【ほ】

ボ(ぼ)
ネットなどで魚が一匹も釣れなかった「ボウズ」を表現する言葉。
ボア(ぼあ)
防寒着の襟元についている、ヘア系のマテリアル。安物だと、シンセティックなので、気を付けましょう。
ボーイスカウト(ぼーいすかうと)
ロールマット一枚あれば高速のSAのベンチで眠ることを快適と感じ、釣りの間に喉が乾いたら川の水を飲む。大災害があっても、生き残る率が高そうな、そんな人間を作るのに役立つ(?)活動。
ホイットレー(ほいっとれー)
高価で、何となくかっこよくて、所有欲を満足させるためにあるアルミ製のフライボックス。もちろん、中に入れるのはフルドレッシングのウエットフライで御願いします。
ホイミ(ほいみ)
泊りがけの釣行で、最終日となる3日目までボウズのままで、最後になってやっと5寸ちょっとの岩魚がつれた状態。少し、癒されるが、それでもHP(この場合、ヒットポイントね)は無くなる寸前。
ボウズ(ぼうず)
・・・うぅ、聞かないで・・・。って、でも、今シーズンは自然渓流ではボウズくらってないかな?もちろん、1日に数本の川に行ったときには、そのどれかの川で釣れればボウズじゃありません。
ほえ面(ほえずら)
同行者がその日最初の魚とか、尺岩魚とか、そういうものを釣り上げたとき、「ちきしょぉー、あとで〜かくなよ!」というように使う賞賛の言葉。
頬が緩む(ほおがゆるむ)
「でへ、ライズだぁ・・・」「でへへ、ハッチだぁ・・・」など。
帆掛け舟(ほかけぶね)
水面羽化のメイフライが流れていく様。最初は「おぉっ、ハッチの瞬間見たりっ!」と喜ぶが、一瞬後には「食われねぇかな・・・ばしゃっと来ないかな・・・」とメイフライにとっては大変迷惑なことを期待している。
朗らか(ほがらか)
その日の釣りを始める前の釣り人の表情。その日の釣りを終える頃には「鬼気迫る」になっている。
ホクホク顔(ほくほくがお)
釣りを始めて5分もしない内に、その日最初のライズを見付けた釣り人の表情。1時間後には「鬼気迫る」になっている。
ほぐす
ウインドノットや、キャストミスなどでこんがらがったティペットの復旧作業。実際には、諦めてリーダーごと付け替える気になるまでの悪あがきである。
保険(ほけん)
道志川に対するハイブリッドや裏丹沢。河口湖・本栖湖に対する東山湖。一般化すると「自然渓流(湖)に対する管理釣り場」。まれに、温泉だったり、うまい食い物屋だったりすることもあり。
矛先(ほこさき)
「釣れねぇのは、河川改修工事のせいだ」「いや、天気のせいだ!」など、責任転嫁をする先。最終的には「郵便ポストが赤いのも、電信柱が高いのも、み〜んなおまえが悪いんだ!」などと、とち狂う。
ボサ(ぼさ)
夏場、支流に入り込むときにかき分けなければならない葦やらなんやら。支流に入ってもかき分けることもあり、たまに、かき分けきれずに諦めることもある。そんなわけで入渓者が少ないので、人によっては大好きだったりもする。
ボス(ぼす)
ポンドタイプの管理釣り場などで、ひときわ目立って大きい魚のこと。ドライだろうが、ウエットだろうが、ニンフだろうが、何をやっても釣れなかったら間違いなくボスである。ボスを相手にする場合経験値を貯めて特殊なアイテムを持っていかなければならないので、必ずセーブしてから行くこと。
細くする(ほそくする)
シビアな魚にティペットを見きられるので、6xから8xにティペットサイズを落とす行為のこと。あわせ切れの準備段階である。
臍を噛む(ほぞをかむ)
「落ち込みの向こう側、対岸の巻き返しに3秒浮かべてられれば釣れるのにぃ」と言いながら、0.5秒でフライを流されている釣り人の状態。
没(ぼつ)
釣行前夜、寝ぼけ眼でタイイングしておいたフライが、いざ、現地入りしてみると「・・・使えねーよ、こんなの」となっていること。ただし、その場でフライボックスから外されることはなく、ボックスの肥やしとして余生を送る。
ボート(ぼーと)
湖のフライは立ち込みでやる方が面白いが、魚が沖を回遊しているときには必要になるもの。芦ノ湖辺りだと立ちこめる場所が少ないので、必須のものだったりもする。ただし、ボートはあまり面白くないので、オープンデッキのカナディアンカヌーかフロートチューブにしておいた方がよい。
ホヤ(ほや)
謎の生き物、どうやってもフライの対象にはならないでしょう。
ぼーやだからさ
「何で釣れないんだぁ〜」「ぼーやだからさ」。「なぜそこで見切る〜」「ぼーやだからさ」。「何が気に入らないって言うんだ〜」「ぼーやだからさ」。など。ただしこの台詞を吐くときには、何かしら「赤い」ものを持っていなければならない。
法螺(ほら)
釣り人の口から出る言葉全て。間違っても信用してはいけない。特に、魚のサイズや数の話は、事実も根拠も全くないのが普通。詳しくは「パブロフの鱒」を見よ。
鰡(ぼら)
チャムで寄せて、防波堤から釣る。大物はかなり楽しませてくれるようだ。問題は、1人でこませを撒きながら、釣りをすることができない(らしい)こと。対象魚の数が多いだけに、海のフライとしては面白いのかもしれない。
ボーリング(ぼーりんぐ)
地域活性化の為に釣り人を引き寄せる必要に迫られて、穴を掘ってトンネルを作ってみたり、穴を掘って温泉を探してみたりする行為。
ぼる
「手作りのオリジナルネット68000円」とか「XXさん作成のバンブーロッド500000円」とか。とりあえずは、手の出ないものに対して使う。たまに入漁券でぼられることもある。特に、よく知らないで行ったはじめての管理釣り場とか。
ぼろ雑巾(ぼろぞうきん)
過密飼育の虹鱒が放流されている爆釣系管理釣り場で、胸鰭も尾びれもほとんど無いような虹鱒に対する蔑称。虹鱒に罪は無いので、そんな呼び方をしてはいけない。
ボを回避(ぼをかいひ)
朝一には「やっぱ、ドライでしょ!」とか言っていたが、そろそろやばくなってきたのでニンフやウエットを使いたくなってきたときに多用される言い訳。「〜が優先でしょ」のように使う。
本(ほん)
釣りがらみの本は、どんどん増殖していくようになっている。すでに、本棚や押入れは一杯だし、この先どうしよう・・・。
HENKAN1