【へ】

屁(へ)
ウエーダーの中で「こく」と、そのときは平気だが、ウエーダーを脱ぐときになってほんのり香ってみたりするもの。
ヘア(へあ)
フライマテリアルの一種で、さまざまな動物の毛(皮つき)のこと。「〜ヘア」と呼ばれるものは、主に鹿系統のもの。ウサギや羊は「〜スキン」や「〜ファー」と呼ばれる。
ベア(べあ)
フライでは馴染み深い「ベア」が2種類ある。1つはストリーマーのマテリアルである『ポーラーベア(北極熊)』もう一つは、東北・北海道で出会ってしまいそうで恐ろしい「熊さん」前者は動物園でしか見られないが、後者は何も考えずに遠征に行けば会えるかもしれない。但し、山菜取りの爺さんとの見分けが難しい。
ベクトル(べくとる)
フォルスキャストの間は一定方向を向いていて、いざ、シュートしようとして力が入ると、あさっての方角に向くもの。修正する方法は、ない。あったら教えてほしい。
舳先(へさき)
船の先端部分。湖でローボートを借りたときに、ここでキャストすると、バランスが悪くてひっくり返る。湖に出ているのはたいてい寒いシーズンなので、山盛りの後悔がセットで付いてくる。
臍(へそ)
ほ乳類の証。故に、魚にはない。もし、見つけてしまったら、それは魚ではないので、速やかにリリースするのが身のためである。
下手(へた)
ん?呼んだ?
下手糞(へたくそ)
フライをよりいっそう楽しめる人のこと。まったく釣れないと面白くないが、ある程度釣れる中ではより釣れない方が楽しめるので、因果な商売である。
ヘッド&テール(へっどあんどてーる)
ライズの一形態。魚が頭−>背びれ−>尾びれと、がっぽりライズする様。こんなライズを発見した日にゃぁ、もう、興奮しまくってあさっての方向にフライをキャストして、ライズがぴたりと止まる結果になる。
へづる
渓流で、大岩の側面や岸際の崖をわずかな足がかりを頼りに回りこむこと。巻き道があっても、かなり登らなくてはならないのでめんどくさい場合に行う。もちろん、途中で足を滑らせて落ち込みに沈むのがお約束。時と場合によってはしゃれにならないので、十分に気をつけましょう。
へなちょこ
「〜キャスト」「〜フライ」のように使う。キャストならフライは目の前に落ち、フライならスレッドがはみ出てハックルがほどけかけている。見るに見かねて教えてあげようとした瞬間、岸際の尺岩魚とか釣ってみたりしがちなので、油断してはいけない。
へっぽこ侍(へっぽこざむらい)
日和見主義の小心者に対して、吐き捨てるようにたたきつける台詞。「この、〜めが!」というように使う。例えば少し速い流れを渡っている最中に「ここ渡るのは、やばいよぉ」と腰が引けている同行者に対して使い、使いながら自分は流れに足を取られて流れていく。
へなへな
ライズを狙っているフライフィッシャーが「あぁっ!」っと叫んだ直後にへたり込むこと、その様。どこの川でも普通に見かける。
紅ジャケ(べにじゃけ)
・・釣りに、北海道行きたい。
ベネッキ(べねっき)
じょるじお・べねっきのこと。異国のマテリアルメーカー。CDCが質・大きさともに揃えて売っているので、とても使い勝手が良い。・・・が、同じ値段で袋詰のCDCが1gぐらい買える。タイイングの下手な人は一回ぐらい使ってみても良いと思うが、最近、輸入されていない。
屁のカッパ(へのかっぱ)
「多少の雨でも、水位が上がらなけりゃ〜」「水位が上がっても、濁りが入らなきゃ〜」「濁りが入っても、渡渉が出来れば〜」「ここまで遠征して来たんだから、何があっても〜」と活用していく。
へばる
夏場の釣行で、夜通し車を走らせて釣り場に入り、そのまま釣りをし、日中は昼寝の予定だったのに日陰のプールでライズにはまり、イブニングに突入して、真っ暗になった頃に力尽きて納竿とした後、とても家まで運転できない状態に陥っている様。
へばり付く(へばりつく)
岸際の大石を超えるのが面倒でへづっている途中のこと。足下はすぐ轟々と流れる落ち込みで、当然手がかりが無くなって動けなくなっている。
蛇(へび)
・・・怖い。初夏の釣りで、川をあがった直後なんかによく出会う。シマヘビやアオダイショウなら「怖い」ですむが、マムシやヤマカガシとなるといい具合に恐ろしいので、心してかかるべし!・・・って、別にかからなくてもいいんですけど。
ベビー(べびー)
千曲支流あたりでの、イワナ・ヤマメ・アマゴのアベレージサイズ。ほかにも「おやゆびー」「こゆびー」などがある。
へべれけ
みんなで泊まりがけの釣行に行って、夜になって、晩飯を食いながら飲み始めて、おかしくもない話題で異常に盛り上がり始めた頃の状態。次の日は寝坊して朝一の釣りが出来なくなった状態でもある。
ペヘレイ(ぺへれい)
移入魚。一応、食用だそうだが、現実問題として今の日本でわざわざ移入する必要があるのかは不明。生息地として、丹沢湖・朝霞ガーデンなどがあげられる。食べると結構おいしいらしいが、釣ってもそれほど面白くはない。
ヘボ(へぼ)
え?呼んだ?
ヘボちん(へぼちん)
友人と釣行して、調子の悪い日に、やっと見つけたライズを友人に譲り、後ろで観戦しているときに言うべきタイミングを図っている台詞。もちろん、期待しているのはすっぽ抜けか、あわせ切れ。
へま
よくやる。
ベム(べむ)
早く人間になりた〜い。
ヘモグロビン(へもぐろびん)
渓流の遡行中、いまいち働きの悪いもの。もちろん林道歩きでも、湖のボート漕ぎでも働きは悪く、すぐに息が上がる。
部屋(へや)
机の上にはバイスと各種マテリアル。本棚にはフライ関連の本。押入にはロッドとリールとウエーダー。壁には魚の写真が入ったカレンダー。
ヘラ鮒(へらぶな)
こっちはこっちで奥の深い(らしい)釣り。特徴として、螺鈿細工の道具箱や漆塗りの浮き、
ベリピタソール(べりぴたそーる)
「べりっ」と剥がれて、「ぴたっ」とつくソール。ウエーディングシューズのソールの一形態。ソールの張り替えはめんどくさいし、便利そうなので欲しいのだが、今のシューズはまだ現役なので、もう少ししてからにします。
ヘロン(へろん)
なんか、ヘロヘロの鳥の羽。マラブーと同じように湖系のフライで使用する。2000年ぐらいにちょっとはやりかけたが、最近、見ないなぁ。
ヘン(へん)
雌鳥のこと。「〜ハックル」がもっともよく使われる用例。雄鳥(コック)よりも柔らかいので、パートリッジの代わりに使ったりする。いろいろと種類があり、しかも安いのでついつい購入してしまうが、なかなか、うまい使い道はない。
HENKAN1