【は】

は?
え、なんで?そこは今、つい今しがた、私がフライを流したところなのに・・・?
歯(は)
便利なラインカッター、但し、調子に乗ってPEラインなどに挑戦すると、とっても痛い上に、欠けてしまって高くつく。
羽アリ(はあり)
我々にとって、かなり大事な虫。特に夏場の渓流では、しばしば絶大な効果を生んで「黒いフライ信奉者」を生む。実際は、アリに見えてるんだか、カディスに見えてるんだか、オドリバエに見えてるんだか、他のテレストリアルに見えているんだか、知ったことではない。
ハイスピード・ハイライン
キャスティングの一理論。ラインスピードを早く、ラインを保持する位置も頭の上の高い所に。ンでもって、ウインドノットは固めに作り、バックでフライが切れても気付かない。
ハイポ
水道水の塩素を抜くための錠剤。金魚なんかを飼うときに使う。「いつかは庭の池に岩魚が泳ぐような生活をしてみたい」我々が、とりあえずその第一歩として手に入れるもの。
ハウツーもの
「HowToもの」のこと。要は、「どうやって?」を語る本、ビデオ、その他モロモロ。「いかにして魚を釣るのか?」「いかにして美しいキャストをするのか?」「いかにして竹竿を作るのか?」「いかにして・・・」など、興味は尽きず、散財も尽きない。
ハウス・オブ・ハーディー
有名な英国のフライ用具メーカー。白地に青のマークがまた、英国っぽくて・・・。但し、間違ってもロッドやリールに手を出してはいけない。どんどんマニア化していって、英国に於けるフライフィッシングの発展史なんかに詳しくなってしまう。
ハエ
ただのハエだと、今一つ反応しないフライフィッシャーも、「オドリバエ」と言うと「ん、なになに?」といって寄ってくるので、覚えておくと檻から逃げ出したフライフィッシャーを捕まえるときに役立つと思う。
馬鹿(ばか)
・・・ま、説明するまでもないでしょう。鏡を見てみてください、そこにいます。
覇気(はき)
冬場のフライフィッシャーに足りないもの。
爆釣(ばくちょう)
「X月O日、東山湖で爆釣!」等というように使う。最初に誰が創り出した言葉かは知らないが、上州屋系の広告でよく見かける気がする。なお、「爆釣」は釣果が1匹〜のことを言う。
化けの皮(ばけのかわ)
あれ?いや、いつもはちゃんとフルライン出るんだよ。今日はちょっと風向きが・・・あ、そうだ。ラインドレッシングも塗ってないし、それに、ロッドのアクションがいつものとは・・・
箱(はこ)
「ん、これはフライボックスにいいかもしれない」「お、これは、マテリアルを入れておくのに・・・」「むむっ、これこそ、リールを入れておくためにあるような・・・」と、色々な場所で、箱を買ったり、もらったり、拾ったりするのがフライフィッシャー。 葉桜(はざくら) フライにとてもいい時期の桜の状態。この時期の岩魚釣りが一番らくちんで、気持ちよくて、たまらない。但し、#32のミッジで釣りをする時期も、#6のストリーマーを引っ張る時期も、たまらないのは一緒。
バーサテール
シンセティックマテリアルのテール材。細いし、真っ直ぐなので結構便利だが、細すぎるがゆえに付ける量が少なかったりすると表面張力を破りやすかったり、ちょっと使いづらいとこもある。
ハサミ
・・・などとフライフィッシャーは呼ばない。「シザース」である。ただし、大抵の場合には「ース」か「ーズ」か解らなくて、発音するときには適当に語尾を濁す。切れ味の良いハサミ・・・じゃなくってシザースは、タイイング用として魅力的である。その辺、釣り道具屋で医療用のハサミが売っていたりする所以である。
走られる(はしられる)
例えばニジマスの大物をかけたりしたときに、とっちらかってしまって追い込まれる状況。本物のニジマスに走られると、大口径のディスクドラグリールでも止められない。ちなみに、鯉も止められない。
バス
ブラックバスのこと。渓流派の人には普段あまり関わりのないものであったりするが、湖もやる人には時に「救世主・黒鱒様」、時に「外道・バス」になる。
馬素(ばす)
漢字にはあんまり自信がない・・・。テンカラ用のテーパーライン。最近はフライラインなんだか、リーダーなんだか、良く解らないが、お値段の方がそれなりにお高いので、そこで気がつく。
ハゼ
フライで狙う話は聞いたことがない。
(はたはた) これまたフライでねらえるような魚ではない。
ハチ
黄色系のフライはヤマメによく効いたりする。一時期、黄色のヤーン材だけで巻いたフライとか使っていたこともある。んでも、すぐ飽きた。やっぱりフライは魚より前に人間が釣れないと・・・ねぇ。
葉っぱ(はっぱ)
良く釣れる。
初物(はつもの)
初鰹に代表される日本人の好物。21世紀初の魚。21世紀初の岩魚。21世紀初のドライでの釣果・・・21世紀初のXX水系のOOポイントで#14のフライでフッキングした△△にライズしていた魚。と際限なく続いていく。
果てしない(はてしない)
フライフィッシング道のこと。
派手(はで)
あまりのスレ具合にいい加減イヤになったときに登場するフライのこと。友人に見られると「まぁ、お下品」と言われてしまう。
花(はな)
釣り人の目には入らない。花より、魚。
埴輪(はにわ)
やっとフッキングしたあの魚を・・・今回の遠征で初めてかけたあの魚を・・・完全に尺は越えていたあの魚を・・・ばらしてしまった釣り人。
羽(はね)
フライフィッシャーを魅了する不思議なアイテム。普通の人が見ると何の価値もないものが、ホワイティングの袋に入って「プラチナグレード」と刻印されると、諭吉さん2人分ぐらいで取り引きされる。
幅(はば)
対岸に渡るために1歩目を踏み込むときには何とかなりそうで、流れの途中でとうとう動けなくなったときには果てしなく大きいもの。
ハミ跡(はみあと)
鮎が、石についたコケをガジガジとかじった跡。そのような場所では、鮎釣り師が100万人ぐらい釣りをしているので、近づかない方が無難。
バム
通常の用例は「トラウトバム」。要は、鱒釣りにとち狂ってしまった人々の総称である。
ハヤ
川で釣れる魚。電光石火の合わせを必要とする凄い魚。たまに合わせが成功すると、後ろにすっ飛んでいくので、その時点でやっとハヤのライズを狙っていた自分に気付く。
早戸川(はやとがわ)
通称「リバスポ」渓流タイプの爆釣系管理釣り場。その釣れっぷりと言ったらものすごいが、混雑等々のあまり面白くない目にあって、だんだんと遠ざかりがち。でも、時々たまらなく行きたくなる。
腹いっぱい(はらいっぱい)
・・・に、何かを食っている魚のストマックを取るのには勇気が要る。どうしよう、でっかい芋虫とか出てきたら・・・
針(はり)
かっこよく(?)言うと「フック」。これまた普通の人には理解できない理由で、凄い数のバリエーションが存在する。本当は2,3種類有ればいいのだろうが、そうしてしまうと、釣具屋さんは売り物が少なくなって困るし、釣り人は言い訳のネタが少なくなって困る。
ハール
ほら、あの、ピーコックなんかの、一番安そうな部分。値段は安いが、うまくフライに使った場合の効果は凄い。
晴れ(はれ)
私が釣りに行くときにはならない気象状態。もしくは、釣り場に着くまでと、帰り支度を初めてからの天気。
ばれる
せっかくフッキングした魚を、ちょっと早めにリリースする行為。もちろん、魚のダメージを最小限に押さえるためにやっているのであって、ばれた後に「うぁぁぁ・・・」とへたり込むのも、うまくリリースできたことを喜んでいるのである。
波浪注意報(はろうちゅういほう)
そのていどじゃ、釣り人の釣行を中止にさせることは出来ない。
波浪警報(はろうけいほう)
・・・まだ、もしかしたら、向こうは晴れてて釣りが出来るかもしれない。
ハングリー精神(はんぐりーせいしん)
「1匹釣るまでは、飯は食わない」「・・・タバコも吸わない」「便所も行かない!」・・・そうして集中力を失って、ボウズを食らう。
反抗的態度(反抗的態度)
「あのやろう、俺のフライをじっくり見てから反転しやがった!!!」
HENKAN1