【ひ】

非(ひ)
ほぼ100%自分にあるもの。たとえば「面倒で、ティペットの交換を怠った」「集中力を欠いて適当にフライを流してしまった」「家を出るとき、バッグにリールが入っているか確認しなかった」「上流の渡渉点まで遠かったので、何とか渡ってしまおうと思った」「前の日の晩、つい、呑んでしまった」など・・・。
火(ひ)
喫煙者にとって、もっとも大事で、かつ、最も忘れやすいもの。しかも、忘れたことに気が付くのは、車を離れて苦労して川に下りて、もう戻れないほど釣りあがって、しかも、釣れなくていらいらし始めたころと相場が決まっている。
ヒィ〜(ひぃ〜)
ボサを掻き分けている時、目の前5cmにでっかい毛虫がいた。堰堤の登り口に手をかけたらでっかい蛇がいた。川岸で休んでいたらでっかいカワゲラが音を立てて飛んできた。など、「でっかい」系のものを見たときの叫び声。
悲運(ひうん)
気を抜いた瞬間にその日最大の魚が出る。無理して有給を取って、宿もばっちり予約してある遠征の日に向かって台風がやってくる。等の、ありがちなこと。
ヒカリ(ひかり)
枕詞は「ひさかたの」。・・・ではなく、長良川辺りが有名なヤマメのちっちゃいの。全身銀色をしているのでこのように呼ばれる。本当は、サクラマス(サツキマスの方か?)のちっちゃいのと言った方がいいのかな?この場合の枕詞は是非「激寒の」とか「大雪の」とかにするべきである。
引き(ひき)
渓流のフライではなかなか味わえない。が、8寸ぐらいの魚に流心にもぐられると、たっぷり味わえる上に大抵ばらす。ばらした後には、強烈な引きの印象だけが残るので、8寸の魚は「尺上」になる。
ヒグラシ(ひぐらし)
1人での釣行のとき、山深く分け入って、イブニングに周りで大合唱されると、かなり怖くなってくる。
ヒゲナガ(ひげなが)
『ヒゲナガカワトビゲラ』の略。特徴としは「大きい」「水面を走り回る」。忍野辺りではイブニングにこいつが出てくれないと、その日1日ボウズになってしまう人がいっぱいいる。その代わり、大規模なハッチに出会うと、昼間の警戒心がうそのようにばっくんばっくん食ってくれるので、一度味わうと忘れられない。
非行(ひこう)
一昔前は、若造がリーゼントにすることだったが、今は、サラリーマンが平日に釣りに出かけること。「平日だから、釣り場独占だぁ〜」と思って釣り場に着いてみると、案外、同じことを考えているやつがいっぱいいて、がっくりする。
膝(ひざ)
渓流でのウエーディングの限界。特に渡渉時にこれ以上立ちこむときには、カメラ・無線機・財布など、濡れてはいけないものは防水の袋に入れてからにすることをお勧めする。さもないと「川の流れってすごい力なんだなぁ・・・」と反省する羽目になる、はず。ちなみに湖では『ヘソ上3寸』が限界となる。
久しぶり(ひさしぶり)
意味も無く釣れる気になるキーワード。類型は「遠かった」「1時間歩いた」「平日」「雨が降った」「晴れた」「風が吹いた」「ロッドを買った」「リールを買った」「ラインを買った」「リーダーを買った」など、無数にある。
美人(びじん)
あまり川や湖に生息する種類ではない(「リゾート」と名がつけば別だが、今度は釣り人がそういったところには生息していない)ので、ヤマメやイワナを指して表現することが多いようである。
美辞麗句(びじれいく)
お気に入りの川を語るときに、ちりばめるもの。但し、語る相手は、なるべくその川に来なさそうな人である方がよい。次の週末にでも来そうな人に語る場合、ちりばめ度合いは少し落ちる。
ヒステリー(ひすてりー)
ボサ川を釣っているとき、あんまりに釣れなくて、クモの巣も多くて、フライは引っかかってなくなるし、やっとフライを交換して、その1投目でまた後ろのボサに引っ掛けたときなどに、陥る状態。タバコでも吸って少し落ち着かないと、フライがなくなっていくばかり・・・。
秘蔵(ひぞう)
ホフマンハックルのプラチナグレード・ジャングルコックのコンプリート・ポーラーベア・手芸用品屋で見つけたウイング材など。清水の舞台から飛び降りまくって購入したものが多いが、そのために却って使いづらく、マテリアルケースに鎮座ましましていることが多い。
ひたすら
「やや上流に、えぐり込むようにしてフライを落とすべしっ!べしべしっ!」。もしくは、管理釣り場から出たての人が自然渓流で同じ場所にインジケーターを流しつづけているのを見た感想。
左カーブ(ひだりかーぶ)
上流を左手に見て川岸に立っている場合、流心をまたいで釣るためにラインを上流側に膨らませて落とすこと。ラインを3,4mしか出さない小渓流の場合、そんなことするよりロッドを高い位置で保持したほうが早い。どうせ、やってもうまくいかない。
左手(ひだりて)
横文字で言うと「ラインハンド」となる。ラインを操作する側の手ということだが、私の場合リールファイトをするときにはロッドを持つ側の手になる。だって、左手だとうまくリールが巻けないから。
秘伝(ひでん)
フライより、テンカラなどにありそう。昔の川漁師の世界ではまじめなものもあったんだろうが、今は、釣り人全員が1つ以上持っている「自分だけがやっている」もしくは「自分が編み出した」と思っている、誰でもやる小技のこと。
非道(ひどう)
フライに光り物を沢山つける。マラブーを使ったフライを流心で逆引きする。「ドロッパーシステムだ!」と主張して、サビキ仕掛けで釣りをする。「これはマテリアルだ!」と主張して、生イクラをフックにつける。「俺は、禁漁区で釣りをしていない!」と禁漁区の外から禁漁区に向かってキャストする。など。・・・後半は単なるルール違反。
避難所(ひなんじょ)
道志川に対する裏丹沢渓流釣り場。河口湖に対する東山湖。など。共通するのは「自然渓流(湖)対管理釣り場」。まさに、逃げ落ちる先である。
ひねくれ者(ひねくれもの)
わざわざ、フライなんて釣り方をしているあなたや私のことです。その、ひねたところが楽しいんですけどね。
ビビッと来た(びびっときた)
たまたまフライを落としたポイントから、いい魚を釣ってしまったとき、何とかしてちゃんと釣ったんだということを主張したくて言う言葉。他に「匂いがした」「引っかかるものがあった」などがある。
皮膚(ひふ)
人間のものはフロータントにまみれようが、タバコの火で焼こうが、どうせすぐ治るのでどうでもいいが、魚のもの(正確には粘膜)はちょっと擦っただけで取れてしまい、しかも、そのときは元気に泳いでいってもしばらくしてから白カビ君になってしまうので、リリースには気をつけたい。
非凡(ひぼん)
「〜な才能」であればよいが、「〜なフライ」となると怪しくなってくる。
暇(ひま)
そんなものは、ない。もし、あっても釣りに行く。
皮膜(ひまく)
あるものを取り巻く周りの薄い部分。ラインの皮膜はひび割れる。フライの皮膜はすぐに取れて浮かなくなる。
美味(びみ)
カゲロウやカワゲラはどうやっても美味しそうには見えない。トビゲラのお腹の辺りや蟻などは「もしかしたら?」と思えなくもない。どっちにしろ、魚の気持ちはわからない。
紐(ひも)
「フライをやってます」と言ったとき、フライを知らない人が言う言葉。「あぁ、あの、なんか紐振り回すやつでしょ?」。新体操ではないと言うことだけ、理解してもらいたい。
病気(びょうき)
このHPを見に来る人で、何のことか解らないようなら、自覚症状がないということなので気をつけましょう。病気は病気でも、フライ病は楽しいのでよし。亜種として「ドライ病」「大物病」「海外遠征病」「マテリアル収集病」などがある。
開き(ひらき)
渓流で、落ち込みの泡が消えた辺りから下のこと。通常、魚が最も好む場所であることが多い。但し、プレッシャーなどの具合によって、同じ開きでも変な流れの筋にいたりすることもある。さらに、ここにいる魚を釣るためには、ストーキングとキャストに気を使う必要があり、普通「魚が釣れる場所」ではなく「魚が逃げていくのを見る場所」である。
蛭(ひる)
梅雨前後の時期に渓流で釣りをしていると、いつのまにか張り付いているもの。よく、タバコの葉を押し付けると取れるなどというが、そんなことをしてもすぐには取れない。指先で思いっきり弾き飛ばすか、一番いいのは塩をかけること。一発で取れます・・・が、釣りのたびに塩を持ち歩くわけにもなぁ・・・。山によっている所といない所にはっきり分かれる。
昼(ひる)
夏場、朝一から釣っている場合には、そろそろ帰り始める人もいる時間。ちょっと遠征組はもったいないので、お昼寝してイブニングに備える。私の場合、釣りを始める時間だったりする。
昼飯(ひるめし)
至福の時間。行きがけのコンビニで購入したおにぎりとゆで卵と魚肉ソーセージが、豪華なご馳走になってあなたを待っている。普段動かさない体を適度に動かしているので、ほんとに美味しい。デザートには「たらみのゼリー」を食すべし。
鰭(ひれ)
釣り人にとって、時として魚の大きさよりも重要なもの。特に重要なもののキーワードとして「アブラ鰭」「鰭ピン」などがある。
鰭ピン(ひれぴん)
特に胸鰭と尾びれに養殖魚の面影を残す丸みが無いことで、それぞれの末端が尖っており、しかも、大きければ大きいほど良い。「鰭ピンの8寸」と「鰭ぼろ君の尺」のどっちがいいかと言われれば、もちろん・・・尺がいいなぁ、私は。
鰭ぼろ君(ひれぼろくん)
主に形容詞として「〜のニジマス」のように使う。爆釣系管理釣り場などでよく見かける。魚が悪いわけではなく、過密状態の養殖によるものなのだが・・・そうなるのは、結局釣り人の需要があるからで・・・悪いのは誰だ?早く、流れになじんでくれるといいな。
日を改める(ひをあらためる)
「このライズは、取れないから」「水量が多いから」「天気がよくなったら」「気温が上がったら(下がったら)」「人が少ないときに」「魚がいるときに」「もっと短いロッドを買ってから」「もっと高番手のロッドを買ってから」などなど・・・
瓶(びん)
フロータントが入っていたり、ストマックの中身が入っていたり、フライフィッシャーのベストの中に大小取り混ぜて沢山入っているもの。たまに、川岸で先週から出し忘れていたストマックの中身を捨てて「臭くなっちゃったかな?」と瓶の匂いをかいで、思わず失神しそうになっている人を見かける。
貧果(ひんか)
通常の釣果のこと。ちなみに、1匹でも釣れた場合は「いい釣りが出来た」。3匹以上なら「爆釣」である。
HENKAN1