉末状とそのバリエーションがある。使い方を間違えてCDCのフライにジェル状のフロータントを塗ったりすると、かけらも浮かなくなる。
フローティングライン(ふろーてぃんぐらいん)
フライラインの種類で、浮かばせるように設計されていて、よく沈むもの。逆の設計がされているものがシンキングラインで、これがまた、よく浮く。
フロートチューブ(ふろーとちゅーぶ)
湖で魚が釣れないので、何か他の楽しみ方を考えつかなければならなくなった人の新しいおもちゃ。やってみると、これが、面白くて、すっかり釣りを忘れる。湖へのエントリー時には「アヒルの大将、出航〜!」と叫ばなければならない。
不惑(ふわく)
・・・の年齢になっても、魚に惑わされっぱなしなんでしょうね、我々は。
HENKAN1